メインメニューを開く

北国の少女」(原題: Girl from the North Country)は、ボブ・ディランが1963年に発表した楽曲。ディランの初期の代表作の一つ。

北国の少女
ボブ・ディラン楽曲
収録アルバム フリーホイーリン・ボブ・ディラン
リリース 1963年5月27日
録音 ニューヨーク、コロムビア・レコーディング・スタジオ(1963年4月24日)
ジャンル フォーク
時間 3分22秒
レーベル コロムビア・レコード
作詞者 ボブ・ディラン
作曲者 ボブ・ディラン
プロデュース トム・ウィルソン[1][2]

フリーホイーリン・ボブ・ディラン 収録曲
Side 1
  1. 風に吹かれて
  2. 北国の少女
  3. 戦争の親玉
  4. ダウン・ザ・ハイウェイ
  5. ボブ・ディランのブルース
  6. はげしい雨が降る
  7. くよくよするなよ
Side 2
  1. ボブ・ディランの夢
  2. オックスフォード・タウン
  3. 第3次世界大戦を語るブルース
  4. コリーナ、コリーナ
  5. ワン・モア・チャンス
  6. アイ・シャル・ビー・フリー
ミュージックビデオ
「Girl from the North Country」 - YouTube

概要編集

1963年4月24日ニューヨークのコロムビア・レコーディング・スタジオで録音された。この日のセッションからディランのプロデューサーはジョン・ハモンドからトム・ウィルソンに変わった[1][2]1963年5月27日発売の2作目のアルバム『フリーホイーリン・ボブ・ディラン』に収録。

1962年12月にイギリスに渡ったのちに本作品は書かれた。ディランはマーティン・カーシーを始めとする様々なフォークシンガーとの交流を通じて、イギリスの伝統的なバラードを知ることとなる。「マーティン・カーシーはとりわけすばらしかったよ。僕はマーティンから非常に多くのものを学んだ」と彼は1984年のインタビューで答えている。本作品はメロディの面から言っても歌詞の面から言っても、カーシー自身がアレンジした「スカボロー・フェア」の影響が色濃い[3]

"北国出身の少女" のモデルについては色々の推測がなされているが、『フリーホイーリン・ボブ・ディラン』のジャケットを飾ったスーズ・ロトロもその中に含まれている[3]

ディランによる別バージョン編集

カバー・バージョン編集

脚注編集

  1. ^ a b Heylin, Clinton (1996). Bob Dylan: A Life In Stolen Moments: Day by Day 1941–1995. Schirmer Books. p. 43. ISBN 0-7119-5669-3. 
  2. ^ a b OUTTAKES: THE IMPORTANT TOM WILSON
  3. ^ a b Girl From The North Country by Bob Dylan Songfacts
  4. ^ Still On The Road - Witmark Studio New York City, New York May 1963