北原文枝

北原文枝(きたはら ふみえ、本名・、1920年5月28日 - 1980年10月6日[1])は、日本の女優声優である。本名、阿部 房枝[2]。夫は俳優安部徹[1]

きたはら ふみえ
北原 文枝
北原 文枝
1952年
本名 阿部 房枝
あべ ふさえ
生年月日 (1920-05-28) 1920年5月28日
没年月日 (1980-10-06) 1980年10月6日(60歳没)
出生地 日本の旗 日本東京都
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
職業 女優声優
活動期間 1950年代 - 1980年
配偶者 安部徹
主な作品
赤毛のアン』マリラ役
奥さまは魔女』エンドラ役(初代)

東京都出身。日本大学芸術学部卒業[1]

目次

来歴・人物編集

俳優座を経て、1945年に独立。1953年田中絹代監督『恋文』に端役で初出演した。劇団青俳を経てテレビに進出、テレビアニメ「赤毛のアン」のマリラ役のほか、「奥さまは魔女」のエンドラ役などの吹き替えも担当した。

1980年10月5日12時15分頃、自宅マンション前で、ナラの木の枝を折ろうとして誤って転落、救急車で千代田区神田駿河台駿河台日本大学病院に運ばれたが、10月6日14時33分に骨盤骨折・腹部内出血のため急死した[1]。享年60。

後任・代役編集

北原の没後、後任・代役を勤めた人物は以下の通り。

林洋子『奥さまは魔女』エンドラ(二代目)
津田延代『奥さんは魔女』エンドラ(三代目)
谷育子『奥さまは魔女』エンドラ※DVD追加部分のみ

出演作品(声優)編集

テレビアニメ編集

劇場版アニメ編集

海外ドラマ編集

洋画吹き替え編集

その他編集

  • 子連れ狼
  • ラジオドラマ「山刀霧払い」
  • ラジオドラマ「鬼火の池」
  • ラジオドラマ「赤い花束」
  • ラジオドラマ「オヤカマ氏とオイソガ氏」
  • ラジオドラマ「ウッカリ夫人とチャッカリ夫人」
  • ロッテ「マザービスケット」(1980年CM エンドラの声)

出演作品(俳優)編集

テレビドラマ編集

映画編集

  • 乳房よ永遠なれ(1957年)
  • 倖せは俺等のねがい(1957年)
  • 赤い殺意(1964年)
  • 怪談(1965年)

舞台編集

  • からす

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e 『毎日新聞』1980年10月7日付朝刊、23面。
  2. ^ コトバンク