メインメニューを開く

北川智規 (野球)

日本の野球選手

北川 智規(きたがわ とものり、1978年1月9日 - )は、埼玉県狭山市出身の元プロ野球選手投手)。現在はオリックス本社の社員。

北川 智規
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 埼玉県狭山市
生年月日 (1978-01-09) 1978年1月9日(40歳)
身長
体重
181 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2000年 ドラフト7位
初出場 2001年8月26日
最終出場 2004年9月23日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入り前編集

県内屈指の進学校である埼玉県立川越高等学校ではエースを務めたが、2年の夏の甲子園埼玉県大会では4回戦で土肥義弘のいる春日部共栄に敗れた。

卒業後は高校の先輩でもある杉本友の助言もあり、一年浪人して横浜国立大学教育学部に進んだ。神奈川大学野球リーグでの通算成績は70試合登板、36勝22敗、防御率1.21、553奪三振。36勝、553奪三振はリーグ記録。7回コールドの参考記録1度を含む3度のノーヒットノーランを達成した。ベストプレイヤー賞を4度、ベストナインを2度受賞した。2年次の1999年には第27回日米大学野球選手権の日本代表となる。横浜ベイスターズのキャンプにも参加したことがあり、さらにシドニーオリンピック野球日本代表候補にも入るが肩を痛め、最終的には落選した。

2000年のドラフト7位でオリックス・ブルーウェーブに入団。契約金0円で入団した選手の中で、初の出来高2000万円払い獲得選手となり、話題となる。

プロ入り後編集

1年目から一軍入り。初登板2001年8月26日西武戦(神戸)の7回、リリーフとして登板した。最初の対戦打者であった清水雅治から三振を奪い、いきなり初奪三振を記録した。

2001年9月26日には、マジックを1としてリーグ優勝目前であった近鉄戦に先発した。北川も好投を見せ、勝ち投手の権利を得て降板したが抑えの大久保勝信北川博敏に代打逆転サヨナラ満塁ホームランを打たれ、北川のプロ初勝利はならなかった。

好投しても援護に恵まれない試合が続いたが2年後の2003年9月27日、対ダイエー戦でプロ初勝利を挙げている。

しかし2004年オフにオリックスから戦力外通告を受け、引退した。

引退後編集

引退後は親会社のオリックス株式会社に球団初で入社し、2005年11月に宅建試験に合格した。

プレースタイル・人物編集

サイドスローから繰り出すキレのある速球と、角度は小さいが鋭いカーブが武器だった。[要出典]

教育学部出身であるため、教員免許を所持している。

選手名鑑に記載された北川の好きな女性のタイプには、横浜国立大学の後輩でもあるタレントの眞鍋かをりの名前を挙げている。ちなみに同じ教育学部(眞鍋は学部改編後の教育人間科学部。)である。

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2001 オリックス 7 3 0 0 0 0 1 0 -- .000 81 19.2 19 3 6 0 0 9 0 0 9 8 3.66 1.27
2002 4 4 0 0 0 0 3 0 -- .000 95 21.1 20 2 10 1 2 14 0 0 10 10 4.22 1.41
2003 10 1 0 0 0 1 1 0 -- .500 60 13.1 15 4 7 0 0 7 0 0 11 11 7.43 1.65
2004 4 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 21 4.0 6 1 4 0 0 1 0 0 7 7 15.75 2.50
通算:4年 25 8 0 0 0 1 5 0 -- .166 257 58.1 60 10 27 1 2 31 0 0 37 36 5.55 1.49

記録編集

背番号編集

  • 59 (2001年 - 2004年)

関連項目編集