北山監守(ほくざんかんしゅ)は、尚巴志が琉球を統一後、旧北山国(現今帰仁村を中心とした沖縄本島北部)の監視及び統治を目的として設けた琉球王国の官職である。

王族から任命されることが多く今帰仁城を拠点としていた。

尚忠を監守として送ったのが最初(『中山世譜』『球陽』、碑文『山北今帰仁城監守来歴碑記』)。薩摩軍琉球侵攻(琉球征伐)の際は、北山監守の今帰仁朝容(向克祉)が死亡したとされる。今帰仁朝幸(向従憲)が就任したのを最後にその後、1665年に廃止された。

江戸時代の大坂城代と性格が似ている。

北山監守一覧編集

詳細な監守一覧については「北山世主」を参照。

主な北山監守編集

参考文献編集

関連項目編集