北方艦隊

ロシア海軍の組織

北方艦隊(ほっぽうかんたい、ロシア語:Северный флот スィェーヴィェルヌィイ・フロート、略称:СФ)は、ムルマンスクに司令部を置くロシア連邦海軍艦隊の一つ。白海バレンツ海など北極海の防衛を担うほか、大西洋へも進出する[1]。艦隊主力が駐留する軍港都市セヴェロモルスク閉鎖都市となっている。

概要編集

北方艦隊は、ロシアでは最も新しい艦隊である。設置されたのは1933年のことであり、当時は赤色海軍、のちソ連海軍に所属した。ソ連時代後半には多数の原子力潜水艦を擁したことで知られ、最大で200 隻の潜水艦が所属していた。また、航空母艦や大型のミサイル巡洋艦も保有し、ソ連海軍の中でも特に有力な艦隊であった。

しかし、ソビエト連邦の崩壊後には逆にこれらの大型艦が重荷となった。北方艦隊では原子力潜水艦やキーロフ級重原子力ミサイル巡洋艦の維持を優先したことから、有力なソヴレメンヌイ級駆逐艦はじめ他の艦船の多くが活動不可能な状態に陥った。一部の艦船は整備を受けられないまま退役を余儀なくされ、北方艦隊の勢力は大きくそがれることとなった。

2000年代に入りロシア連邦の経済状況が改善する中でこうした危機的状況も徐々に改善しつつあり、活動を休止していた艦船も一部が戦列に復帰している。

2007年11月27日、ロシア海軍総司令官ウラジーミル・ヴィソツキー大将は、北方艦隊基地へ出張中に「ロシア北方艦隊の行動海域は、大幅に拡大される」と発言した。

この発言は、海外では注目されなかったが、ヴィソツキー発言から8日後の12月5日、第43ロケット艦師団所属の重航空巡洋艦「アドミラル・クズネツォフ」(実質的には空母)、第2対潜艦師団所属の大型対潜艦「アドミラル・レーフチェンコ」「アドミラル・チャバネンコ」、第16支援艦旅団所属の大型海上給油艦セルゲイ・オシポフ、救助曳航艦ニコライ・チケルで構成される戦闘艦艇グループがセヴェロモルスクを抜錨、2ヶ月間の北東大西洋及び地中海への遠征へと出発した。戦闘艦艇グループは北方艦隊司令官ニコライ・マクシーモフ中将が率い、艦隊運用は第43ロケット艦師団司令官アレクサンドル・トゥリーリン少将が行った。

北方艦隊は2010年9月20日に発足した西部軍管区の傘下とされていたが、2014年12月1日には北極防衛の強化のため北方艦隊が新たに独立した作戦・戦略司令部(OSK)とされ、それまで西部軍管区に所属していた戦力の一部を含め統一指揮することとなった[2]

2021年には北方艦隊自体が独立した軍管区に昇格し、コミ共和国アルハンゲリスク州ムルマンスク州ネネツ自治管区も管轄している[3]

構成編集

 
Map of naval bases, shipyards and spent fuel storage sites operated by the Northern Fleet

2021年時点、北方艦隊はロシア連邦海軍で最有力の艦隊であるとされている[3]

攻撃部隊は、原子力あるいはディーゼル動力の潜水艦と航空母艦を主力に、巡洋艦、駆逐艦、大型対潜艦など一通りの水上戦闘艦艇を保有している。北方艦隊所属の重航空巡洋艦アドミラル・クズネツォフは、2021年現在ロシア海軍にとって唯一の航空母艦である。

この他、北方艦隊には対潜哨戒機ヘリコプターを中心とした海軍航空隊も所属し、これらは水上艦艇と協力して敵潜水艦や不審船の脅威から国土を守る任務についている。第61海軍歩兵旅団という陸戦部隊も所属し、複数の大型揚陸艦からなる上陸部隊も構成されているが、規模はあまり大きくなく、輸送力は限られている。

なお、この他に北方艦隊の担当領域ではロシア国境軍の艦艇も活動している。これは海軍艦艇ではなく、北方艦隊とは別組織である。

艦艇部隊編集



海軍航空隊編集

  • 第924独立親衛海軍ミサイル搭載機航空連隊:オレネゴールスク、オレーニヤ湾。Tu-22M3
  • 第279独立艦載戦闘機航空連隊:セヴェロモルスク3。Su-25UTGSu-33
  • 第830独立艦載対潜ヘリ連隊:セヴェロモルスク1。Ka-27
  • 第403独立混成航空連隊:セヴェロモルスク1。An-12An-26Il-38Tu-134
  • 第73独立長距離対潜航空飛行隊:キペロヴォ。Tu-142MK、Tu-142MR

海軍歩兵・沿岸防衛部隊編集

  • 第61独立海軍歩兵旅団:スプートニク町
  • 第536独立沿岸ミサイル砲兵旅団:スニェジュノゴルスク
  • 第215独立電波電子戦連隊:セヴェロモルスク

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集