北朝鮮によるミサイル発射実験

ウィキメディアの一覧記事

朝鮮民主主義人民共和国 (北朝鮮) が行った大規模な弾道ミサイル発射の一覧。

日本上空を通過した北朝鮮のロケット・ミサイルの弾道
日本上空を通過した北朝鮮のロケット・ミサイルの射程と高度

概要編集

準中距離弾道ミサイルノドンスカッドERや北極星2号中距離弾道ミサイルムスダン火星12大陸間弾道ミサイル火星14火星15潜水艦発射弾道ミサイル北極星1号の発射実験は国際機関へ通告せずに行われる。

一方、大陸間弾道ミサイルのプロトタイプとなるテポドン2号を改良したローンチ・ヴィークルとしての性格を持つ銀河2号銀河3号光明星の発射実験の場合は、2009年の発射以降、事前に国際海事機関(IMO)や国際民間航空機関 (ICAO) に発射を通告している。北朝鮮は、人工衛星搭載の打ち上げロケット発射は純粋な平和目的の宇宙開発であると主張している。

これに対し、日本アメリカ韓国国際連合安全保障理事会等は、仮に人工衛星搭載でも、発射は事実上の弾道ミサイル発射実験と看做している。

国際連合安全保障理事会決議では、弾頭部に人工衛星を搭載したロケットであるか否かにかかわらず、北朝鮮が弾道ミサイル技術を利用した飛翔体の発射を実施しないよう要求しているものの、これが守られていることはない。

米議会調査局(CRS)は2020年7月14日に公表した報告書で、「北朝鮮による近年のミサイル発射実験は、域内の弾道ミサイル防衛(BMD)システムを突破し、核弾頭が搭載可能なミサイルの製造に躍起になっていることを示している」と指摘した[1]

日本の防衛省が7月14日に公表した2020年版防衛白書は、「近年、北朝鮮はミサイル関連技術の高度化を図ってきており、2019年5月以降、発射を繰り返している新型と推定される3種類の短距離弾道ミサイルは、固体燃料を使用して通常の弾道ミサイルよりも低空で飛翔するといった特徴があり、発射の兆候把握や早期探知を困難にさせることなどを通じて、ミサイル防衛網を突破することを企図していると考えられる。このような高度化された技術がより射程の長いミサイルに応用されることも懸念される」と指摘。「北朝鮮の軍事動向は、わが国の安全に対する重大かつ差し迫った脅威」と記述した[2]

タイムライン編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 「北朝鮮、弾道ミサイル防衛網突破の核ミサイル製造に躍起」米議会調査局が報告書”. 高橋浩祐. Yahoo!ニュース. 2020年7月18日閲覧。
  2. ^ 「北朝鮮、弾道ミサイル防衛網突破の核ミサイル製造に躍起」米議会調査局が報告書”. 高橋浩祐. Yahoo!ニュース. 2020年7月18日閲覧。
  3. ^ North Korea Says It Has Tested ‘Ultramodern Tactical Weapon’”. www.nytimes.com (2018年11月15日). 2019年12月2日閲覧。
  4. ^ 北朝鮮はことし7月25日以降、短距離弾道ミサイルとみられる飛しょう体の発射を繰り返していて”. www3.nhk.or.jp (2019年9月11日). 2019年9月11日閲覧。
  5. ^ 北朝鮮ICBM施設で動き、韓国は「ミサイル関連活動」と判断 ロイター”. ロイター (2019年3月16日). 2019年9月11日閲覧。
  6. ^ 北朝鮮が弾道ミサイル発射、EEZ内には落下せず 5月以降13回目”. www.sankei.com. 2019年12月2日閲覧。
  7. ^ 北朝鮮から弾道ミサイル発射か EEZ外に落下と推定 政府”. www3.nhk.or.jp. 2019年12月2日閲覧。
  8. ^ 北朝鮮の弾道ミサイル”. www.mod.go.jp (2018年11月15日). 2019年12月2日閲覧。
  9. ^ 北朝鮮の重大実験 日本政府「弾道ミサイル関連か」 警戒万全に”. www3.nhk.or.jp (2019年12月9日). 2019年12月9日閲覧。
  10. ^ “北朝鮮、再び「重大な試験した」発表 新型のミサイルか”. 朝日新聞デジタル. (2019年12月15日). https://web.archive.org/web/20191215030130/https://www.asahi.com/articles/ASMDG5DGZMDGUHBI01J.html 2019年12月15日閲覧。 
  11. ^ 北朝鮮 日本海に向けて飛しょう体2発を発射 韓国軍”. www3.nhk.or.jp. NHK NEWS WEB (2020年3月2日). 2020年3月2日閲覧。
  12. ^ 北朝鮮が飛翔体3発、韓国軍発表 EEZ外の日本海落下”.  www.nikkei.com. 日本経済新聞. 2020年3月9日閲覧。
  13. ^ 「北朝鮮、弾道ミサイル防衛網突破の核ミサイル製造に躍起」米議会調査局が報告書”. 高橋浩祐. Yahoo!ニュース. 2020年7月18日閲覧。

関連項目編集