メインメニューを開く

北房中継局

北房中継局(ほくぼうちゅうけいきょく)は、岡山県真庭市北房地区の飯ノ山にあるテレビジョン放送FMラジオ放送の重要中継局及び小規模中継局である。

北房中継局
局名 北房中継局
送信波 地上デジタルテレビジョン放送
地上アナログテレビジョン放送
FMラジオ放送
偏波面 水平偏波
送信放送局 NHK岡山放送局(テレビ・FM)
RSK山陽放送(テレビ)
OHK岡山放送
RNC西日本放送(テレビ)
KSB瀬戸内海放送(デジタル)
空中線電力 アナログUHF:10W
アナログVHF・FM:3W
デジタル:1W
受信元 金甲山送信所
津山中継局
有漢中継局
指向性 東方向
放送区域 岡山県真庭市の一部
受信世帯 約1,500世帯
開局 1968年7月21日
設置場所 岡山県真庭市下呰部字飯ノ山
テンプレートを表示

目次

放送区域編集

地上デジタル放送におけるこの中継局の電波法に定める放送区域(1mV/m)は岡山県真庭市の一部、約1,500世帯である[1]。具体的には真庭市のうち北房地区中心部及び、高梁市との市境から北房JCTへ至るまでの国道313号沿い、北房地区中心部から北房ダムにかけての県道58号沿いのいずれも概ね平地部にあたる。

歴史編集

地上デジタル放送編集

この中継局のデジタル化は、基幹局や先行サテライト各局のデジタル化が一段落した2009年(平成21年)に行われた。なお、予備免許交付は児島中継局と、本放送開始は和気中継局蒜山中継局、児島中継局と同時である。

2008年(平成20年)12月24日総務省より予備免許交付[2]、年明けの2009年1月中旬より試験放送を開始し、同年1月30日[3]に本放送を開始した。アナログ放送が置かれていない放送局のうち、瀬戸内海放送はデジタル新局として開局したが、一方のテレビせとうちはデジタル放送でも置局の予定はない。ただし、TSCは真庭ひかりネットワークで再送信されているため、こちらに加入している世帯では視聴可能である。

施設編集

中継局は北房地区中心部の東にある標高316mの飯ノ山に存在する。

地上デジタルテレビジョン放送送信設備編集

リモコンキーID 放送局名 物理チャンネル(ch) 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
1 NHK岡山総合テレビ 22 1W 1.6W 岡山県 約1,500世帯
2 NHK岡山教育テレビ 13 2.1W 全国
4 RNC西日本放送 15 1.75W 岡山県・香川県
5 KSB瀬戸内海放送 17
6 RSK山陽放送 43 2.1W
8 OHK岡山放送 47 1.75W
※全局局名は北房局
※全局に指向性あり
※中継局であるためコールサインは無い

地上アナログテレビジョン放送送信設備編集

チャンネル(ch) 放送局名 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
1 NHK岡山総合テレビ 映像3W/
音声750mW
映像5.5W/音声1.35W 岡山県 約1300世帯
4+ NHK岡山教育テレビ 映像5.1W/音声1.25W 全国
6 RSK山陽放送 映像5.6W/音声1.4W 岡山県・香川県
38- RNC西日本放送 映像10W/
音声2.5kW
映像17.5W/音声4.3W -
40- OHK岡山放送 映像17.5W/音声4.4W
※全局局名は北房局
※全局に指向性あり
※中継局であるためコールサインは無い
※4chはオフセット+10kHz局※38ch、40chはオフセット-10kHz局

FMラジオ放送送信設備編集

周波数(MHz) 放送局 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
82.9 NHK岡山FM放送 3W 3.3W 岡山県 約1400世帯
※局名は北房局
指向性あり

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集