北条朝時

日本の鎌倉時代の武将、名越流北条氏の祖

北条 朝時(ほうじょう ともとき)は、鎌倉時代前期の武将鎌倉幕府第2代執権北条義時の次男。名越流北条氏の祖。母は正室の姫の前。祖父・北条時政の屋敷であった名越邸を継承したことにより、名越 朝時(なごえ ともとき)とも呼ばれる。

 
北条朝時 / 名越朝時
Hojyo tomotoki.jpg
「義烈百人一首」より
時代 鎌倉時代前期
生誕 建久4年(1193年
死没 寛元3年4月6日1245年5月3日
改名 朝時、生西
別名 名越朝時、相模次郎、陸奥次郎、名越次郎
官位 式部少丞、式部大丞、従五位下、周防権守、越後、従五位上、遠江守、正五位下、従四位
幕府 鎌倉幕府評定衆
主君 源実朝藤原頼経
氏族 北条氏名越流
父母 父:北条義時、母:姫の前
兄弟 泰時朝時重時有時政村実泰竹殿一条実雅室(後に唐橋通時室)他
正室:大友能直の娘
継室:北条時房の娘
光時時章時長時幸時兼教時時基足利泰氏側室、宇都宮泰綱室、北条時実室、公朝(僧)源輔時
テンプレートを表示

生涯編集

建久4年(1193年)、北条義時の次男として鎌倉で生まれる。母は源頼朝の仲介で義時の正室となった姫の前で、正室の子としては長男であり、北条家嫡子であったと考えられる。父義時31歳、側室を母とする異母兄の金剛(のちの泰時)は11歳であった。建仁3年(1203年)、朝時が11歳の時に比企能員の変が起こり、母の実家比企氏が義時ら北条一族によって滅ぼされた事で両親は離婚し、母姫の前は上洛して源具親に再嫁した3年後に死去している。後に朝時は具親の次男源輔時猶子にしている。建永元年(1206年)10月に、13歳で元服する。その際に将軍・源実朝より偏諱を与えられ、朝時と名乗ったと推測される[1][2]

建暦2年(1212年)5月7日、20歳の時に将軍・実朝の御台所西八条禅尼)に仕える官女である佐渡守親康の娘に艶書を送り、一向になびかないので深夜に娘の局に忍んで誘い出した事が露見して実朝の怒りを買ったため、父義時から義絶され、駿河国富士郡での蟄居を余儀なくされる。1年後の建暦3年(1213年)、和田合戦の際に鎌倉に呼び戻されて兄の泰時と防戦にあたり、勇猛な朝比奈義秀と戦って負傷するも活躍した。その後、御家人として幕府に復帰する。

承久3年(1221年)の承久の乱では北陸道の大将軍として、佐々木信実結城朝広らと協力して転戦。5月30日に越後国国府に到着すると[注 1]、6月9日には越中国加賀国の国境に位置する砺波山に布陣した朝廷軍を撃破[注 2]。『承久記』慈光寺本では6月17日、『百練抄』では20日、『武家年代記』では24日には入京を果たした。戦後は、上皇方に荷担した藤原範茂の処刑を行っている。貞応2年(1223年)10月の時点で、朝時は加賀能登越中越後など北陸道諸国の守護を兼任した[注 3]

元仁元年(1224年)6月、32歳の時に義時が死去すると、泰時が六波羅探題として在京していたため、父の葬送を弟たちと共に行っている。その後、伊賀氏の変を経て泰時が3代執権となるが、この事件における朝時の動向は不明である。嘉禄元年(1225年)に越後となる。嘉禎2年(1236年)9月には評定衆に加えられるが、初参ののち即辞退しており、幕府中枢から離脱する姿勢を見せている。

6年後の仁治3年(1242年)5月17日、泰時の病による出家に伴い、朝時も翌日に出家して生西と号した。朝時の出家の直接的な理由は不明だが、泰時の死の前後、京では鎌倉で合戦が起こるとの噂が流れ、将軍御所が厳重警護され鎌倉への通路が封鎖された事が伝わっており、朝時を中心とした反執権勢力の暗闘があった事によると見られている。3年後の寛元3年(1245年)4月6日、53歳で死去。

父・兄との関係編集

正室・姫の前を母に持つ朝時は、祖父・時政の名越邸を継承しており、細川重男は時政が朝時を後継者に考えていたのではないかと推測している[4]。元久元年(1204年)11月に当初後継者として考えられてきた北条政範(牧の方との間の唯一の男子)が死去しており、細川は朝時後継が政範の死去から時政が失脚する9か月の間に浮上した構想であったとする説を唱えている(細川は朝時とその子孫である名越流が北条氏の嫡流と考え、父・義時や兄・泰時、その子孫である得宗家を庶流の江間流の人間として格下に見ていた可能性も指摘する)[5]。更に北条氏は比企氏を排除する一方で、比企氏の血を引く朝時に同氏が守護を務めた越後・越中・能登の3か国の守護を継がせていることも、比企氏の政治的立場の継承者としての価値を見いだしていた可能性を指摘している[5]。ただし、名越邸継承の時期は不明で、守護就任も時政の失脚後の話であるため、時政の真意は定かでない。父義時は朝時を一時義絶し、同母弟の重時が承久元年(1219年)に小侍所別当、貞応2年(1223年)に駿河守に任じられて朝時の官位を超越していることから、父子関係は良好ではなかったとする見解もあるが、一方で和田合戦、承久の乱で活躍して義時の遺領配分では大量の所領を与えられ、朝時の名越流は一族内でも高い家格を持つ有力な家となる。

 
「教導立志基」より『北條泰時』
小林清親

吾妻鏡寛喜3年(1231年)9月27日条によると、朝時の名越邸に強盗が入った時、泰時が政務を投げ出して駆けつけ、朝時は感激して子孫に至るまで兄への忠誠を誓ったという。しかし、泰時の死の前後、御家人達に遅れて朝時が出家した事を、都では「日頃疎遠な兄弟であるのに」と驚きと不審を持って噂されている(『平戸記』仁治3年5月17日条)。嘉禄元年(1225年)5月の義時の喪明けは、重時以下の弟が泰時に従って行っているのに対して、朝時は前日に単独で行っており(『吾妻鏡』5月11日条、12日条)、自らが北条の本流という自負を持っていた可能性もある。泰時の後継者を巡って、朝時ら名越一族に不穏な動きがあったと見られるが、詳細は明かではない。その後の名越流は得宗家に常に反抗的で、朝時の嫡男光時をはじめ時幸教時らが宮騒動二月騒動でたびたび謀反を企てている。

子女編集

経歴編集

※日付=旧暦

  • 承久2年(1220年)12月15日、式部少丞に任官。
  • 貞応2年(1223年)1月24日、式部大丞に転任。
  • 元仁元年(1224年)1月23日、従五位下に叙し、周防権守に転任。
  • 嘉禄元年(1225年)9月17日、越後守に転任。
  • 貞永元年(1232年)8月21日、従五位上に昇叙。
  • 嘉禎2年(1236年)7月20日、遠江守に遷任。 9月10日、評定衆となる。
  • 暦仁元年(1239年)7月20日、正五位下に昇叙。
  • 仁治2年(1241年)4月23日、従四位下に昇叙。
  • 仁治3年(1242年)5月10日、出家。生西と号す。

関連作品編集

テレビドラマ

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 同じ日、蒲原(親不知)では幕府軍と朝廷軍の最初の戦いが繰り広げられている。しかし、北条義時が現地指揮官(市河六郎刑部)に宛てた6月6日付け御教書[3]にはこの戦いについて「しきふのせうをあひまたす、さきさまにさやうにたゝかひして、かたきおひおとしたるよし申されたる、返々しむへうに候」とあり、朝時(式部丞)の到着を待たずに行われたことを伝えている。『承久記』などによれば、朝時はちょうどこの日、越後国の国府に到着したものと思われる。
  2. ^ 砺波山の戦いを6月9日とするのは、『吾妻鏡』等で8日に越中の般若野に着いたとされる朝時軍が翌明け方に砺波山に攻め入った(「しきぶのせい未だあけがたの事なるに、うんがのせいをもてをしよせ時をどつとつくりければ」云々)とする『承久軍物語』や夜通しかけて山を越えた(「よをこめて、いがらしとうをさきとして、山をこえけれハ」云々)とする『承久兵乱記』の記載を根拠とする。
  3. ^ 朝時の外祖父・比企朝宗は、かつて北陸道勧農使(守護の前身)として北陸地域を管轄していた。

出典編集

  1. ^ 山野龍太郎 著「鎌倉期武士社会における烏帽子親子関係」、山本隆志 編 『日本中世政治文化論の射程』思文閣出版、2012年、164頁。 
  2. ^ 今野慶信「鎌倉武家社会における元服儀礼の確立と変質」『駒沢女子大学 研究紀要』第24号、2017年、 46頁。
  3. ^ 大日本史料』第4編第16冊65-71頁
  4. ^ 細川 2011.
  5. ^ a b 細川重男 『鎌倉北条氏の神話と歴史―権威と権力』日本史史料研究会、2007年、19・33頁。 

参考文献編集

関連項目編集

  ウィキメディア・コモンズには、北条朝時に関するカテゴリがあります。

先代
-
名越流北条氏
初代
次代
北条時章