メインメニューを開く

北星学園女子中学高等学校

日本の北海道にある高等学校

北星学園女子中学高等学校(ほくせいがくえんじょしちゅうがくこうとうがっこう、英称:Hokusei Gakuen Girls' Junior & Senior High School)は、北海道札幌市中央区にあるプロテスタント系私立中学高等学校

北星学園女子中学高等学校
北星学園女子中学高等学校
過去の名称 スミス女学校
北星女学校
北星女学校高等女学科
北星高等女学校
北星学園中等部・高等部
北星学園中学校・高等学校
国公私立の別 私立学校
設置者 学校法人北星学園
設立年月日 1887年1月
創立者 サラ・クララ・スミス
共学・別学 男女別学(女子校)
中高一貫教育 併設型(外部混合無)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
英語科
音楽科
学期 2学期制
高校コード 01509B
所在地 064-8523
札幌市中央区南4条西17丁目2-2

北緯43度3分11秒 東経141度19分47.8秒 / 北緯43.05306度 東経141.329944度 / 43.05306; 141.329944座標: 北緯43度3分11秒 東経141度19分47.8秒 / 北緯43.05306度 東経141.329944度 / 43.05306; 141.329944
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
北星学園女子中学高等学校の位置(北海道内)
北星学園女子中学高等学校

概要編集

1887年アメリカニューヨーク州出身の長老派伝道師サラ・クララ・スミスによって創設された[1]スミス女学校を前身とする。 スミス女学校は、学校の運営母体である学校法人北星学園の前身であることから、北星学園女子中学高等学校は学園内では最も古い歴史と伝統を持つ由緒ある学校でもある。

本校は、日本女性の自立を願って開校され、英語教育やキリスト教的な心の教育にも力を入れている[1]

部活動も盛んであり、特に新体操部は全国大会の常連として知られる。

「札幌市の木」となっているライラックは、サラ・クララ・スミスがアメリカの自宅から札幌に持ち込み繁殖したものであり、当時のスミス女学校と北大植物園にそれぞれ植樹がなされたのが始まりである。

スミス女学校に植樹されたものは戦時中に敵国の木として伐採されてしまったが、北大植物園では現在でも一番古い株として当時からの歴史を引き継ぐライラックを見ることができる。

沿革編集

学科(高等学校)編集

全日制課程

  • 普通科
    • Lコース(国公立大学・理系私立大学・看護大学に対応)
    • Sコース(北星学園大学への進学、指定校推薦、AO入試文系・看護・福祉などに対応)
  • 英語科
  • 音楽科
  • 一貫科

制服編集

制服1933年に制定され、デザインは当時と基本的に変わっていない。上下紺のセーラー服に黒のスカーフを合わせ、スカーフの丁度結んだ所に星形校章を付ける。また、には、一本の白いラインが入っており、両端に星の刺繍を施している[1]

この星型の校章は、「暗い世にあって星のように輝きなさい」という、聖書の言葉から取られたものだという[1]

渡辺麻友AKB48)が全国の制服を着用した姿を掲載した写真集「渡辺麻友 制服図鑑 最後の制服」(2013年4月19日ISBN 978-4087806779)を発売するにあたり、日本全国から可愛い制服写真を集英社が募集したところ、本校の制服が採用され、写真集に含まれることとなった。

著名な出身者編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 安田誠『図説 女子高制服百科』幻冬舎コミックス、2010年、5頁。ISBN 978-43448189102013年10月26日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集