北島 信一(きたじま しんいち、1946年昭和21年)9月17日 - )は、日本外交官。在ジュネーブ国際機関日本政府代表部特命全権大使などを経て、2015年(平成27年)5月27日から2020年 (令和2年) 5月26日まで国家公安委員

経歴編集

慶應義塾大学経済学部を卒業後、1971年(昭和46年)に外務省に入省[1][2]外務省大臣官房長在職中、瀋陽総領事館北朝鮮人亡命者駆け込み事件で、川口順子外務大臣より訓戒処分を受けた[3]経済局長、経済協力開発機構日本政府代表部特命全権大使(OECD代表部大使)、在ジュネーブ国際機関日本政府代表部特命全権大使などを経て、退官。

退官後は三井住友海上火災保険顧問を務めていたが、2015年(平成27年)5月27日に国家公安委員に任命された[4]。任期は2020年(令和2年)5月26日まで[5]

2003年イラク戦争時にレバノン駐箚特命全権大使だった天木直人は、開戦前後に戦争に反対する2通の公電を川口順子外務大臣宛に送った(全在外公館にも転送)際、官房長だった北島から「外務省を辞めるつもりか」と詰問され、「レバノン大使を最後に退職してもらう」との通告を受けたと著書やブログに記している[6][7]

2020年、瑞宝重光章受章[8]

同期編集

脚注編集

外部リンク編集

先代:
田中均
外務省経済局長
2001年-2002年
次代:
佐々江賢一郎