メインメニューを開く

北山村(きたやまむら)は、かつて岐阜県山県郡にあったである。

北山村
廃止日 1955年4月1日
廃止理由 新規合併
現在の自治体 山県市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方東海地方
都道府県 岐阜県
山県郡
面積 59.80km2.
総人口 2,292
(1955年)
北山村役場
所在地 岐阜県山県郡北山村神崎114-1
 表示 ウィキプロジェクト
旧北山小学校
山県市美山町神崎

村名は、この地域の通称、北山に由来する。

合併で美山村(1964年に町制施行し美山町)となった後、現在は山県市の北部に該当する。武儀川支流の神崎川、円原川流域の村であった。

周囲が1000m級の山に囲まれた谷あいの地域で、県内でも有数の豪雪地帯である。その影響もあり、集落再編成事業で昭和40年代から集団離村が始まり、万所、三尾、白岩の集落が無くなっている。残った集落も過疎化が進行し、現在は消滅した集落もある。

目次

歴史編集

教育編集

北山村の小中学校は、全て美山町立になった後、廃校となっている。

脚注編集

  1. ^ ただし、北山中学校仲越分校の存続のため、1964年より休校扱いとなっているが、実質は廃校である。

関連項目編集