北土城駅(ほくどじょうえき)は中華人民共和国北京市朝陽区に位置する、北京地下鉄8号線10号線が乗り入れ、接続駅となっている。

北土城駅
Beitucheng Station D1.jpg
出口D1
ほくどじょう
Beitucheng
所在地 中華人民共和国の旗北京市朝陽区北辰路中国語版北土城西路北土城東路中国語版交叉口
所属事業者 北京市地鉄運営有限公司
駅構造 地下駅
ホーム 各1面2線(計2面4線)
開業年月日 2008年7月19日
乗入路線 2 路線
所属路線 8号線
キロ程 20.642km(朱辛荘起点)
奥体中心 (0.900km)
(1.018km) 安華橋
所属路線 10号線
キロ程 8.597km(巴溝起点)
健徳門 (1.100km)
(1.020km) 安貞門
テンプレートを表示
北土城駅
各種表記
繁体字 北土城站
簡体字 北土城站
拼音 Bĕitŭchéng Zhàn
発音: ペイトゥーチェン チャン
英文 Beitucheng Station
テンプレートを表示

歴史編集

計画時の仮称は「熊猫環島中国語版駅」(中国語熊猫环岛站)であったが、2008年2月に「北土城駅」に確定した[1]

  • 2008年7月19日 - 8号線、10号線同時開業[2]&当駅で両線の開通式。ただし8号線は北京オリンピックのテロ対策のため、選手・関係者・観客のみしか使用できなかった。
  • 2008年9月20日 - オリンピック終了に伴い、8号線一般開放。

駅構造編集

地下駅北土城東路中国語版北土城西路(東西方向)と北辰路中国語版(南北方向)が交わる交差点の真下に位置する。10号線は東西方向、8号線は南北方向に配置されており、地下駅舎を真上から見ると“T”字の形をしている。

コンコースは地下1階にあり、8号線・10号線でコンコース・改札口を共有する構造となっている。

8号線のプラットホームは地下3階にあり、島式ホーム1面2線を有する。開業当初からホームドア設置。『青花磁器』をモチーフとしたデザインとなっている[3]

10号線のプラットホームは地下2階にあり、島式ホーム1面2線を有する。開業当初からホームドア設置。『都市の風格』をモチーフにしたデザインとなっている[要出典]

のりば編集

両路線ともに案内上ののりば番号は設定されていない。

8号線ホーム (B3F)
北方向   奥林匹克公園霍営朱辛荘方面
南方向 鼓楼大街南鑼鼓巷中国美術館方面
10号線ホーム (B2F)
内回り   安貞門三元橋国貿方面
外回り 健徳門海淀黄荘巴溝方面

駅周辺編集

隣の駅編集

北京地下鉄
  8号線
奥体中心駅 - 北土城駅 - 安華橋駅
  10号線
健徳門駅 - 北土城駅 - 安貞門駅

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集

外部リンク編集