メインメニューを開く
主要カテゴリ > 技術社会歴史 > 交通 > テーマ史技術史交通史 > 各国の交通史 > 日本の交通史 > 街道 > 北国西街道

北国西街道(ほっこくにしかいどう)は信濃国に存在した脇往還で、中山道北国街道を連絡し、松本藩松代藩善光寺へ向かう道のひとつとして整備された。正しくは北国西脇往還という。現在、国土交通省では北国西往還とされている[1]。 善光寺街道、善光寺西街道などの別名を持つ。

洗馬で中山道と分かれた後、松本城下を経て山間地に入り、街道最大の難所である猿ヶ馬場峠を超えて善光寺平の南端(稲荷山宿桑原宿)に至り、丹波島で北国街道に合流するのが北国西街道の正式なルートであるが、実際に西国から善光寺に参詣する際には、十返舎一九の『続膝栗毛』に見られるように、中山道塩尻宿から千国街道沿いに安曇野を経て、大町宿から西山地域を超えて善光寺平の西端に至る経路も頻繁に利用された。

宿駅編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 信州の街道探訪”. 北国西往還. 国土交通省関東地方整備局 長野国道事務所より

参考文献編集

外部リンク編集

  • 信州の街道探訪”. 北国西往還トップ. 国土交通省関東地方整備局 長野国道事務所. 2016年11月8日閲覧。