北海タイムス

北海タイムス
種類 日刊紙
サイズ ブランケット判

事業者 北海タイムス社
本社 北海道札幌市中央区
創刊 1887年1月(北海新聞)
廃刊 1998年9月2日
言語 日本語
株式会社北海タイムス社
HOKKAI TIMES
本社所在地 日本
北海道札幌市中央区
事業内容 情報・通信業
設立 1946年(新法人)
業種 情報・通信業
テンプレートを表示

北海タイムス(ほっかいタイムス Hokkai Times)は北海道札幌市を中心とした広域で発行されていた地方新聞である。

目次

歴史編集

1887年1月、札幌にて『北海新聞(ほっかいしんぶん)』が創刊される。10月、『北海道毎日新聞(ほっかいどうまいにちしんぶん)』に改題。1901年9月5日に『北門新報』及び『北海時事』と合併し、新たに『北海タイムス』を創刊。しかし、戦時統合で1942年11月1日、『北海道新聞』に統合され、終刊。

1946年8月3日、戦前の『北海タイムス』の有志の手により『新北海(しんほっかい)』として創刊。 一方1946年8月31日、北海道新聞の僚紙として『夕刊北海タイムス(ゆうかんほっかい - )』が再刊される。 1949年10月1日『新北海』が『夕刊北海タイムス』を合併し、『北海タイムス』と改題。 1951年9月1日、『小樽タイムス』を合併し、1958年1月3日には旭川の『北海日日新聞』を、5月には釧路の『東北海道新聞』を合併。全道に販売網を広げる。

1953年12月10日釧路地方裁判所での強盗殺人事件の公判中、北海タイムズ釧路支社報道部所属のカメラマンが記者席を離れて裁判官席のある壇上に登り、裁判長の制止を無視して被告人を撮影する。カメラマンは法廷の秩序を乱したとして過料に処せられる。カメラマンは報道と取材の自由を主張して最高裁へ特別上告するも、敗訴した(北海タイムス事件)。

1959年4月1日北炭毎日新聞社東急日本テレビフジテレビ等と共に設立した札幌テレビ放送(STV)を開局。

1962年5月1日東京の日刊スポーツ新聞社と提携し、設立した北海道日刊スポーツ新聞社より『日刊スポーツ』北海道版を創刊。また、1981年12月1日には東京の日刊ゲンダイと提携して『日刊サッポロ』を創刊した。

しかしながら、昭和30年代(1955年1964年)半ばより産経を除く東京の各紙が北海道に進出。これに防戦する北海道新聞との間で挟み撃ちになる形で、絶えず経営難に悩まされることになる。さらに1996年に親会社が京都科学技術学園を中心とする「科技専グループ」に変わり、オーナーの山崎種三が新社長に就任すると、山崎と旧経営陣・社員が対立、山崎が旧経営陣を解任したり、全員解雇や廃刊を実施しようとするなどして泥沼化、1998年7月末に山崎が辞めたあげく、9月1日に経営悪化から自己破産を申請して倒産、翌9月2日休刊した。

その後山崎は破産宣告を受け、翌1999年にはフィリップス大学日本校跡地売却に絡む背任容疑で逮捕されている。

同社をメインに設立したSTVが1973年より読売新聞の系列下に入った関係からか、『北海タイムス』の題号商標は一時、読売新聞東京本社が保有したが、現在は保有していない。また、タイムス主催イベントの多くも読売新聞北海道支社が引き継いでおり、さっぽろ雪まつりにおいては大通4丁目の「タイムス雪のひろば」を引き継ぐ形で「よみうり雪のひろば」として、第60回(2009年)まで1丁目の「よみうりファミリーランド」との2箇所で展開していたが、第61回(2010年)はSTVとの共同運営「STV・よみうり広場」に移行し、第64回(2013年)を最後に撤退。

地方版(1993年7月時点)編集

備考編集

  • 1987年3月下旬まで(開始年月不詳)、STVテレビで「タイムスニュースレーダー」という、5分間の地域ニュース番組を毎週日曜日に放送していた(当初は午後3時台、1980年代前半から午前9:55から5分間(ミユキ野球教室の後)、1986年1月からは午前6時台のオープニング後)。また、STVラジオのニュースは「タイムスニュース」の番組名称だった。
  • 1997年までJRA札幌競馬場タイムス杯競走が実施されていた。1998年も実施予定だったが、休刊に伴いハーベストステークスにレース名が変更となった。
  • 1981年8月3日に社史『北海タイムス三十五年史』を発行している。

関連項目編集

  • 札幌タイムス - (新)北海タイムス休刊後、同紙の有志により創刊された新聞。
  • 札幌国際ハーフマラソン - かつて(新)北海タイムス主催により「タイムスマラソン」として開催されていた。
  • さっぽろ雪まつり - 永らく「タイムス雪の広場」を設営。後援者に名を連ねていた。
  • 北海道日刊スポーツ新聞社 - (新)北海タイムスが会社設立に関わった。
  • タカアンドトシ - 吉本興業札幌事務所在籍時に(新)北海タイムスのCMに出演していた。
  • 北海道音楽大行進 - (旧)北海タイムス旭川支社長の働きかけが、第一回開催につながる。戦後の復活第一回開催の主催には、経営統合前の北海日日新聞が、統合後はそのまま経営破綻するまで(新)北海タイムス社が主催者に名を連ねる。
  • 増田俊也 - (新)北海タイムスの元記者。小説『北海タイムス物語』を執筆。