北星信用金庫

北星信用金庫(ほくせいしんようきんこ、英語Hokusei Shinkin Bank)は、北海道名寄市に本店を置く信用金庫である。2007年10月9日に、士別信用金庫と対等合併と同時に、名称を名寄信用金庫から変更した[1]

北星信用金庫
Hokusei Shinkin Bank
Hokusei Shinkin Bank.jpg
本店(2010年9月)
種類 信用金庫
略称 北星しんきん
本店所在地 日本の旗 日本
096-0012
北海道名寄市西2条南5丁目5
設立 1951年昭和26年)5月(名寄信用組合)
業種 金融業
法人番号 1450005002417
金融機関コード 1024
事業内容 協同組織金融機関
代表者 岡本守(理事長
従業員数 200人
支店舗数 23店(2010年6月現在)
外部リンク 北星信用金庫
テンプレートを表示

目次

概要編集

当金庫は名寄市に本店を置くが、上記にもあるよう士別信用金庫との対等合併で現在の名となった[1]

営業エリアは、和寒町以北の上川地方北部、旭川市周辺、留萌管内天塩町、宗谷管内幌延町枝幸町中頓別町札幌市にある。

名寄市・和寒町・剣淵町下川町中川町音威子府村指定金融機関となっている。

自己資本比率は12.71%(2009年9月末現在、国内基準)[2]。合併直後の2008年3月期には一度15%を越えたものの、その後低下する傾向にある[3]

2010年6月現在の役職員数は203人。総預金量は2,180億円。

沿革編集

  • 1951年5月 - 名寄信用組合として設立。
  • 1951年12月 - 信用金庫に転換、名寄信用金庫に改組。
  • 1977年10月 - 本店に現金自動支払機設置。
  • 1991年6月 - 名寄しんきん情報誌「フィール」創刊。
  • 2002年7月 - 損害保険窓口販売開始。
  • 2003年12月 - 生命保険窓口販売開始。
  • 2007年10月9日 - 士別信用金庫と合併(合併と同時に、名称も北星信用金庫と変更となる)[1]
  • 2009年6月1日 - 札幌市中央区北2条西3丁目に札幌支店を新設。道央圏に進出。
  • 2010年8月13日 - 元職員がATMの現金を着服するという不祥事件が発生。

totoの払い戻し店編集

スポーツ振興くじ(toto)当選券の払い戻しは次の店舗でのみ取り扱う。

  • 本店(名寄市西2条南)
  • 士別中央営業部(士別市大通西/旧士別信金本店[1]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “「名寄」「士別」合併 北星信金 9日誕生 職員、店舗数は当面維”. 北海道新聞 (北海道新聞社). (2007年10月5日)
  2. ^ 自己資本比率 - 平成21年度北星信用金庫 半期ディスクロージャー
  3. ^ 事業の概況 - 平成20年度北星信用金庫ディスクロージャー

関連項目編集

外部リンク編集