メインメニューを開く

北原 武夫(きたはら たけお、1907年2月28日 - 1973年9月29日)は神奈川県出身の小説家

神奈川県小田原市の医家に生まれる。神奈川県立小田原中学校(現:神奈川県立小田原高等学校)を経て、家業を継ぐべく新潟高等学校 (旧制)理科に入学するが父に反抗して中退し、慶應義塾大学予科に入学。慶應義塾大学文学部仏文科に進むが国文科に転じ、1932年に卒業。在学中に、井上友一郎田村泰次郎らの同人誌『桜』に参加。

都新聞社に入社。横浜支局に勤務。1934年、都新聞社本社に転勤。この間、1933年宇野千代と知り合う。1936年、宇野千代と共に日本最初のファッション雑誌『スタイル』を創刊。1938年、『妻』を発表して芥川賞候補となり文壇にデビュー。1939年吉屋信子および藤田嗣治の媒酌により宇野千代と結婚1964年離婚。翌年の1965年、女優の公卿敬子と再婚[1]。1973年9月29日、糖尿病による腎不全のため慶應義塾大学病院で死去。戒名は光芸院武誉碩文居士[2]

通俗的な心理小説で人気を博した。門人に佐藤愛子川上宗薫がいる。

著書編集

  • 『妻』春陽堂 1939
  • 『粧へる街』三和書房 1939
  • 『文学と倫理』中央公論社 1940
  • 『門』甲鳥書林 1941
  • 『桜ホテル』スタイル社出版部 1941 のち新潮文庫
  • 『創造する意志』中央公論社 1942
  • 『ジヤワ従軍記 雨期来る』文体社 1943
  • 『文学の宿命』実業之日本社 1947
  • 『聖家族』中央公論社 1948
  • 『青春の季節』文体社 1948
  • 『炎断ち難し』酣灯社 1948
  • 『天使』スタイル社出版部 1949
  • 『燃える思春期』鱒書房(コバルト新書) 1956
  • 『魔に憑かれて』宝文館 1957
  • 『愛は抵抗する』東方社 1957
  • 『告白的女性論』講談社 1958 のち旺文社文庫
  • 『午後7時の慾望』清和書院 1958
  • 『文学と映画と女性と』光書房 1959
  • 『火の祈り』講談社 1959
  • 『体当り女性論』正続 中央公論社 1959-1960
  • 『マリヤ』講談社 1959
  • 『おんな十二カ月』講談社 1961
  • 『告白的男性論 男の裏側を語る』講談社 1961 のち旺文社文庫、レグルス文庫
  • 『真昼の天使』講談社 1961
  • 『誘惑者の手記』講談社 1963
  • 『愛の檻』河出書房新社 1964
  • 『薔薇色の門』講談社(ロマン・ブックス)1964
  • 『わが悪女物語』サンケイ新聞出版局 1964
  • 『処女無価値論』桃源社(ポピュラー・ブックス) 1965
  • 『魔唇』日本文華社(文華新書)1965
  • 『危険な日記』講談社 1965
  • 『残酷な男』実業之日本社(ホリデー新書) 1966
  • 『愛のもだえ』日本文華社(文華新書) 1966
  • 『北原武夫現代シリーズ』全5 講談社 1966
  • 『体験的女性論 誘惑的な女の愛と性の秘奥』日本文華社(文華新書) 1967
  • 『ミモザ夫人』講談社 1967
  • 『魔女の誘惑 わが告白的女性遍歴』日本文華社(文華新書) 1967
  • 『恍惚への誘い』青春出版社(プレイブックス) 1967
  • 『女・色見本帖』講談社 1967
  • 『プレイ・ボーイ日記』講談社 1967
  • 『砂に濡れた女』講談社(ロマン・ブックス) 1967
  • 『悪女』講談社(ロマン・ブックス) 1967
  • 『禁断の肌』光文社(カッパ・ノベルス) 1967
  • 『情熱の階段』日本文華社(文華新書) 1968
  • 『色事師』講談社 1968
  • 『カンバスの中の女』講談社(ロマン・ブックス) 1968
  • 『女ごころ』講談社(ロマン・ブックス) 1968
  • 『幻の美女』講談社 1968
  • 『悦楽の禁書 わが秘密を告白する』ベストセラーズ 1968
  • 『悪女たちの饗宴 女の誘惑シリーズ』光文社(カッパ・ノベルス) 1969
  • 『魔女日記』講談社 1969
  • 『憂愁夫人』講談社 1969
  • 『紫陽花の女』講談社 1969
  • 『向日葵の女』講談社 1969
  • 『花川戸助六』講談社 1970
  • 『紋之丞色ざんげ ある歌舞伎役者の性的遍歴』講談社 1970
  • 『ドンファン日誌』講談社 1970
  • 『霧雨』講談社 1971
  • 『黒水仙の夫人』講談社 1971
  • 『パリは今日も雨降る』講談社 1972
  • 『文学論集』正続 冬樹社 1972-1973
  • 『情人』講談社 1972 のち文芸文庫
  • 『美しい獣』講談社(ロマン・ブックス) 1973
  • 『ティヴォリの情炎』講談社(ロマン・ブックス) 1973
  • 北原武夫文学全集』全5巻 講談社 1974-1975

脚注編集

  1. ^ 宇野千代の人生と文学 北原との別れ”. NPO宇野千代生家. 2018年7月28日閲覧。
  2. ^ 岩井寛『作家の臨終・墓碑事典』(東京堂出版、1997年)117頁