メインメニューを開く

北原 光騎(きたはら こうき、1964年3月9日 - )は、福岡県福岡市出身の男性プロレスラー。本名および旧リングネームは北原 辰巳(きたはら たつみ)。身長182cm、体重95kg。血液型AB型。

北原 光騎
プロフィール
リングネーム 北原 光騎
北原 辰巳
本名 北原 辰巳
身長 182cm
体重 95kg
誕生日 (1964-03-09) 1964年3月9日(55歳)
出身地 福岡県福岡市
スポーツ歴 空手
シューティング
トレーナー 佐山聡
天龍源一郎
デビュー 1988年4月8日
引退 2018年6月11日
テンプレートを表示

来歴編集

高校時代はサッカーと空手に熱中、喧嘩三昧の日々を過ごす。卒業後、就職するもわずか9か月で退職する。その後、営業職やドライバーなどを経験した後、20歳の時に上京、佐山聡に師事し、スーパータイガージムのインストラクターを務めた。

1987年6月、23歳で全日本プロレスに入団(当初はジャパンプロレス所属選手)。1988年4月8日百田光雄戦でデビューを飾る。その後ダイナマイト・キッドに誘われてカナダカルガリーへ海外修行に出発、佐々木健介とのサムライウォーリアーズで活躍。1990年、全日本プロレスを退団。

その後、SWSWAR天龍源一郎と共に渡り歩き、天龍の右腕的存在として活躍する。1997年、33歳で自ら総合格闘技道場「キャプチャー・インターナショナル」を旗揚げ。旗揚げ時は、石井智宏(現・新日本プロレス)、ニーハオ(CAPTURE)が後進の指導にあたった。40歳でNPO法人日本ブルー・ブレイザーを設立し、理事長に就任。2004年4月より川崎市麻生区を拠点に、自らの門下生たちとともに防犯パトロールを行っている。

現在は定期的に地下室マッチ「DUNGEON FIGHT(ダンジョンファイト)」を開催している。地下室マッチでは元横綱の北尾光覇現役引退試合の対戦相手を務めた。

2018年6月11日、全日本プロレスの同期である小橋建太プロデュースのFortune Dream5で、スーパータイガージム出身メンバー(丸藤正道スーパータイガー長井満也)と後楽園ホールにて引退試合を行った[1]

脚注編集

外部リンク編集