メインメニューを開く

概要編集

1966年昭和41年)に地方からの新人作家発掘を目的として主催された賞である。北日本新聞社の地元富山県からの応募者が多かったが、近年では短編小説登竜門として全国から応募が寄せられる。 選者は一人で、第1回から第2回までが丹羽文雄、第3回から第24回までが井上靖。25回から現在までが宮本輝である。 受賞作は元日の北日本新聞に掲載される。

受賞作一覧編集

第1回から第10回編集

第11回から第20回編集

  • 第11回(1976年度) - 該当作なし
  • 第12回(1977年度) - 夏目千代 「パントマイム」
  • 第13回(1978年度) - 野島千恵子 「氷の橋」
  • 第14回(1979年度) - 田口佳子 「靴」
  • 第15回(1980年度) - 中西美智子 「流れない歳月」
  • 第16回(1981年度) - 井村叡 「老人の朝」
  • 第17回(1982年度) - 渡部智子 「額縁」
  • 第18回(1983年度) - 間嶋稔 「悪い夏」
  • 第19回(1984年度) - 桂城和子 「風に棲む」
  • 第20回(1985年度) - 吉住侑子 「遊ぶ子どもの声きけば」

第21回から第30回編集

第31回から第40回編集

第41回から第50回編集

第51回から第60回編集

  • 第51回(2016年度) - 田中博之 「遠雷の聞こえる畔」[2]
  • 第52回(2017年度) - 稲尾れい 「虫めづるの庭」
  • 第53回(2018年度) - 福永真也 「種を蒔く人」

脚注編集

参考文献編集

  • 井上靖北日本新聞社編 『北日本文学賞入賞作品集』 北日本新聞社出版部、1984年。第1 - 18回入賞作を収録。
  • 井上靖・宮本輝選 北日本新聞社編 『北日本文学賞入賞作品集II』 北日本新聞社、2002年、ISBN 9784906678679。第19 - 36回入賞作を収録。

関連項目編集

外部リンク編集