北条時実

鎌倉時代前期の武士。北条泰時の次男。

北条 時実(ほうじょう ときざね)は、鎌倉時代前期の北条氏の一族。鎌倉幕府第3代執権北条泰時の次男。母は継室安保実員の娘。妻は、後に謀反を企てたとして流罪に処された北条光時の妹。

 
北条時実
時代 鎌倉時代前期
生誕 建暦2年(1212年
死没 嘉禄3年6月18日1227年8月1日
別名 武蔵次郎
幕府 鎌倉幕府
主君 藤原頼経
氏族 北条氏得宗
父母 父:北条泰時、母:安保実員の娘
兄弟 時氏時実公義、他女子
正室:北条朝時の娘
テンプレートを表示

生涯編集

第4代将軍・九条頼経の側近として仕えるが、嘉禄3年(1227年)6月18日、六堂供養を翌日に控えて御家人達が大勢鎌倉へ集う喧噪の中、家人である高橋次郎によって殺害された。享年16[1][2]。原因は不明だが、他にも仲間の御家人3人も殺害されている。高橋次郎は直ちに捕らえられ、即日腰越で斬刑に処せられた[1]。当日夜には時実の乳母父である尾藤景綱が出家している。

原因としては仕事上のトラブルなどが考えられている[1]。ただ、高橋家はこれで断絶したわけではなく、その系統は北条重時の家臣となって存続しているため、時実殺害には情状酌量すべき事情があったとも推測されている[3]

翌日の六堂供養はこの事件によって延期された。

この3年後の同日に異母兄の時氏も死去し[4][5]、後継の男子を失った泰時は、孫の経時を次期執権として養育することになる[6]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 高橋 2013, p. 8.
  2. ^ 上横手 1988, p. 74.
  3. ^ 高橋 2013, p. 9.
  4. ^ 高橋 2013, p. 12.
  5. ^ 上横手 1988, p. 75.
  6. ^ 高橋 2013, p. 14.

参考文献編集