北条 勝千代(ほうじょう かつちよ)は、安土桃山時代の人物。後北条家の一族。

 
北条 勝千代
時代 安土桃山時代
生誕 天正18年(1590年[1]
死没 不詳
改名 勝千代(幼名)
氏族 後北条氏桓武平氏
父母 父:北条氏政、母:鳳翔院殿?
兄弟 新九郎氏直太田源五郎氏房千葉直重直定、源蔵、勝千代芳桂院千葉邦胤室)、竜寿院里見義頼継室)、庭田重貞
テンプレートを表示

生涯編集

『小田原編年録』所収「北条氏系図」にのみ記載がある[1]。それによると、同年の籠城中に城内で生まれたとされる[1]

母については後妻の鳳翔院殿と見られてきたが、根拠があるわけではなく、現在のところは不明である[1]

また、その他の動向も不明である[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e 黒田基樹 2018, pp. 12.

参考文献編集

  • 黒田基樹 『北条氏政 乾坤を截破し太虚に帰す』ミネルヴァ書房〈ミネルヴァ日本選評伝〉、2018年2月。ISBN 978-4-623-08235-3