北浜駅 (北海道)

日本の北海道網走市にある北海道旅客鉄道の駅

北浜駅(きたはまえき)は、北海道網走市字北浜にある北海道旅客鉄道(JR北海道)釧網本線である。駅番号B76電報略号キマ[1]

北浜駅
Kitahama-STA.jpg
駅舎(2021年5月)
きたはま
Kitahama
B77 藻琴 (2.8 km)
(5.4 km)
(臨)原生花園 B75
所在地 北海道網走市字北浜無番地
北緯43度57分30.26秒 東経144度21分9.49秒 / 北緯43.9584056度 東経144.3526361度 / 43.9584056; 144.3526361
駅番号 B76
所属事業者 北海道旅客鉄道(JR北海道)
所属路線 釧網本線
キロ程 11.5 km(網走起点)
電報略号 キマ
駅構造 地上駅
ホーム 1面1線
乗降人員
-統計年度-
26人/日
-2014年-
開業年月日 1924年大正13年)11月15日
備考 無人駅
テンプレートを表示

概要編集

北浜地区のもっとも網走市街寄りに位置し、集落からはやや外れている。

1980年(昭和55年)に19代駅長・木村茂が待合室にらくがき帳を設置したのを皮切りに、「オホーツク海に一番近い駅・海岸まで20メートル」の看板の設置や入場券を買った旅行客に威嚇前浜で拾った貝殻に「通行証」とペンキで描いた記念品を手渡すなどの独自のサービスを行うようになってから観光客が増え始めた[2]。 このサービスは無人駅となった後も、旧駅長室で軽食喫茶店「停車場」を営む藤江良一の手で切符を売る駅業務の代行とともに続けられている[2]

歴史編集

1977年の北浜駅と周囲約500m範囲。左が網走方面。オホーツク海岸に接している。単式ホーム1面1線と、間に細い積卸場が挟まる形で貨物積卸線が2本、駅舎横の網走側に貨物ホームと引込み線を有する。貨物荷物取扱廃止に伴い貨物線がすべて撤去されたのち、釧路側駅裏に保線車用引込線が敷かれた。国土交通省 国土地理院 地図・空中写真閲覧サービスの空中写真を基に作成
 
引込線が確認できる(2003年4月)

駅名の由来編集

もともと同地は濤沸(とうふつ)と呼ばれていたが「既設駅名(引用注:十弗駅)と紛れやすい為[7]」、また「同音の地名が他にも多いため[3]」混同を避け、当地が「見(引用注:北見国)のにあたる[3]」として「北浜」と名づけられた[7][3]

駅構造編集

単式ホーム1面1線をもつ地上駅知床斜里駅管理の無人駅である。

ホームは4両分程度の長さをもつ。

駅舎内には、かつての駅事務室を改装した喫茶店「停車場」が営業している[2][8]1986年[2]東京で修行していたマスターが旧事務室にオープンしたもので、店内の椅子や網棚などは、旧型客車で使用されていたものを再利用している。店内からはオホーツク海を眺めることができる。待合室の壁面は、旅行者が訪問の足跡として貼った名刺や切符などで埋め尽くされている。

駅舎の網走寄りには流氷見学用の展望台が設けられている。

利用状況編集

  • 2012 - 2016年(平成24 - 28年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は15.8人[9]
  • 2013 - 2017年(平成25 - 29年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は13.8人[10]
  • 2014 - 2018年(平成26 - 30年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は12.0人[11]
  • 2015 - 2019年(平成27 - 令和元年)の乗車人員(特定の平日の調査日)平均は8.8人[12]

1日の平均乗降人員は以下の通りである。[13][14]

乗降人員推移
年度 1日平均人数
2011 50
2012 38
2013 30
2014 26

駅周辺編集

その他編集

ロケ地としての当駅編集

当駅は1965年昭和40年)4月に封切りとなった映画「網走番外地」第一作で「網走駅」として囚人を駅から護送するシーンのロケ地として用いられたことで知られている[2]

その後もドラマ『みにくいアヒルの子』など多くの映画やテレビドラマなどの撮影で利用され、中国映画狙った恋の落とし方。』で登場した際は中国国内における北海道ブームも相まって、来駅する中国人観光客が増加したこともある[2][16][17]

隣の駅編集

北海道旅客鉄道(JR北海道)
釧網本線
快速「しれとこ摩周号」・普通
藻琴駅 (B77) - 北浜駅 (B76) - *(原生花園駅 (B75) - 浜小清水駅 (B74)
*:原生花園駅停車は5月1日 - 10月31日(ただし、一部の普通列車は通年通過)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 宮脇俊三原田勝正『北海道630駅』二見康生、小学館〈JR・私鉄各駅停車〉、1993年6月20日、140頁。ISBN 4-09-395401-1
  2. ^ a b c d e f 加賀元 (2011年9月25日). “駅 人 話 北浜駅”. 朝日新聞(朝日新聞社)
  3. ^ a b c d 『北海道 駅名の起源』日本国有鉄道北海道総局、札幌市、1973年3月25日、第1版、166頁。ASIN B000J9RBUY
  4. ^ a b c 曽根悟(監修)『週刊 歴史でめぐる鉄道全路線 国鉄・JR』28号・釧網本線/石北本線、朝日新聞出版分冊百科編集部(編集)、朝日新聞出版〈週刊朝日百科〉、2010年1月31日、14-15頁。
  5. ^ a b c 石野哲(編)『停車場変遷大事典 国鉄・JR編 Ⅱ』JTB、1998年、926頁。ISBN 978-4-533-02980-6
  6. ^ “「通報」●飯田線船町駅ほか13駅の駅員無配置について(旅客局)”. 鉄道公報 (日本国有鉄道総裁室文書課): p. 1. (1984年2月28日) 
  7. ^ a b 『駅名の起源』札幌鉄道局編、北彊民族研究会、1939年、110頁。NDLJP:1029473
  8. ^ 「存廃に揺れる北辺の本線」『鉄道ジャーナル』No.610、2017年8月、 51頁。
  9. ^ 釧網線(東釧路・網走間), (日本語) (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区) (北海道旅客鉄道), (2017年12月8日), オリジナルの2017年12月9日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20171209102545/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/senku/pdf/senku/08.pdf 2017年12月10日閲覧。 
  10. ^ 釧網線(東釧路・網走間), (PDF), 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために) (北海道旅客鉄道株式会社): p. 3, (2018年7月2日), オリジナルの2018年8月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20180818153329/http://www.jrhokkaido.co.jp/corporate/region/pdf/senku/08.pdf 2018年8月19日閲覧。 
  11. ^ 釧網線(東釧路・網走間) (PDF)”. 線区データ(当社単独では維持することが困難な線区)(地域交通を持続的に維持するために). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2019年10月18日). 2019年10月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年10月18日閲覧。
  12. ^ 釧網線(東釧路・網走間) (PDF)”. 地域交通を持続的に維持するために > 輸送密度200人以上2,000人未満の線区(「黄色」8線区). 北海道旅客鉄道. p. 3 (2020年10月30日). 2020年11月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月2日閲覧。
  13. ^ 国土数値情報 駅別乗降客数データ - 国土交通省、2020年9月24日閲覧
  14. ^ 北海道の交通関係 2020年9月24日閲覧
  15. ^ 北浜駅前”. NAVITIME. 2019年9月2日閲覧。
  16. ^ オホーツク園観光連盟 - 中国映画「非誠勿擾」大ヒット
  17. ^ オホーツクの地域情報 経済の伝書鳩 - 網走に中国人観光客が急増

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集