メインメニューを開く

北村 一輝(きたむら かずき、1969年7月17日 - )は、日本俳優。本名、北村 康(きたむら やすし)。大阪府大阪市出身。フロム・ファーストプロダクション所属。弓削商船高等専門学校中退。身長178cm、体重68kg。当初は本名の「北村康」で活動していたが、1997年の映画出演が縁で三池崇史監督によって「北村一輝」と改名する。

きたむら かずき
北村 一輝
本名 北村 康(きたむら やすし)
生年月日 (1969-07-17) 1969年7月17日(49歳)
出生地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
身長 178 cm
血液型 A型
職業 俳優
ジャンル テレビドラマ映画ナレーター舞台
活動期間 1991年 -
配偶者 なし(離婚歴あり)
事務所 フロム・ファーストプロダクション
主な作品
テレビドラマ
あなたの隣に誰かいる
大奥〜華の乱〜
夜王〜YAOH〜
ガリレオ
天地人
ATARU
世界一難しい恋
シグナル 長期未解決事件捜査班

映画
皆月
鬼火
テルマエ・ロマエ

目次

来歴・人物編集

2人兄弟の次男として誕生[1]

幼少期より映画好きで、中でも深作欣二監督の『蒲田行進曲』に衝撃を受ける[2]

タイロン・パワー主演の『海の征服者』を観て海賊に憧れを抱き、「海賊になるため」に商船高専(当時は、航海学科、機関学科の2学科、修業年限は5年6か月〈練習船実習1年含む〉)に進学。しかし、「海賊になれない」ことに気がついたため3年で中退し、役者を志す(俳優を志した理由は「役の上ならどのような人間にもなれる。海賊にもなれる」から)[1][3]

19歳の時に上京。事務所やオーデションを片っ端から受けるもエキストラがせいぜいであった。自らを売り込むために本人とマネージャーの一人二役をこなしていた時期もあったがなかなか芽は出ず、失意のうちに一度廃業。オーストラリア南アメリカ東南アジアなどおよそ4年間海外で放浪生活をしたが、「これでは逃げ出したままで終わってしまう」と思い直し帰国[4][3]

俳優活動を再開し、やがて三池崇史望月六郎作品と出合ったことがターニングポイントとなる[4]

1999年公開の『皆月』及び『日本黒社会 LEY LINES』でキネマ旬報新人男優賞、ニフティ映画大賞助演男優賞受賞(『皆月』ではヨコハマ映画祭助演男優賞も受賞)。共演した奥田瑛二からは「浮遊する爬虫類」と称された[要出典]

役づくりに対する意気込みには凄まじいものがある。『鬼火』ではゲイバーのママ役を演じるにあたり、ゲイバーに行く金がなかったため、何週間も新宿2丁目の通りに立ち、声をかけて来た客にゲイバーに連れて行ってもらった(望月六郎に連れられ、主演の原田芳雄に初めてあいさつした際、原田は黒のショートパンツ姿だった北村を見て、「本物のゲイを起用した」と勘違いしたほどだった)[5]1998年公開の『JOKER 厄病神』では、チンピラ役で出演するため、役作りで前歯数本を抜こうと歯科医に頼み、困惑されたこともある[6]

2005年の雑誌[要文献特定詳細情報]のインタビュー内で「自分の好きなところ・嫌いなところは?」との質問に対し、「全てにおいて力加減が下手」と述べている。

映画 怪物くん』のロケでは現地の俳優からインド人に間違えられた[7]

上京後、賃貸の住まいでも室内の壁紙が気にそぐわないと独断で張り替えてしまい、退去時に全額負担する羽目になった[4][6]

英語を覚えることに熱心で、数人の外国人とルームシェアしているほか、長男とも英語について電話で会話することがある[8]

出演作品編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

テレビドラマ編集

連続ドラマ編集

単発ドラマ編集

舞台編集

ラジオドラマ編集

ドキュメンタリー編集

語学番組編集

CM編集

ミュージック・ビデオ編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 婦人公論』2007年8月7日号、中央公論新社、 156-158頁。
  2. ^ 北村一輝「俳優としては、永遠に発展途上でいたい」」、『週刊朝日』2013年9月13日号、朝日新聞出版2013年9月13日2017年8月25日閲覧。
  3. ^ a b ぴいぷる 北村一輝”. 夕刊フジ (2009年5月14日). 2017年8月25日閲覧。
  4. ^ a b c 週刊朝日』2009年12月15日号、朝日新聞出版、 64-67頁。
  5. ^ 二丁目で役作りした妻夫木聡×綾野剛、現場では自然に「路チューや手つなぎ」」、『週刊女性』2016年11月15日号、主婦と生活社2017年8月25日閲覧。
  6. ^ a b Vol.18 北村一輝”. ニューヨーカーマガジン (2014年2月12日). 2017年8月25日閲覧。
  7. ^ 「ズームイン!!サタデー」で紹介されたすべての情報”. カカクコム (2013年10月19日). 2017年8月25日閲覧。
  8. ^ 男の履歴書 北村一輝編”. インライフ. 2014年1月13日閲覧。
  9. ^ “「相棒」新作は2017年2月公開、特報に北村一輝や及川光博の姿も”. 映画ナタリー. (2016年9月22日). http://natalie.mu/eiga/news/202705 2016年9月23日閲覧。 
  10. ^ “錦戸亮主演×吉田大八監督「羊の木」映画化!共演に木村文乃、松田龍平、市川実日子”. 映画ナタリー. (2016年9月23日). http://natalie.mu/eiga/news/202781 2016年9月23日閲覧。 
  11. ^ “北村一輝が「映画プリキュア」で声優初挑戦、「やはり悪キャラでした」”. 映画ナタリー. (2018年1月10日). https://natalie.mu/eiga/news/264436 2018年1月10日閲覧。 
  12. ^ “佐藤健×高橋一生、初共演!大友啓史監督「億男」に藤原竜也、沢尻エリカら豪華布陣”. 映画.com. (2018年3月5日). http://eiga.com/news/20180305/1/ 2018年3月6日閲覧。 
  13. ^ 濱田岳、北村一輝の続編希望に「ざわざわ」 過酷な撮影を回想”. ORICON STYLE (2016年2月10日). 2016年2月10日閲覧。
  14. ^ 小池栄子&北村一輝、大野智主演『世界一難しい恋』に出演”. ORICON STYLE (2016年2月16日). 2016年3月7日閲覧。
  15. ^ BS朝日開局15周年記念『大江戸事件帖 美味でそうろう』二夜連続5時間放送!”. 東映オフィシャルサイト (2015年11月25日). 2017年5月6日閲覧。
  16. ^ あの娯楽時代劇が再び! 新平太が江戸に戻ってきた!!”. 東映オフィシャルサイト (2017年2月14日). 2017年5月6日閲覧。
  17. ^ 北村一輝「恋愛ドラマの帝王になる」、常盤貴子との初ラブストーリーにハイテンション”. クランクイン! (2015年12月22日). 2015年12月25日閲覧。
  18. ^ 木村佳乃&北村一輝、子役の横山歩を絶賛 実話ドラマ『ぼくのいのち』放送決定”. テレビドガッチ (2015年12月25日). 2016年1月22日閲覧。
  19. ^ “黒木メイサ成宮寛貴深田恭子北村一輝主演!”. とれたてフジテレビ. (2016年10月1日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/161001-i267.html 2016年10月3日閲覧。 
  20. ^ 北村一輝『ほん怖』初主演&吉田羊と共演!(土曜プレミアム『ほんとにあった怖い話 ―夏の特別編2018―』)”. とれたてフジテレビ (2018年8月14日). 2018年8月16日閲覧。
  21. ^ “北川景子、初の弁護士役!北村一輝がバディのSPドラマ「指定弁護士」”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年8月12日). https://www.cinematoday.jp/news/N0102843 2018年8月14日閲覧。 
  22. ^ a b 北村一輝のCM出演情報”. オリコン芸能人事典. オリコン. 2014年7月31日閲覧。
  23. ^ 北村一輝(Kazuki Kitamura) FROM FIRST”. フロム・ファーストプロダクション. 2018年3月10日閲覧。
  24. ^ このCMだけは北村の公式サイトのCM出演履歴(2018年3月現在、15のCMが記載)には掲載されておらず非公表になっている[23]
  25. ^ 北村一輝が妖艶に絡むTHE RiCECOOKERS「SPEC」曲PV”. 音楽ナタリー. ナターシャ (2014年1月9日). 2014年1月9日閲覧。

外部リンク編集