メインメニューを開く

北原 みのり(きたはら みのり、1970年(昭和45年)11月24日 - )は、日本著作家活動家運動家アダルトグッズショップ『ラブピースクラブ』代表[1]ポルノ・買春問題研究会外郭団体ポルノ被害と性暴力を考える会理事[2]

きたはら みのり
北原 みのり
生誕 (1970-11-24) 1970年11月24日(48歳)
日本の旗 日本神奈川県横浜市
出身校 津田塾大学卒業
日本女子大学大学院中退
職業 文筆家、活動家
アダルトグッズショップ経営者
団体 ポルノ被害と性暴力を考える会

目次

経歴編集

主張編集

ジェンダー関連編集

日韓関係についての発言編集

従軍慰安婦問題編集

慰安婦問題については、慰安婦の証言内容を疑う意見について「性暴力で告発されるなど(男として)恥ずかしい。早く忘れろ、声出すな、俺の名誉を守れ、という意識なのだろう」と日本の男性特有のものとしていたが、女性からも慰安婦問題の運動について疑問が呈されると「日本人はエロを人前で語るのを恥ずかしいと思っているので、そういう感覚のない中国と韓国に慰安婦問題をプロパガンダとして突きつけられ恥ずかしくて困っている」と述べ、慰安婦問題が永遠に解決できない人権問題であることを日本人が理解できないのは、この羞恥心に起因しているとしている。[12][13]

また、「将校と恋愛したり、お金を貯めたりと、逞しく生き抜いた慰安婦もいた」という慰安婦に対する多角的な観点は否定しており、「韓国の『支援団体』は被害だけを強調し、『慰安婦』を政治利用するナショナリストだ」といった批判についても、日本のフェミニズムがダメだから、このような発言を許してしまうと嘆いている。[14]

また、北原は女優の秋田遥香が2018年に『白い花を隠す』と称する従軍慰安婦関連の演劇を行った際に、北原は中近東フリージャーナリスト土井敏邦とともにアフター・トークを行った[15]

作家として編集

インタビュアーとしては雑誌 『AERA』(朝日新聞社)への寄稿もある。また、『週刊金曜日』の書評委員も務める。週刊朝日・週刊金曜日で連載。朴順梨との共著『奥さまは愛国』は小林よしのりから大絶賛を受けている[16]

著書編集

単著編集

  • 『はちみつバイブレーション』 河出書房新社、1998年11月。ISBN 4-309-01249-3
  • 『男はときどきいればいい 愛とセックスのレシピ』〈祥伝社文庫〉、1999年。ISBN 4-396-31122-2
  • 『フェミの嫌われ方』 新水社、2000年。ISBN 4-88385-015-3
  • 『オンナ泣き』 晶文社、2001年。ISBN 4-7949-6483-8
  • 『ブスの開き直り』 新水社、2004年。ISBN 4-88385-067-6
  • アンアンのセックスできれいになれた?』 朝日新聞出版、2011年。ISBN 978-4-02-250807-2
  • 『毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記』 朝日新聞出版、2012年。ISBN 978-4-02-331081-0 のち講談社文庫
  • さよなら、韓流河出書房新社、2013年。ISBN 978-4-309-02160-7
  • 『メロスのようには走らない。女の友情論』ベストセラーズ 2014年

共著編集

  • 『毒婦たち 東電OLと木嶋佳苗のあいだ』上野千鶴子,信田さよ子共著 河出書房新社 2013年
  • 『奥さまは愛国』朴順梨共著 河出書房新社 2014年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 北原みのり「メロスのようには走らない。女の友情論」 ベストセラーズ 2014年 ISBN 4584135398
  2. ^ メルマガ54号 AV出演拒否の女性に多額の損害賠償を求めたプロダクション側の弁護士に対する懲戒請求の経過について | :ポルノ被害と性暴力を考える会
  3. ^ a b c d 北原みのりプロフィール インターネットラジオ 『婆星(ばばぼし)』 公式ウェブサイト、2010年7月24日閲覧
  4. ^ a b 北原みのり「効くのは『差別』より『コスト』」、AERA、2018年4月4日。
  5. ^ 『ろくでなし子容疑者また逮捕 女性器の3Dデータ配布容疑』 2014年12月3日 産経新聞
  6. ^ 『漫画家「ろくでなし子」逮捕=ショップで女性器作品展示容疑―警視庁』 2014年12月3日 時事通信
  7. ^ 北原みのりさん釈放 「ろくでなし子」とともに逮捕 2014-12-07 SANSPO.COM(サンスポ)
  8. ^ a b “北原みのり氏を釈放 わいせつ物陳列の疑いで逮捕”. 朝日新聞. (2014年12月8日). http://www.asahi.com/articles/ASGD83HB2GD8UTIL00B.html 2014年12月8日閲覧。 
  9. ^ a b ろくでなし子容疑者を起訴 北原みのりさんは罰金2014-12-25 共同通信
  10. ^ 記憶と生きる、土井敏邦監督
  11. ^ 記憶と生きる
  12. ^ 週刊朝日 2018/03/13 北原みのり「『慰安婦』問題は人権問題」
  13. ^ 週刊朝日 2018/02/13 北原みのり「“愛国奥様”が国会議員」[1]
  14. ^ 週刊朝日 2018/01/18北原みのり「『日韓合意』と『慰安婦』」
  15. ^ 秋田遥香『白い花を隠す』
  16. ^ よしりんの『あのな、教えたろか。』2014/03/06 「奥さまは愛国」面白い!

外部リンク編集