メインメニューを開く

北条 宗長(ほうじょう むねなが)は、鎌倉時代中期の武将。北条氏の一門。名越流北条長頼(ながより)の子(北条時長の孫)。最初の通称である備前二郎は父長頼が備前守であったことに由来し、これを根拠に宗長は長頼の次男と考えられる。後に宗長が備前守を踏襲し、備前守を通称とした。

 
北条宗長/名越宗長
時代 鎌倉時代中期
生誕 未詳
死没 延慶2年7月23日1309年8月28日
別名 名越宗長、備前二郎(通称)、名越備前前司
官位 備前守、左近将監
幕府 鎌倉幕府 能登安芸豊後守護
氏族 北条氏 名越流
父母 父:北条長頼、母:未詳
兄弟 宗長篤長(子に春朝長朝
吉見頼宗の娘(吉見氏
夏時(春時)家政(家貞)貞宗公長宗朝
実助長福寺別当)・長助(権少僧都)

能登国安芸国豊前国の三カ国の守護を兼任しており、幕府内における地位は高かったと考えられている。

参考文献編集