メインメニューを開く

北条 政範(ほうじょう まさのり、文治5年(1189年) - 元久元年11月5日1204年11月27日))は鎌倉時代初期の武将。父は北条時政、母は時政の後妻で正室牧の方。通称は遠江左馬助。官位は従五位下。

母が京の出身と言うこともあり、3代将軍源実朝が都の貴族である坊門信清の娘(信子)を正室に迎える際の使者として上洛した。しかし京で病にかかり、16歳で急死した。若年での官位の高さなどから見て、時政の嫡男は異母兄の北条義時ではなく、貴族出身である牧の方を母とする政範であったと考えられる。時政・牧の方鍾愛の子であり、牧の方所生唯一の男子であった政範の死は、畠山重忠の乱牧氏事件と続く鎌倉幕府北条氏一族内紛のきっかけとなっている。

関連項目編集