北条仲時

鎌倉時代末期の武士

北条 仲時(ほうじょう なかとき)は、鎌倉時代末期の北条氏一門。鎌倉幕府最後の六波羅探題北方であり摂津守護も兼務した[1]普恩寺流で第13代執権である北条基時の子。普恩寺 仲時(ふおんじ なかとき)とも呼ばれる。

 
北条仲時 / 普恩寺仲時
HoujyoNaotoki.jpg
北条仲時画像(蓮華寺蔵)
時代 鎌倉時代末期
生誕 徳治元年(1306年
死没 元弘3年/正慶2年5月9日1333年6月23日
別名 時阿(法名)
墓所 滋賀県米原市蓮華寺
官位 従五位下弾正少弼越後
幕府 鎌倉幕府六波羅探題北方・信濃守護
主君 守邦親王
氏族 北条氏普恩寺流
父母 父:北条基時、母:未詳
兄弟 仲時高基
友時、女子
テンプレートを表示
蓮華寺の北条仲時以下432名墓所

生涯編集

元徳2年(1330年)11月(7月21日)、鎌倉を発って上洛する[2]。12月27日、六波羅探題北方となる[2]

元弘元年(1331年)の元弘の乱で、大仏貞直金沢貞冬関東からの軍勢と協力し[3]、挙兵して笠置山(京都府相楽郡笠置町)に篭城した後醍醐天皇を攻め、天皇を隠岐島に配流する。さらに護良親王楠木正成らの追討・鎮圧を担当する[2]

元弘3年/正慶2年(1333年)5月、後醍醐天皇の綸旨を受けて挙兵に応じた足利尊氏(高氏)や赤松則村らに六波羅を攻められて落とされると、5月7日に六波羅探題南方の北条時益とともに六波羅の役所を脱出[1]光厳天皇後伏見上皇花園上皇を伴って東国へ落ち延びようとした。しかし、道中の近江国滋賀県)で時益が野伏に襲われて討死し、仲時も同国番場峠(滋賀県米原市)で佐々木導誉が差し向けたとも言われる野伏[注釈 1]に行く手を阻まれ、やむなく番場蓮華寺に至り天皇と上皇の玉輦を移した後に、本堂前で一族432人と共に自刃した[2]。享年28。この史実は、『増鏡』『梅松論』『太平記』に詳しく記載されている。天皇と上皇は道誉に保護されて京都へ戻された。

仲時は摂津守護の職にあったため、摂津国の武士は戦で仲時の指揮下に入ることが義務付けられていた[1]。しかし、六波羅探題は敗北的となっておりほとんどの武士は従わなかったが、真上持直と信直の父子は仲時と行動を共にして最期を遂げている[1]

蓮華寺には自刃した432人の五輪塔群がある。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 太平記』などに佐々木導誉が直接関与したとする記述はないが、足利尊氏と導誉との間に密約があり、また近江国番場が導誉の所領だったとする後世の佐々木氏関連史料から、森茂暁は導誉の関与を想定する[4]

出典編集

  1. ^ a b c d 高槻市史 第2章 南北朝内乱期の高槻地方 第1節 北摂地方の戦乱 高槻市立図書館、2021年3月31日閲覧。
  2. ^ a b c d 安田 1990, p. 551.
  3. ^ 「北条仲時」『朝日日本歴史人物事典』
  4. ^ 森 1994, pp. 34-37.

参考文献編集

書籍
史料
  • 『増鏡』
  • 『梅松論』
  • 『太平記』