メインメニューを開く

北条 泰家(ほうじょう やすいえ)は鎌倉時代末期から南北朝時代にかけての北条氏の一族。鎌倉幕府の第9代執権北条貞時の四男。14代執権・北条高時の同母弟に当たる。

 
北条泰家
時代 鎌倉時代末期 - 南北朝時代初期
生誕 不詳
死没 建武2年(1335年)頃?
改名 時利(初名)→時興→泰家
別名 相模四郎
官位 従五位下、左近将監
幕府 鎌倉幕府
主君 守邦親王
氏族 北条氏得宗
父母 父:北条貞時、母:覚海円成安達泰宗の娘)
兄弟 覚久菊寿丸高時泰家崇暁金寿丸千代寿丸、他女子
兼寿丸菊寿丸金寿丸千代寿丸

生涯編集

はじめ、相模四郎時利と号した。正中3年(1326年)、兄の高時が病によって執権職を退いたとき、母大方殿(覚海円成)と外戚の安達氏一族は泰家を後継者として推すが、内管領長崎高資の反対にあって実現しなかった。長崎氏の推挙で執権となった北条氏庶流北条貞顕が15代執権となるが、泰家はこれを恥辱として出家、多くの人々が泰家と同調して出家した。憤った泰家が貞顕を殺そうとしているという風聞が流れ、貞顕は出家してわずか10日で執権職を辞任、後任は北条守時となり、これが最後の北条氏執権となった(嘉暦の騒動)。正慶2年/元弘3年(1333年)、幕府に反旗を翻した新田義貞が軍勢を率いて鎌倉に侵攻してきたとき、幕府軍を率いてこれを迎撃し、一時は勝利を収めたが、その勝利で油断して新田軍に大敗を喫し、家臣の横溝八郎などの奮戦により鎌倉に生還。幕府滅亡時には兄の高時と行動を共にせず、兄の遺児である北条時行を逃がした後、自身も陸奥国へと落ち延びている。

その後、京都に上洛して旧知の仲にあった西園寺公宗の屋敷に潜伏し、建武2年(1335年)6月に公宗と共に後醍醐天皇暗殺を企むも、事前に計画が露見して公宗は殺害された。ただし、泰家は追手の追跡から逃れて各地の北条氏残党に蜂起を促し、これに呼応した信濃の北条時行諏訪頼重が挙兵して鎌倉将軍府を陥落させた(中先代の乱)。

市河文書』によれば建武3年2月、南朝に呼応して信濃国麻績御厨で挙兵し、北朝方の守護小笠原貞宗村上信貞らと交戦したとされるが、その後の消息は不明。一説には建武2年末に野盗によって殺害されたとも言われているが、『太平記』においても建武2年の記述を最後に登場することが無いので、恐らくはこの前後に死去したものと思われる。

小説編集

参考文献編集

  • 北条氏系譜人名辞典(新人物往来社)

関連項目編集