メインメニューを開く

北海学園大学短期大学部(ほっかいがくえんだいがくたんきだいがくぶ)は、北海道札幌市豊平8条7丁目60番地 [1][2]に本部を置いていた日本私立大学である。1950年に設置。学生募集は1967年度まで[5]1968年度より北海学園大学工学部の設置により短期大学は学生募集を停止し、1969年3月31日廃止[6]

北海学園大学短期大学部
大学設置 1950年
創立 1885年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 私立
設置者 学校法人北海学園
本部所在地 北海道札幌市豊平8条7丁目60番地 [1][2]
学部 土木科
第一部
第二部
経済科
第一部[3]
第二部[4]
テンプレートを表示

概要編集

大学全体編集

  • 1950年に北海短期大学として設置されたことにはじまる。学校法人北海学園により運営され、当初は、独立型だったが北海学園大学開学後は併設された形で学生受入れが行われていた。

教育および研究編集

  • 当初は経済科が設置され、Ⅰ部が大学に譲渡されたためⅡ部のみとなる。後に土木科が設置されるようになる。

沿革編集

略歴編集

  • 大学設立するにあたって、当初札幌文科専門学院との統合計画も持ち上がるものの、双方の意見の対立によって破談となり、「札幌」の名を冠した短期大学にする予定であったが、1950年札幌短期大学に先を越され、間も無く北海英語学校の「北海」の名を冠した北海短期大学として創立する事に収まった。[7]

年表編集

  • 1885年 北海英語学校が創設される。
  • 1949年 各種学校北海学院設立
  • 1950年 北海短期大学開学。北海短期大学開学に伴い北海学院廃止。
    • 経済科
      • 第一部
      • 第二部
  • 1955年 大学と併用の1号館校舎が完成
  • 1962年 土木科を増設(在学者数は第一部で男子59、第二部で男子52[8]
  • 1965年 北海学園大学短期大学部と改名。
  • 1967年度をもって学生募集が最終となる[5]:この年度における学生総数は第一部で137(うち女子1)、第二部で128(うち女子1)となっている[9]
  • 1969年3月31日廃止[6]

基礎データ編集

所在地編集

  • 北海道札幌市豊平8条7丁目60番地[1][2]
  • 北海道札幌市南26条西11丁目[1][2]

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 経済科
  • 土木科
    • 第一部
    • 第二部

専攻科編集

  • なし

別科編集

  • なし

取得資格について編集

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

歴代学長編集

  • 以下、就任年を示す。
北海短期大学編集
北海学園大学短期大学部編集

教職員編集

出身者編集

施設編集

キャンパス編集

  • キャンパスは当初、北海高等学校、札幌商業高等学校(現・北海学園札幌高等学校)のある経済科を設置した北海道札幌市豊平8条7丁目60番地のみだったが、1962年より北海道札幌市南26条西11丁目に土木科を設置した。なお、南26条西11丁目のキャンパスは北海道からの払い下げの元警察学校校舎(木造2階建て)を使用した。

対外関係編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 現在、後身校である北海学園大学は、札幌市豊平区旭町4丁目1-40にある。
  2. ^ a b c 豊平8条7丁目60番地は、現在、北海学園大学豊平キャンパスのある「札幌市豊平区豊平区4丁目1-40」に住居表示が変更されている。南26条西11丁目は、現在、北海学園大学山鼻キャンパスのある「札幌市中央区南26条西11丁目1番1号」に住居表示が変更されている。
  3. ^ a b 募集は1951年度まで。1953年3月31日廃止
  4. ^ a b 募集は1965年度まで
  5. ^ a b 土木科(第一部・第二部)のみ
  6. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』256頁より。
  7. ^ 北海道21世紀タイムス編『北海学園120年の群像』(北海道21世紀タイムス、2005年)「佐藤吉蔵の頁の記事より」
  8. ^ 昭和38年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略す。)23頁より。
  9. ^ 昭和43年度版『総覧』28頁より。
  10. ^ 昭和41年度『総覧』(27頁)によれば、最終募集年度における学生数は161(うち女子9)となっている。
  11. ^ 1955年度版『教員養成課程認定大学短期大学一覧』51ページ「北海短期大学」の欄より

関連項目編集

関連サイト編集