北条実政

鎌倉時代後期の北条氏の一門。鎮西探題

北条 実政(ほうじょう さねまさ)は、鎌倉時代中・後期の武将、元寇(弘安の役)の日本軍の現地総司令官。北条家の一門。父は金沢流の祖・北条実時金沢実政とも称される。

 
北条実政
時代 鎌倉時代中期 - 後期
生誕 建長元年(1249年[1]
死没 乾元元年12月7日[1]1302年12月26日
改名 実政、実通(法号)[1]
別名 越後六郎[1]、金沢実政
官位 従五位上総[1]
幕府 鎌倉幕府異国征伐大将、長門探題鎮西探題
主君 惟康親王
氏族 北条氏金沢流
父母 父:北条実時、母:北条政村の娘
兄弟 実村篤時顕時実政時直、女子(長井宗秀室)、女子(北条長頼室)、女子(飛鳥井雅有室)
千葉氏の娘
政顕義政政基岩難手殿
テンプレートを表示

生涯編集

元寇(文永の役)を、鎮西(九州)御家人個々の奮戦により乗り切った鎌倉幕府は、その反省を踏まえ、組織的・抜本的防衛策を講じようとした。

建治元年(1275年)、幕府は元との戦争の準備を「異国征伐」と「異国警護」の2本立てで進めることを決定し、北条実政を鎮西軍総司令官として派遣することとした[1]。実政は29歳で異国征伐大将軍に任じられ、金沢北条氏の重臣平岡氏ほかの軍勢を率いて、九州に下向する。実政の鎮西下向の理由については、九州の御家人(大友氏、少弐氏、島津氏等)のみならず、「東国から派遣された有力御家人やその子弟(宇都宮通房安達盛宗等)に対しても抑えが利き、九州や高麗に長期滞在可能な人物」[2]として、北条時宗(及びその後見でもあり、北条氏第一の賢者といわれた父実時)により選ばれたものと考えられる。その後「異国征伐」は中止となり、「異国警護」を目的に防塁構築等の防衛準備に専念することになる。

翌年、実時の死により豊前守護職を継ぎ[1]、その後は、そのほぼ全生涯を通じて鎮西で過ごすことになる。有名な「実時の置文」は、異国警護(九州防衛)の責任者となり鎌倉に戻れなくなった実政に対する父としての最後の遺訓と考えられる[3]弘安の役では、鎮西軍総司令官として御家人等を統率し、元軍の撃退に活躍[注釈 1]弘安6年(1283年)9月8日に従五位上に叙し、上総介に任官。同年、長門探題に任じられ[1]永仁4年(1296年)7月に鎮西探題に転じた[1][注釈 2]。このとき、鎮西の軍事指揮権と訴訟裁断権を掌握し、肥前肥後の守護も兼任している[1]。なお、実政の時代が、鎌倉幕府鎮西探題の最盛期であり、博多の街づくりでも活躍したといわれている。

正安3年(1301年)9月、出家に伴って家督と探題職をはじめとする全てを子の政顕に譲っている[1]。翌乾元元年(1302年)12月7日に死去[1]。享年54[1]

経歴編集

  • 1249年建長元年)、出生。
  • 1275年建治元年)11月、異国征伐大将軍として鎮西下向。
  • 1276年(建治2年)7月、病床の父実時より置文(遺訓として大将たる者の心得)を贈られる。実時没後、豊前守護を継ぐ。
  • 1281年弘安4年)弘安の役において鎮西軍総司令官として関東・九州の御家人等を統率、元軍を撃退。
  • 1283年弘安6年)9月8日、従五位上に叙し、上総介に任官。
  • 1284年弘安7年)周防・長門守護[注釈 3]
  • 1296年永仁4年)鎮西探題[注釈 2]。肥前・肥後守護兼任。
  • 1301年正安3年)9月出家。
  • 1302年乾元元年)12月7日卒去。享年54。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 日本外史』には「鎮西兵の衛る者は悉く実政に従わしむ」と記されている。
  2. ^ a b 鎮西探題について、「筑前國続風土記」では北条兼時を初代としているが、1人体制が始まった実政を初代とみなす見方が有力である[4]
  3. ^ 西ヶ谷 1998, pp. 223,227では、1282年弘安5年)の段階では北条忠時が、正応2年(1289年)の段階では実政が周防・長門守護であったとしており、この間ということでは矛盾はない。

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m 安田 1990, p. 540
  2. ^ 永井晋 「北条実政と建治の異国征伐」、北条氏研究会編 『北条時宗の時代』 八木書店、2008年5月。ISBN 9784840620307 
  3. ^ 貫達人「北条実時の置文について」『三浦古文化』第28号、三浦古文化研究会、1981年。
  4. ^ 湯浅 2012, pp. 169,197.

参考文献編集

先代:
北条兼時名越時家
鎮西探題
初代
次代:
北条政顕