メインメニューを開く

北条 氏尭(ほうじょう うじたか、大永2年3月15日[1]1522年4月11日) - 永禄5年4月8日1562年5月10日)?)は、戦国時代武将後北条氏の一族。第2代当主・北条氏綱の四男で北条氏康北条為昌の弟。幼名は菊王丸。通称は十郎、官位は左衛門佐。

三兄為昌の死後、叔父北条幻庵の後見を受けながら、上野平井城の城将を務めたり、房総半島に進軍するなど弘治年間から活躍するようになる。永禄3年(1560年)には幻庵の長子三郎が死去したため武蔵小机城主となり、翌年には長尾景虎の関東進出により河越城に入城し、長尾軍攻撃を死守している(小田原城の戦い)。一方で伊達氏の史料伊達文書から伊達氏と外交交渉を行っているなど後北条氏において重要とされる将だった。

しかし、同5年(1562年)以降には氏尭に関する史料が現在見当たらないため、おそらくこの前後に死去したと思われる。

長らく北条氏康の九男氏光と同一人物とされてきたが、佐脇栄智の研究で氏尭の生年がはっきりした結果、氏康と7歳しか違わないことや氏光の存在も明確になっているので、現在は氏綱の四男で氏康の弟という見方が支配的である。この問題は氏康の子供のうち、明確に生年がわかっているのは氏政氏規桂林院殿(北条夫人)ぐらいで後は諸説あることが問題の引き金になっている。一方で、氏康の六男(七男説もある)氏忠と氏光は氏尭の子で死後養子に出されたのではという説もある。また、娘は正木頼忠室になったという(北条氏隆の娘または田中泰行の娘とも)。

参考文献編集

  • 黒田基樹著 戦国北条一族 ISBN 440403251X C0021
  • 歴史群像シリーズ14 新説北条五代 早雲と一族、百年の興亡 (1989年、学習研究社)

脚注編集

  1. ^ 兼見卿記、永禄2年(1559年)の記録より