メインメニューを開く
春の北沢川l緑道、代沢三丁目付近。

北沢川(きたざわがわ)は、かつての目黒川の支流のひとつ。東京都世田谷区内を流れる二級河川であった[1]。現在は全面的に暗渠化され、下水道に転用されている。

地理編集

本来の源頭地は東京都世田谷区上北沢東京都立松沢病院付近[2]。 これに、北方を流れる玉川上水からの分水を引き込んでいた[3]

病院付近から南東に向かい、小田急線経堂駅北方で東へ転流し、豪徳寺駅のすぐ北をかすめ、梅ヶ丘駅の東で線路をくぐる。さらに東南東へ流下し、環七通り茶沢通り淡島通りを越え、池尻大橋駅西方で烏山川と出会い、目黒川となる。

通過する地域は、上北沢桜上水赤堤/宮坂豪徳寺松原/梅丘代田代沢池尻/三宿の各地域(いずれも世田谷区内。"/"は境界を流れるの意)。

支流編集

左岸(流路北側)にのみいくつかの支流があった。いずれも暗渠となっている。特に名前のついているものは以下の2つ。

  • 森巌寺川(しんがんじがわ) - 区立北沢中学校近辺から下北沢駅の東を通り、茶沢通りのルートを南下して、代沢小学校の端で北沢川に合流。
    • だいだらぼっち川 - 森厳寺川の支流。下北沢駅西方を南流。源頭はもと大きな湧水窪地で、「ダイダラ坊の足跡」であるとされ、これが「代田」の名の由来にもなったという[1]

歴史と現況編集

元来は流量の少ない川だったが、1658年万治元年)に玉川上水からの分水(北沢分水)を認められ、上水から水源地付近まで導水するようになった[3]。以来、北沢用水として親しまれつつ、一帯の田畑を潤してきた[4]。江戸時代の下北沢村開拓に密接に関係した歴史を持つ。

昭和に入る頃から周辺の都市化が始まり、多くの都市河川と同様、水質の悪化が徐々に進行した。1970年代から1980年代にかけてほぼ全域を暗渠化。現在は下水道(北沢幹線)として利用されている[5]

北沢川緑道編集

平成になると[要出典]暗渠地上部の緑道化が進められてきた。現在では、北沢川暗渠のほとんど全部(桜上水5丁目付近から下流)が緑道として整備されている。

1995年平成7年)、東京都の「城南三河川清流復活事業」により、落合水再生センターからの高度処理水が目黒川(北沢川の下流)に通水された。 これを受けた世田谷区は都に交渉、「水質を劣化させることなく目黒川へ水を落とすこと」「費用はすべて区が負担すること」などを条件に処理水の一部の融通を受け、この水を利用して翌1996年(平成8年)より、目黒川の上流部にあたる北沢・烏山両河川暗渠上の緑道に沿って人工の“せせらぎ”(小川)を造成する作業を進めてきている[6]が、北沢川については既に全計画区間(環七通りを横切る「宮前橋」[7]より下流)の完成を見ており、随所に見られる桜並木とともに、区民の憩いの場として親しまれるようになってきている。

せせらぎの計画水量は2,200m3[4][8]。東京都との取り決めにより水質の劣化は許されないため、送られてきた高度処理水をさらに浄化した上で放流している[4]。この水は、烏山川との合流地点以下では引き続き「目黒川緑道」を流れ、緑道の終了する池尻大橋地点近傍にて目黒川へと放流されている。

水辺には、小魚[9]、カモ類、ドブネズミなどが見られるほか、中流あたりにはザリガニが多く、子どもたちの格好の遊び相手となっている。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 下水道転用後もその地位は存続している。#外部リンク「代沢せせらぎ緑道」を参照。
  2. ^ 主要な水源のひとつであったとされる「将軍池」が病院敷地内に残っており、隣接地が「将軍池公園」として公開されている。この池は大正時代に、もともとの湧水地をもとにして、患者の作業療法も兼ねて池を掘り広げたものだという。
  3. ^ a b 導水路は時代によりいくつかあったが、一部の遺構が今も遺る。参考: 『ふるさと世田谷を語る』(世田谷区)。また#外部リンクの「北沢川」も参照のこと。
  4. ^ a b c #外部リンク「代沢せせらぎ緑道」を参照。
  5. ^ 下水は目黒川に並行して走る目黒川幹線を経て、森ヶ崎水再生センターへと送られている。なお、淡島通りやや東に越流枡があり、大雨時には目黒川へも水を流している。
  6. ^ あわせて老朽化した緑道の再整備も行っている。#外部リンク「水辺の再生計画について」(リンク先「その4」)に、「ふれあいの水辺事業 北沢川緑道、烏山川緑道及び目黒川緑道整備実施計画」について解説されている。
  7. ^ この近辺の環七通りの場所には、以前には代田八幡宮への参道が南北に伸びていて、そこに架かる橋であった。
  8. ^ 実績値はこれを幾分下回るのが通常である。
  9. ^ 上流側の区間に多くの魚影を見るが、詳細不明。

外部リンク編集