メインメニューを開く

北岡崎駅

日本の愛知県岡崎市にある愛知環状鉄道の駅

北岡崎駅(きたおかざきえき)は、愛知県岡崎市葵町にある愛知環状鉄道線である。駅番号04

北岡崎駅
Aikan-04-Kita-okazaki-station-entrance-east-side-20150504-125644.jpg
きたおかざき
Kita-okazaki
03 中岡崎 (1.9km)
(1.2km) 大門 05
所在地 愛知県岡崎市葵町19-1
駅番号 04
所属事業者 愛知環状鉄道*
所属路線 愛知環状鉄道線
キロ程 5.3km(岡崎起点)
電報略号 キオ
駅構造 高架駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,795人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1971年昭和46年)10月1日**
* 1988年 JR東海より移管。
** 旅客営業は1976年開始。
テンプレートを表示

目次

歴史編集

1999年頃まで専用線発着の車扱貨物を取り扱っていたため貨物列車の発着があった。その後臨時車扱貨物のみの取り扱いとなり、貨物列車の発着は無くなっていたが、2010年4月1日の日本貨物鉄道岡崎 - 北岡崎間第二種鉄道事業廃止により、日本貨物鉄道の北岡崎駅は廃止され、名実ともに貨物の取り扱いが終了した。 なお、当駅を発着していた貨車は、駅北側へ分岐し築堤を下って西へカーブし、ユニチカ岡崎工場へ続く専用線発着のもののみであった。

専用線は当駅の開業時から存在し、駅が開業する前は名鉄挙母線大樹寺駅から分岐していた。晩年まで黒崎駅発送のテレフタル酸1995年頃までエチレングリコール(どちらもポリエステルの原料)輸送に使用されていた。

駅構造編集

相対式ホーム2面2線を有する高架駅である。券売機自動改札機を有した有人駅であるが、早朝(7時00分以前)及び深夜(8時35分以後)は無人となり、専用の出入口を使用する。自動改札機は通常の出入口にのみ設置されている。

利用状況編集

岡崎市統計ポータルサイトによると、当駅の一日平均乗車人員は以下の通り推移している。なお、2005年愛知万博の開催年である。

年度 一日平均
乗車人員
2004年 1,006
2005年 1,187
2006年 1,071
2007年 1,243
2008年 1,370
2009年 1,278
2010年 1,309
2011年 1,656
2012年 1,693
2013年 1,747
2014年 1,676
2015年 1,738
2016年 1,748
2017年 1,795

駅周辺編集

駅周辺は商業施設が多数立地する。また、住宅地も広がり、近年はマンション開発も進む。

路線バス編集

名鉄バス

隣の駅編集

愛知環状鉄道
中岡崎駅(03) - 北岡崎駅(04) - 大門駅(05)

脚注編集

  1. ^ 「TOICA」乗車券のサービス開始日について”. 愛知環状鉄道. 2018年12月12日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集