北新・松本大学前駅

日本の長野県松本市にあるアルピコ交通の駅

北新・松本大学前駅(きたにい・まつもとだいがくまええき)は、長野県松本市大字新村にあるアルピコ交通上高地線である。駅番号はAK-07

北新・松本大学前駅
Kitanii-matsumotodaigakumae sta.jpg
駅舎(2006年9月2日)

北新・松本大学前駅の位置(長野県内)
北新・松本大学前駅
北新・松本大学前駅
北新・松本大学前駅(アルピコ交通)位置図(長野県)
きたにい・まつもとだいがくまえ
Kitanii-Matsumotodaigakumae
AK-06 下新 (1.0km)
(0.8km) 新村 AK-08
所在地 長野県松本市大字新村2088
駅番号 AK-07
所属事業者 アルピコ交通
所属路線 上高地線
キロ程 5.4km(松本起点)
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
586人/日(降車客含まず)
-2017年-
乗降人員
-統計年度-
1,173人/日
-2017年-
開業年月日 1921年大正10年)10月2日
テンプレートを表示

駅構造編集

単式ホーム1面1線を有する地上駅

  • 平日の7:20 - 20:00までは、委託職員による乗車券の発売を行っている[1]

電鐘踏切編集

  • 駅のすぐ東側には、2016年11月8日まで長野県内で唯一の電鐘踏切があった。11月8日の最終電車通過後に警報音装置が電子式に切り替えられた。電鐘式は電車の接近を伝える警報音をモーターで動く棒状の部品が鐘を叩いて出す仕組みで、定期的に油を差す必要があるなど、整備に人手を要した。この電鐘式警報音装置は1980年に設置されたものだった。上高地線では2011年時点で約10か所の踏切が同じ方式だったが、次第に切り替えられた。装置交換前には多くの鉄道ファンが訪れ、音色を録音するなどして惜しんだ[2]

利用状況編集

「松本市統計書」によると、1日平均の乗車人員は以下の通りである。

乗車人員推移
年度 1日平均人数
2009 414
2010 444
2011 489
2012 526
2013 597
2014 596
2015 597
2016 603
2017 586

駅周辺編集

路線バス編集

北新・松本大学前バス停

歴史編集

その他編集

隣の駅編集

アルピコ交通
上高地線
下新駅(AK-06) - 北新・松本大学前駅(AK-07) - 新村駅(AK-08)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 営業時間は、松本電気鉄道発行 2009年12月16日改正時刻表による。
  2. ^ 信濃毎日新聞2016年11月16日号記事
  3. ^ 西部地域コミュニティーバス
  4. ^ 「鉄道記録帳2002年2月」『RAIL FAN』第49巻第5号、鉄道友の会、2002年5月1日、 24頁。

関連項目編集