メインメニューを開く

北 愛一(きた ちかかず、生年不詳 - 寛永11年6月7日1634年7月2日))は戦国時代から江戸時代の武将で南部氏家臣。彦助。定愛(さだちか)とも言う。父は北信愛、母は南氏。弟に北秀愛北直継北愛邦がいる。子は北直愛北愛言

生涯編集

参考諸家系図』によると、主君・南部信直から父・信愛の功により2050石を得ている。『岩手県史 第3巻』所載の系図では2150石とある。

『岩手県史』によれば、九戸政実の乱後、九戸側につき滅んだ旧一戸方の寺田館(寺田城)を領し2500石を知行している。また、寺田館へは北館から移ってきたとされる(『日本歴史地名大系』)。早くから所領を持って父・信愛から独立していたため、弟・秀愛と父・信愛の死で断絶した花巻北氏の名跡は継がなかった。また父・信愛が名跡継承を願わず死去してその所領が藩に接収されたため、愛一と弟・直継は新たに禄を得て家を興す形になったともされる[1]

跡を子の直愛が2100石で継いだ。直愛の弟・愛言は分家した。しかし直愛の死後に跡を継いだ北愛時は遺領のうち500石しか継げず、また愛時は病ですぐ隠居してしまい、子の北岩松が早世して北氏嫡流は断絶した(『岩手県史』)。一方「参考諸家系図」によると、早世した岩松の家督は愛時の弟・北愛紀が継いだとあり、愛紀は300石を知行した。のち当主自害によって一旦改易され、50石で再興され幕末に至った。

ただし息子・左衛門佐直愛については、弟・北主馬(秀愛)と同一人物とする説もある(『鹿角市史』他)。