メインメニューを開く

北条氏規

戦国武将。北条氏康の子

北条 氏規(ほうじょう うじのり)は、戦国時代安土桃山時代武将北条氏康の四男で、氏政氏照氏邦の同母弟。相模三崎城主、伊豆韮山城城代

 
北条氏規
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文14年(1545年
死没 慶長5年2月8日1600年3月22日
別名 仮名:助五郎
戒名 一睡院殿勝譽宗円大居士
墓所 専念寺大阪府大阪市
官位 従五位下美濃守左馬助
主君 北条氏康北条氏政北条氏直豊臣秀吉豊臣秀頼
氏族 後北条氏
父母 父:北条氏康、母:瑞渓院今川氏親女)
兄弟 新九郎氏政七曲殿氏照尾崎殿
氏規、長林院殿、蔵春院殿
氏邦上杉景虎浄光院殿桂林院殿
正室:高源院(北条綱成女)
氏盛、菊千代、勘十郎、松千代、女(北条直定室)、女(白樫三郎兵衛室)、女(東条長頼室)

目次

生涯編集

今川家の人質として編集

天文14年(1545年)、第3代当主・北条氏康の四男として生まれる。 早川殿が幼少であるため、今川氏真と婚姻することができないので代わりに人質として送られたとされている。[1][2] 天文23年(1553年)、氏真と早川殿の婚姻は行われるが、氏規はその後も駿府に滞在した。出産できる年齢ではなかったためとされている。 弘治2年頃に氏照が大石家を継承することになると、氏規は氏政に継ぐ後継スペアの地位につくことになった。[2]

元服の時期は明確ではないが、駿府の義元のもとで行われた。永禄3年(1560年)に義元に元服後の助五郎で呼ばれている書状[3][4]がある。 氏真には兄弟はなく、同世代の瀬名信輝くらいしか見当たらない状況にあり、氏規が駿府に滞在し続けたのは北条御一家衆としてよりも今川御一家衆としての立場が優先されたためと見られている。 [注釈 1][注釈 2]。 また、義元は朝比奈泰知(泰能の甥)の子とされる朝比奈泰寄と同族の泰栄を氏規に付け、後に両名はそのまま氏規の家臣になったとされている[7]

帰還後編集

氏規は永禄5年(1562年)6月から永禄7年(1564年)6月8日の間に北条家に帰還した[8][9]

永禄9年(1566年)頃(とみられている)、『光源院殿御代當参衆並足軽以下衆覚』に父氏康、当主で兄の氏政とともに室町幕府将軍家直臣として氏規の名前があり、この時点でも氏康の次男的地位と位置づけられている[10][11]

また、同年からは北条綱成から北条為昌の菩提者としての地位を岳父綱成から引き継ぎ、永禄10年(1567年三浦郡の支配権を綱成から、三浦衆の軍事指揮権を氏康から引き継いで、三浦郡の支配拠点であった三崎城を本拠にし、房総方面への軍事行動を担うようになった。[11]永禄12年(1569年)に北条氏と武田信玄の抗争が開始されると伊豆防衛を担うようになり、徳川家など西方の政治勢力との外交交渉を担当するようになった。[注釈 3]

同年より氏照が氏規の上位に位置付けられ、後継スペアという立場にはなくなったとみられている。[注釈 4]天正4年(1576年)から左馬助を名乗るようになり、[注釈 5]。 天正5年(1577年)年美濃守に改める。同年9月、北条氏は房総半島里見氏を中心とした勢力を平定すべく出兵した。氏政が東上総方面から本軍を率いて陸路侵攻し、氏規は海路から西上総に侵攻する両面作戦を展開。氏政は上総武田氏を従属させ、氏規は安房里見氏の本拠佐貫城に迫り圧力をかけた。10月に里見義弘が和睦を申し出、これを氏政は受け入れ、次女竜寿院が義弘の嫡子里見義頼に嫁ぐことで同盟関係を築くことになった(房相一和[13]

天正10年(1582年)織田氏による武田征伐が始まり、北条氏も氏政、氏直が駿河方面に出陣した。氏規は源五郎とともにこの先陣の総大将に任じられている[14]。 同年の天正壬午の乱では氏規は伊豆から駿河に侵攻し、9月12日徳川家康方の三枚橋城を攻撃せんとするも迎撃されている。三枚橋城は落城せず、25日には氏政も出陣したものの城の攻略はできなかった。しかし御厨地域を征圧している[15]。 10月になって織田体制の織田信雄織田信孝双方から徳川、北条両家に対して和睦の勧告があり、氏規は交渉担当となり10月29日に和睦は成立した[16]

天正14年(1586年)3月8日並びに11日、氏政と徳川家康が伊豆駿河国境で直接会談に及んだ。11日に氏規は家康を三枚橋城まで送る役を命じられ、家康は労として氏規に兵糧米1万俵を贈り、宿老朝比奈泰寄にも別に兵糧米1000俵を与えられている[17]

氏規は北条家の当主に代わって上洛し、日本の大半を支配していた豊臣秀吉と数度の交渉に当たっている。しかし、最終的に氏規の働きは報われず、天正18年(1590年)、豊臣秀吉による北条氏追討の戦い、いわゆる「小田原征伐」が始まった。氏規は最前線のひとつである伊豆韮山城の守備を担当し、40,000の豊臣方(総大将は織田信雄)を相手に3,640余とされる寡兵で4ヶ月以上の間抗戦するという善戦ぶりを見せたが、最終的には家康と黒田官兵衛の説得を受けて開城した[18]

戦後は、高野山蟄居処分となった北条氏直に従って高野山に赴いて蟄居した。のちに秀吉に許され、天正19年(1591年)には河内国丹南郡2,000石、文禄3年(1594年)には河内国の河内郡に6,980石を宛てがわれ[19]、万石以下ながら狭山城主として相応の礼節を持って報いられている。なお氏直も同時に許され天正19年(1591年)8月に1万石の大名として復帰したが同年11月に病死しており、その遺領のうち4,000石を氏直の養子となった氏規の長男・氏盛が継いでいる。

慶長5年(1600年)2月8日、病死。享年56。墓所は大坂の専念寺、法名は一睡院殿勝譽宗円大居士。氏盛による継承が認められ、それまでの領地と合わせ1万1千石となり北条家は大名に復した。

その子孫は狭山藩主として、明治維新まで存続した。

妻子について編集

  • 妻高源院は、北条綱成晩年の子であったとされる。曾孫氏宗の代の寛永5年(1628年)6月14日に死去。法名は高源院殿玉誉妙顔大禅尼[20][21]
  • 氏規の子女については、「寛永諸家系図伝」などでは四男三女が挙げられている[22]。「高室院文書」では次男として竜千代の存在が確認できる。系図では三男勘十郎のみ幼名が伝えられていないから、竜千代がそれにあたる可能性がある。次男菊千代、四男松千代は早世したと伝えられ、次男菊千代が早世したため、三男竜千代が次男と称されたと考えれば整合的に解釈できる[23]
    • 三男勘十郎は天正8年(1580年)生まれ。幼名を竜千代と称したとみられる。天正15年(1587年)3月21日に、家臣朝比奈泰寄を子・勘十郎の陣代に任じている[24]。天正18年(1590年)1月には竜千代の被官が、本拠の三崎城小田原城に籠城している[25]。既に竜千代衆ともいうべき独自の家臣団が編成されている。滅亡後は氏規と共にし、天正19年(1591年)12月27日には在京している[26]。その後の動向は勘十郎と同一人物とすれば、竜千代は豊臣秀次に仕え、秀次改易後は家康に仕えた。慶長5年(1600年)1月21日、父より1ヶ月前に死去。享年21。法名は松竜院殿月照梅翁大禅定門[20][27]
    • 北条直定室は元和3年(1617年)6月18日に死去、法名智清禅定尼。日牌は子氏時によって、氏時の紀伊入国後の元和9年(1623年)に建立された[27]
    • 白樫三郎兵衛室は、元和元年(1615年)9月5日死去、法名安養院殿光誉松顔大禅定尼[20]。白樫氏は紀伊出身で浅野氏家臣と思われる[28]
    • 娘の東条長頼室は、具体的なことは伝えられていない。東条長頼は受領名紀伊守を称し、父行長が豊臣家から徳川家に転じたのに伴い、当初から家康に仕え、家康の旗本になったとされる[29][28]

人物編集

  • 改正三河後風土記」では、氏規を「智謀と武勇、双方の研鑽に励む北条一族の名将である」と称賛している[30]
  • 徳川家康から北条氏規宛の書状などが多数現存しており、後述の豊臣秀吉北条氏上洛を求めた際には、家康からの働きかけは氏規に対するものが多く、家康が氏規を北条氏の窓口役として見ていた事実が伺える。
  • 駿府人質時代に家康も駿府で人質となっていたため、この頃から二人に親交があったとする説があり、『大日本史料』などはこの説を載せている。また『駿国雑誌』(19世紀前期の駿河国の地誌、阿部正信著)、『武徳編年集成』では、家康と住居が隣同士だったとも伝えている。
  • 今川義元が小田原に赴きその帰途の途中、「かみ」にも伝言を伝えられている。「かみ」は通常、母か妻を指す用語で義元と氏規の関係でいえば、寿桂尼は「大方様」と記されるはずであり、義元の正室はおらず、瑞渓院も小田原にいて該当しないため、残るのは氏規の妻ということになる。氏規が駿府時代に妻を娶ったことはこれまでわかっていないが、駿府で元服後、義元の仲介によって妻を娶った可能性を黒田基樹は指摘している[注釈 6]

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 黒田基樹は仮名の助五郎は今川家の仮名五郎に因むものとし、氏真を一門衆で助けるという見方、もしくは今川御一家衆に関口刑部少輔家の後継者に位置付けられたとしている[5]
  2. ^ 下山治久は義元の養嗣子となり、氏真に次いで次男扱いであったとしている[6]
  3. ^ 今川家で成長したことや室町幕府直臣の立場からの延長に位置したと考えられている。[12]
  4. ^ 既に氏政に子が数人存在するため弟でその役割は不要になったためと考えられている[12]
  5. ^ これは初代玉縄城主北条氏時が名乗っていたもので氏規はその家格を継承する存在であったと考えられている[12]
  6. ^ 関口氏広の後継者とされていた場合、家康とは相婿の関係になり、隣同士の伝承も自然なこととして受け止めることもできると指摘している。[31]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 北条氏康の子供たち 2015.
  2. ^ a b 北条氏康の妻 瑞渓院 政略結婚から見る戦国大名 2017, pp. 88.
  3. ^ 『来連川文書』戦国遺文後北条氏編4463
  4. ^ 北条氏康の妻 瑞渓院 政略結婚から見る戦国大名 2017, pp. 89.
  5. ^ 北条氏康の妻 瑞渓院 政略結婚から見る戦国大名 2017, pp. 89-90、193-195.
  6. ^ 後北条氏家臣団人名辞典 2006.
  7. ^ 北条氏規家臣朝比奈氏について 2017.
  8. ^ 「小西八郎氏収集朝比奈文書」
  9. ^ 北条氏康の妻 瑞渓院 政略結婚から見る戦国大名 2017, pp. 90.
  10. ^ 『光源院殿御代當参衆並足軽以下衆覚』『後鑑』所収
  11. ^ a b 北条氏康の妻 瑞渓院 政略結婚から見る戦国大名 2017, pp. 91、194.
  12. ^ a b c 北条氏康の妻 瑞渓院 政略結婚から見る戦国大名 2017, pp. 92.
  13. ^ 北条氏政 乾坤を截破し太虚に帰す 2018, pp. 123.
  14. ^ 北条氏政 乾坤を截破し太虚に帰す 2018, pp. 167.
  15. ^ 北条氏政 乾坤を截破し太虚に帰す 2018, pp. 191.
  16. ^ 北条氏政 乾坤を截破し太虚に帰す 2018, pp. 194-195.
  17. ^ 北条氏政 乾坤を截破し太虚に帰す 2018, pp. 216-218.
  18. ^ 北条五代記
  19. ^ 豊臣秀吉知行方目録(神奈川県立歴史博物館蔵)(横浜市歴史博物館 1999, p. 32(写真掲載))
  20. ^ a b c 「北条家過去帳」
  21. ^ 戦国北条一族 2005, pp. 213.
  22. ^ 北条氏康の妻 瑞渓院 政略結婚から見る戦国大名 2017, pp. 194.
  23. ^ 戦国北条一族 2005, pp. 213-214.
  24. ^ 「朝比奈文書」
  25. ^ 「岡本文書」
  26. ^ 「高室院文書」
  27. ^ a b 戦国北条一族 2005, pp. 214.
  28. ^ a b 戦国北条一族 2005, pp. 215.
  29. ^ 「寛永諸家系図伝」
  30. ^ 戦国・北条一族 2009, pp. 256.
  31. ^ 北条氏康の妻 瑞渓院 政略結婚から見る戦国大名 2017, pp. 186-187.

参考文献編集

関連作品編集

関連項目編集