北海道エアシステム

日本の北海道札幌市にある、JALグループの航空会社
日本航空 > 北海道エアシステム

株式会社北海道エアシステム(ほっかいどうエアシステム、: Hokkaido Air System Co., LTD.)は日本航空(JAL)グループコミューター航空会社である。札幌市内の丘珠空港を拠点にターボプロップ機(プロペラ機)を用いて北海道内を結ぶ路線を中心に運航している。

株式会社北海道エアシステム
Hokkaido Air System Co., LTD.
Hokkaido Air System Logo (2016, HAC).svg
種類 株式会社
略称 HAC
本社所在地 日本の旗 日本
007-0880
北海道札幌市東区丘珠町 丘珠空港内
北緯43度6分33.0秒 東経141度23分2.3秒 / 北緯43.109167度 東経141.383972度 / 43.109167; 141.383972座標: 北緯43度6分33.0秒 東経141度23分2.3秒 / 北緯43.109167度 東経141.383972度 / 43.109167; 141.383972
設立 1997年9月30日
業種 空運業
法人番号 2430001024432 ウィキデータを編集
事業内容 航空運送業・航空機使用事業
代表者 代表取締役社長 武村栄治
資本金 4億9000万円
純資産 9億4767万1000円
(2022年3月31日現在)[1]
総資産 66億0625万0000円
(2022年3月31日現在)[1]
従業員数 83名(2022年4月現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本航空株式会社 57.3%[2]
外部リンク https://www.info.hac-air.co.jp/
特記事項:北海道の「関与団体」として指定されている。
テンプレートを表示
北海道エアシステム
Hokkaido Air System
Hokkaido Air System Logo (2016).svg
IATA
なし[3]
ICAO
NTH
コールサイン
JAPAN AIR/NORTH AIR
法人番号 2430001024432 ウィキデータを編集
設立 1997年9月30日
ハブ空港 丘珠空港
マイレージサービス JALマイレージバンク
航空連合 ワンワールド[4]
親会社 日本航空北海道、他就航地自治体、道内企業
保有機材数 3機
就航地 7空港
本拠地 北海道札幌市東区丘珠町 丘珠空港内
代表者 武村栄治(代表取締役社長)
外部リンク https://www.info.hac-air.co.jp/
テンプレートを表示

運送の共同引受により、全便JAL便として運航される[5]

概要編集

 
2011年5月31日まで本社が置かれていた新千歳空港ターミナルビル
 
2011年6月1日より本社が置かれる丘珠空港ターミナルビル

道内遠隔地の高速交通手段として、日本航空(当時の日本エアシステム)と北海道第三セクター方式コミューター航空会社として設立され、1998年3月28日に函館空港を拠点に、函館 - 旭川空港釧路空港の路線で運航を開始した[6]

「HAC」という略称から、「北海道エアコミューター」と誤解されることもあるが[7]Hokkaido Air System Co., Ltd.の略である[8]。「HAS」とすることもできたが、設立当時は日本エアシステムの関連会社として新千歳空港での運航補助業務や売店業務を担当する「北海道エアーサービス (HAS) 」が存在し重複するため、「HAC」となったとされる。便名の案内などでも「HAC」が用いられているが[9]、正式な航空会社コードは「NTH」となる。


JALグループからの分離編集

設立当初から日本エアシステム、そして吸収合併後における日本航空 (JAL) グループ企業の1社だったが、ワンワールドには加盟していなかった。2009年9月11日に日本航空は北海道エアシステムの経営撤退を表明、JAL保有株の買い取りを巡り北海道議会など関係自治体での論争といった紆余曲折を経て、2011年3月31日に北海道を筆頭株主としてJAL、札幌市等の就航地自治体、道内財界各社などという構成となった。JALはHACを連結会計の適用から除外できる比率まで株式を減じたため、実質的に経営から撤退、HACはJALグループから離脱した。予約発券業務については同年8月31日搭乗分をもってJALへの委託を打ち切り、翌9月1日搭乗分からは自社で行っている。JALは株式売却後も機体整備などの業務受託を継続していた。

JALグループ離脱後もしばらくの間はJALマイレージバンクのフライトマイル積算も維持していたが、2013年7月1日からはJALとのコードシェアを開始する替わりに自社便で予約した場合のマイル積算を打ち切った[10]。JALマイレージバンクで貯まったマイルをHACとの提携特典航空券として利用する場合は7月1日以降もHAC便名での予約に限られる。また、2013年7月1日より独自のマイレージサービスのHACフライトポイントが開始された。交換はかつてのAIRDOのDOマイルと同様に搭乗券の半券を集めて郵送する仕組みとなっている。なお、2014年10月にHACが再びJALグループとなった後もマイレージサービスの扱いに変化がなかったが、2016年10月30日からはHAC運航便がJAL・J-AIR・HACの3社による運送の共同引受に運航形態が変更されることとなり、HAC運航便が日本航空便名での運航に切り替わった。合わせて「HACフライトポイント」も終了となった。終了に伴い、HACフライトポイントの交換特典にJALマイレージバンクへの積算が用意された[11]

HAC便とコードシェアによるJAL便で運航されていた時期については、HAC便で適用される割引運賃(HAC28割など)を利用するには、HACから購入する必要があった。なお、当該時期においてHACは他のJALグループ航空会社や全日本空輸(ANA)と連帯運送契約を締結していなかった[12][13][14]ため、乗り継ぎによる受託手荷物などの取り扱いがJALグループ各社とは異なっていた。

札幌市の出資に当たっては丘珠空港への本拠地(ハブ拠点)移転を条件に北海道が引き合わせたため、2011年6月1日にハブ拠点を新千歳空港から丘珠空港へ集約し、新千歳空港からは完全撤退した。これは2010年に行われたエアーニッポンネットワーク(現:ANAウイングス)の丘珠撤退・千歳集約化と正反対の施策で、札幌市中心部に近い丘珠空港の発着数が増加することになる。同時に本社についても新千歳空港内から丘珠空港内へ移転した。

JALグループへの復帰編集

2013年9月には2014年度中を目処にJALの持株比率を51%程度まで高め再度子会社化する予定で北海道と調整に入っていることが報じられた[15]。その後、JALはHACを再度子会社化むけて調整を進め、2011年に北海道や道内財界各社に売却したHAC株式をJALが再取得することを9月に北海道と同意した[16]。2014年10月22日の取締役会において、北海道および道内財界各社が保有するHAC株式のJALへの譲渡が承認され、翌10月23日にはJALの子会社に復帰した[17][18][19]

再子会社化直後はロゴや機材塗装、客室乗務員および地上係員の制服の変更は行われず、JALグループ離脱時のままであった。2015年6月になって、HACもJALグループ各社に準じたロゴ表記(鶴丸デザイン)に変更され、丘珠・利尻・奥尻の空港カウンターを鶴丸デザインへ順次切り替えた。そして、2016年1月13日に機材塗装をJALグループ共通の鶴丸塗装にする事と、客室乗務員および地上係員の制服をJALグループ共通とする事を発表した[20]。同年4月より機体塗装は順次鶴丸塗装へ変更され、客室乗務員および地上係員の制服も切り替わる。2016年4月27日の鹿児島発丘珠行きチャーター便が鶴丸塗装された機材の初便となり[21]、路線投入された。

2016年10月30日以降、JAL・J-AIR・HACとの運送の共同引受に運航形態が変更されることとなり、同社運航便が全てJAL便としての運航に変更された[22][23]

前述のとおりHACは長くワンワールドには加盟していなかったが、2020年10月25日よりJACとともにワンワールドにアフィリエイトメンバーとして加盟した[4]

利用者減少編集

人口減少社会で利用者の減少が進み、2017年には国土交通省持続可能な地域航空のあり方に関する研究会(座長竹内健蔵東京女子大学教授)で機体の共同保有や、将来の経営統合などを内容とする報告書が出された[24][25]

沿革編集

 
2011年~2015年のロゴ
 
2015年~のロゴ(案内表示等で用いられる略称版)
  • 1997年9月 : 株式会社北海道エアシステム設立。(日本航空(当時の日本エアシステム)・北海道の共同出資)
  • 1998年3月28日 : 運航開始[6]
  • 2001年11月 : 函館 - 仙台線を初の道外路線として就航(2003年3月をもって廃止)。
  • 2003年8月 : 札幌・丘珠空港乗入れ開始。
  • 2006年4月 : エアー北海道から函館 - 奥尻線を引き継ぐ。
  • 2011年3月 : 日本航空が経営から撤退し、JALグループから外れる。北海道が筆頭株主となる
  • 2011年6月1日 : 新千歳空港から撤退し丘珠空港へ集約すると同時に本社を新千歳空港内から丘珠空港内へ移転。
  • 2012年10月27日 : 札幌/丘珠 - 女満別線(1日2便)を運休。
  • 2013年1月27日 : 旭川 - 函館線(週2便 土・日)を運休。
  • 2013年7月1日 : 日本航空とコードシェアを開始(開始後は、JAL便名での搭乗時のみJALのフライトマイルが積算とされる[26]。)。同時に札幌/丘珠 - 三沢線(1日1便)を就航開始[27][28]。2003年3月に函館 - 仙台線が廃止になって以来、約10年ぶりの道外路線となった。
  • 2013年8月1日 : 札幌/丘珠 - 函館 - 三沢線(1日1便)を就航開始[29]
  • 2013年11月30日 : 札幌/丘珠 - 函館 - 三沢線(1日1便)を運休[30]
  • 2014年4月26日 : 札幌/丘珠 - 函館 - 三沢線(週2便 (土・日) ・祝日)を運航再開[31]
  • 2014年10月23日 : 日本航空がHACを再子会社化[32]
  • 2015年10月2224日 : 丘珠 - ユジノサハリンスク間で初の国際チャーター便を運航[33]
  • 2016年10月30日:運送の共同引受開始により全便JAL便としての運航開始(初便は丘珠函館行きJAL2741便)[34][5]
  • 2019年12月18日ATR 42-600の初号機(JA11HC)を受領[35]
  • 2020年4月12日:ATR 42-600の初号機(JA11HC)が運航開始(初便は丘珠釧路行きJAL2863便)[36][37]。当初は2020年3月29日から運航開始予定であったものの、受領遅延に伴い、同日に後ろ倒しした[38]
  • 2020年10月25日国際航空連合(アライアンス)「ワンワールド」に加盟[4]
  • 2020年10月27日:札幌/丘珠 - 女満別線(週3便 火・水・木)を運航再開[39]
  • 2020年12月29日函館丘珠行きJAL2748便を最後にSAAB340Bの3号機(JA03HC)が退役[40]。同社の運航機材に退役機が出るのはこれが初めて。
  • 2021年4月6日:ATR 42-600の2号機(JA12HC)を受領[41]
  • 2021年4月17日:ATR 42-600の2号機(JA12HC)が運航開始[42]。当初は2021年4月20日に運航開始予定であったものの、同日に同型機の初号機(JA11HC)の整備に伴う代替機として3日前倒しして運航開始した。
  • 2021年7月17日:夏季季節運航便として札幌/丘珠 - 奥尻線(土日祝日運航)を開設[43]。同年10月31日以降は通年運航に格上げの上、土日祝日運航便として運航される[44]
  • 2021年9月7日:函館発丘珠行きJAL2754便を最後にSAAB340Bの初号機(JA01HC)が退役[45]。当初は2021年9月6日の函館発丘珠行きJAL2752便を最後に退役予定[46]であったものの、COVID-19の影響に伴う減便対応などにより、1日後ろ倒しとなった。
  • 2021年9月29日:ATR 42-600の3号機(JA13HC)を受領[47]
  • 2021年11月9日:ATR 42-600の3号機(JA13HC)が運航開始[48][49]。当初は11月8日より運航開始予定であったものの、運航前の整備作業に時間を要したことから、1日後ろ倒しになった[50]
  • 2021年12月26日:函館発丘珠行きJAL2740便を最後にSAAB340Bの2号機(JA02HC)が退役[51][52][53]。これにより、日本の航空会社から同機が完全に姿を消した。当初は釧路発丘珠行きJAL2862便を最後に退役予定[54]であったものの、降雪に伴う当該便の欠航により、JAL2740便が事実上のラストフライトとなった。

運航機材編集

保有機材編集

北海道エアシステム 運航機材一覧(2021年12月27日現在)[55][56]
機体型式 機体番号 製造番号 受領年月 就航年月 備考
ATR 42-600 JA11HC 1417 2019年12月18日 2020年4月12日 北海道イメージ特別塗装[57]
JA12HC 1603 2021年4月6日 2021年4月17日
JA13HC 1610 2021年9月29日 2021年11月9日 オプション、ワンワールド塗装[58]

2018年7月18日、ファンボロー航空ショーでATR42-600型機3機(確定2機、オプション1 機)の発注に関する覚書を締結。締結時に運航中だったサーブ340の3機を更新し、2020年から運航開始予定と発表[59]。同機材は天草エアラインや同じJALグループの日本エアコミューターが運航している。重整備などは鹿児島空港にあるJACの施設で実施するため、北海道 - 鹿児島の長距離フェリーフライトが行われる。基本的な座席配置と客室仕様はJACの同型機と同じであるが、JACが特注した機内ストレッチャー設置機能は装備していない[60]。また、国土交通省内の「持続可能な地域航空のあり方に関する研究会」はこの運用に興味を持っていて将来的に日本での地域航空の運用ベースになる可能性があるとみられている[61]

1号機 (JA11HC)は北海道出身のデザイナー、鈴木奈々瀬さんがデザインした北海道をイメージした特別塗装を施され、2019年11月受領予定が遅延、12月18日に受領[62]し、22日に来日、まずJAC拠点鹿児島での慣熟訓練を行い[63]HAC本社札幌丘珠への到着は年明けの2月16日になり、就航は当初、夏ダイヤ3月29日からの予定が受領遅れによる訓練準備期間確保のため4月12日に変更となった[64][65]

2号機 (JA12HC)は2020年9月受領[66]、10月就航予定で、オプションになっていた3号機も2021年春の導入になる見通しが報道されていたが、COVID-19の影響で2号機の受領時期は2021年4月6日にずれ込んだ[42]

3号機 (JA13HC)は2021年9月29日に受領[67]。同社としては初めてのワンワールド塗装である[58]。フェリーフライトは機体記号「F-WKFV」にてATR社の4名のスタッフにより、フランスのトゥールーズから6日間かけて鹿児島まで実施された[68]。離島路線用航空機購入費補助を受けて導入しており、飛行時間の概ね50 %を離島路線に充てる必要があることから、離島路線およびその機材繰り運用が中心となる[69]

退役機材編集

 
サーブ340B-WT

会社設立時に導入した機種。1998年に2機、1999年に1機の合計3機を導入した[70]。原則として3機フル稼働のダイヤが組まれ、定期点検など3機稼動できない期間があらかじめ決まっている場合は2機体制のダイヤが組まれる。2011年4月には1機が機材不具合で3日間離脱したが、別機材の定期点検と重なったため稼動できる機材が1機となり、26便中16便の欠航が発生する日もあった。こうしたぎりぎりの機材繰りを緩和するため、5年ほどで1機増やす計画があった[71]親会社だった日本航空破綻の影響で[要出典]実現には至らなかった。 代案として2015年11月からHACの機材とグループ会社の日本エアコミューター(JAC)で運用しているサーブ340Bを共通事業機に登録し、日本エアコミューターから機材を借用した。同社機材を借り受けることで定期整備期間中の一部路線便を運航することとなった[72][73]。2016年4月28日には丘珠空港にてJA02HCの定期点検明けにより、前述のJACとの提携による短期リースJAC旧塗装機(JA002C)、独自塗装機(JA01HC)、JAL復帰新塗装機(JA02HC)、JAL離脱前旧塗装(JA03HC)の4者4様の塗装が勢揃いする光景が見られた[74]ATR42-600の導入に伴い、2020年12月29日から退役が始まり、JA03HCがその退役機第1号となった[75]。続いてJA01HCが2021年9月7日を最後に退役し[76]、最後の1機となったJA02HCも2021年12月26日を最後に退役した[77][54][51]。これにより日本の航空会社から同機が完全に姿を消した[78][44]

塗装編集

JASグループ時代編集

 
北海道エアシステム サーブ340B JA01HC(2002年)

垂直尾翼に「レインボー・カラー」を配した日本エアシステム (JAS) の2代目塗装に準じている。相違点は「HOKKAIDO AIR SYSTEM」のタイトルロゴと垂直尾翼の「HAC」表記程度である。このほか、当時誕生したスズランの花と飛行機を合わせたキャラクター「ハックン」を操縦席横に配していた。

JALグループ時代編集

JALグループの「The Arc of the Sun(太陽のアーク)」塗装であり、「JAL」のロゴ表記を「HAC」(Aに横棒がなくノが入る)( )に置き換え、続いて「HOKKAIDO AIR SYSTEM」と表記される。

JALグループ離脱時編集

 
左)独自デザイン塗装機、右)「太陽のアーク」塗装機

新しいロゴマークが公募で決定し[79]2011年6月1日、丘珠空港における記念式典において披露された。 新ロゴを用いた新塗装機は、機首及び垂直尾翼上部にコーポレートカラーを配したものとなり[80]、この塗装の初号機は2011年11月より鹿児島の日本エアコミューターでの整備を実施したJA01HCである。 「The Arc of the Sun(太陽のアーク)」塗装の2機はHACのJALグループ復帰までに塗装変更がなされず、後述のJALグループ共通の鶴丸塗装が施されることが決まったため、この塗装はJA01HCのみに施されることとなる。 なお、新塗装機となったJA01HCは、2011年12月1日の561便(丘珠→釧路)でデビューする予定であったが、機材繰りの都合により、11月30日鹿児島からのフェリー到着後、同日の567便(丘珠→釧路)で運用に復帰している[81]

JALグループ復帰後編集

2014年10月23日には日本航空の子会社に再びなったものの、再子会社化直後はロゴや機材塗装の変更は行われず、JALグループ離脱時のままであった。その後、2016年1月13日に機材塗装もJALグループ共通の鶴丸塗装にする事を発表した。 「The Arc of the Sun(太陽のアーク)」塗装の2機、前述のJALグループ離脱時の塗装の1機は整備時に順次塗装変更がなされる。 同年4月より順次鶴丸塗装へ変更され、2017年11月末までに同社が保有する全ての機体が鶴丸塗装に統一された[20][82][83][84]。ホワイトボディに斜体黒字で「HOKKAIDO AIR SYSTEM」と表記され、尾翼に鶴丸が配される。ただし鶴丸内の表記は「JAL」である。更に胴体後部には緑の斜体文字で「HAC」と表記されている。

就航路線編集

運航路線編集

2021年(令和3年)10月31日現在[85]

札幌と道東、道南を結ぶ路線は自然災害により地上交通機関が利用出来ないとき災害対応で臨時便運航することがあり[86][87]、2016年の道内台風被災時は1ヶ月近い対応のためJACから急遽機材支援を受けて運航していた[88]

丘珠空港 - 女満別空港便は、三沢空港便が2020年(令和2年)10月27日より週末中心の運航に減便となり、平日のビジネス需要が見込めるとして空いた日を振り向け8年ぶりに路線再開した[89][90]

丘珠空港 - 奥尻空港便は、夏の観光シーズン向けに2021年(令和3年)7月17日に運航開始し8月15日までの土日祝日に1ヶ月間就航[91][92]。同年10月31日以降は3号機の航空機購入補助条件を満たすため土日祝日および繁忙期に運航する[69]

休廃止路線編集

ボーディング・ミュージック編集

日本航空同様、「I Will Be There with You」(David Foster作曲)と「明日の翼」(久石譲作曲)が起用されており、前者は搭乗時、後者は降機時にそれぞれ流れる。

機内サービス編集

お茶(温・冷)とミネラルウォーターを用意している。お子様向けには同社オリジナルグッズも用意している。そのほか日本航空の機内誌「SKYWARD」と併せて、同社オリジナルの機内誌「HAC MAGAZINE」を用意している。

トラブル編集

2011年6月4日午前11時26分頃、乗客乗員13名搭乗の函館発奥尻行き定期便サーブ340B-WT(機体記号JA03HC)が奥尻空港の手前約1.5km、高度200mで視界不良による着陸のやり直しを行った際機長の高度設定の失念により、操縦士が上昇しているつもりなのに機体は急降下し対地接近警報装置(GPWS)が鳴動、着陸後に地上約30mまで降下していたことが判明した[94]。しかし、HACは大事故になりかねない重大インシデントとは認識せず、同年6月8日になって国土交通省に報告、筆頭株主である北海道知事には6月10日まで報告されなかった。さらにその間エンジンに問題を抱えたまま運用し続ける事態となった[95]

JALグループ航空事業者編集

◎JALグループは国際航空連合(アライアンス)「ワンワールド」に加盟している。但し※のある航空会社は経営施策上「ワンワールド」には加盟していない。なお、★のある航空会社は格安航空会社(LCC)。

ジェイエア、日本エアコミューター、北海道エアシステムの全ての運航便並びに日本トランスオーシャン航空の一部運航便は「運送の共同引受」によりJAL便として運航。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 第25期決算公告”. 株式会社北海道エアシステム. 2022年7月18日閲覧。
  2. ^ 日本航空株式会社 (2022-06-22). 第73期(2021年4月1日 - 2022年3月31日)有価証券報告書 関係会社の状況 (Report). 
  3. ^ Airline and Airport Code Search -IATA
  4. ^ a b c “日本エアコミューターと北海道エアシステムがワンワールドアライアンスにアフィリエイト加盟” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 日本エアコミューター/北海道エアシステム, (2020年10月21日), オリジナルの2020年10月25日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20201025112202/https://press.jal.co.jp/ja/items/uploads/0b8b94b95c3aaf48b7fc41b2a9592a00ac0c43d3.pdf 2020年10月25日閲覧。 
  5. ^ a b https://www.aviationwire.jp/archives/103285
  6. ^ a b “北海道エアシステム 28日に運航開始 道内4都市結ぶ路線”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (1998年3月2日) 
  7. ^ Google検索結果で「エアコミューター」と誤記しているサイトが見受けられるほか、日本航空の公式サイトアーカイブ)でも誤記が存在している
  8. ^ 会社概要 - 北海道エアシステム
  9. ^ 丘珠空港時刻表北海道エアシステム公式サイトなどでHAC表示が見られる
  10. ^ 日本航空. “北海道エアシステム(HAC)とのコードシェア便について”. 日本航空株式会社. 2014年4月2日閲覧。
  11. ^ 北海道エアシステム. “北海道エアシステム「HACフライトポイント」サービスの終了について”. 株式会社北海道エアシステム. 2016年3月29日閲覧。
  12. ^ ANAはHAC以外のJALグループ航空会社とは連帯運送契約を締結している。
  13. ^ 日本航空. “空港・チェックイン 乗り継ぎのご案内”. 日本航空株式会社. 2015年4月2日閲覧。
  14. ^ 全日空. “他航空会社との連帯運送に関するご案内”. 全日本空輸株式会社. 2015年4月2日閲覧。
  15. ^ “HACを再子会社化 日航 来年度にも 道と調整”. 北海道新聞 (北海道新聞社): pp. 1. (2013年9月13日) 
  16. ^ 北海道、日航にHAC株17%売却へ - 日本経済新聞(2014年9月2日)
  17. ^ 北海道エアシステム(HAC) はJALグループの一員となりました。 - 公式サイト
  18. ^ 株式会社北海道エアシステム臨時報告書(平成26年10月23日)
  19. ^ 北海道エアシステム、日航への株式譲渡を承認 - 時事ドットコム(2014/10/22)
  20. ^ a b HAC 機材の鶴丸ロゴマークへの変更、ならびに新制服決定について, 北海道エアシステム, http://www.info.hac-air.co.jp/common/pdf/20160112150341.pdf 
  21. ^ HACチャーター鶴丸ロゴ初号機で長距離フライト~SAAB340Bで鹿児島から丘珠へ飛ぶ!!~ 2日間 2016年4月28日閲覧
  22. ^ JALグループ中期経営計画ローリングプラン2016, 日本航空, http://press.jal.co.jp/ja/bw_uploads/k1mVdI6Rl7+HQV9KQUyDT4OLgVuDdpKGivqMb4ljjHaJ5oONgVuDioOTg0+DdoOJg5MyMDE2LnBkZg.pdf 
  23. ^ 株式会社 北海道エアシステムとの共同引受開始について 2016年8月25日閲覧
  24. ^ 「地方航空会社の協業策、国交省が報告書 経営統合も検討朝日新聞デジタル2017年6月2日19時10分」
  25. ^ 持続可能な地域航空のあり方に関する研究会国土交通省
  26. ^ 北海道エアシステムと日本航空のコードシェア(国内線共同運航)を開始
  27. ^ 就航開始以前は、需要調査などを兼ねてチャーター便が運航されていた。
  28. ^ 【7/1~】三沢(八戸)線就航決定!! 5/1ご予約開始
  29. ^ 北海道エアシステム、8月から函館/三沢線に就航 丘珠/三沢線の経由便 FlyTeam 2013年6月7日付
  30. ^ 北海道エアシステム、12月から函館/三沢線は運休 丘珠/三沢線の直行便のみ FlyTeam 2013年9月19日付
  31. ^ 北海道エアシステム、4月26日から三沢/函館線の運航を再開 FlyTeam 2014年4月7日付
  32. ^ 北海道エアシステム(HAC) はJALグループの一員となりました。 - 北海道エアシステム
  33. ^ 秋晴れとなった今日、札幌丘珠空港よりユジノサハリンスクへ向けて、道庁と岩倉建設様専用チャーター機が運航となりました。... - 札幌丘珠空港(Facebook)
  34. ^ https://www.info.hac-air.co.jp/wp-content/uploads/2016/10/HAC%E3%80%812016%E5%B9%B4%E5%BA%A6%E8%B7%AF%E7%B7%9A%E4%BE%BF%E6%95%B0%E8%A8%88%E7%94%BB%E3%81%AE%E4%B8%80%E9%83%A8%E5%A4%89%E6%9B%B4%E3%81%8A%E3%82%88%E3%81%B2%E3%82%99%E5%86%AC%E6%9C%9F%E3%82%BF%E3%82%99%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%81%AE%E9%81%8B%E8%B3%83%E3%82%92%E6%B1%BA%E5%AE%9A.pdf
  35. ^ https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1225429.html
  36. ^ 釧路行きは毎日1往復、函館行きは毎日2往復する予定であったが新型コロナウイルス関連肺炎の影響による減便対象になっているため運航確認が必要。
  37. ^ https://www.aviationwire.jp/archives/194401
  38. ^ https://travel.watch.impress.co.jp/docs/news/1235460.html
  39. ^ “2020年度冬期ダイヤにおける JALグループ国内線基本便数計画を決定しました” (プレスリリース), JAPAN AIRLINES, (2020年8月18日), https://press.jal.co.jp/ja/items/uploads/87f3ee1df823cbfb92d6b302a7432c55a036a068.pdf 2020年10月22日閲覧。 
  40. ^ https://www.info.hac-air.co.jp/wp-content/uploads/2020/12/HACPRESSRELEASE_20009.pdf
  41. ^ https://www.traicy.com/posts/20210411206031/
  42. ^ a b https://flyteam.jp/news/article/132320
  43. ^ https://www.traicy.com/posts/20210119195981/
  44. ^ a b https://www.info.hac-air.co.jp/wp-content/uploads/2021/08/HACPRESSRELEASE_21008.pdf
  45. ^ https://www.info.hac-air.co.jp/wp-content/uploads/2021/08/%E3%80%90FNL%E3%80%91%EF%BE%8C%EF%BE%9F%EF%BE%9A%EF%BD%BD%EF%BE%98%EF%BE%98%EF%BD%B0%EF%BD%BD21010%EF%BC%8801HC%EF%BE%97%EF%BD%BD%EF%BE%84%EF%BE%8C%EF%BE%97%EF%BD%B2%EF%BE%84%E6%97%A5%E5%A4%89%E6%9B%B4%EF%BC%89.pdf
  46. ^ https://www.info.hac-air.co.jp/wp-content/uploads/2021/08/%E3%80%90%E9%80%81%E4%BB%98%E7%94%A8%E3%80%91%EF%BE%8C%EF%BE%9F%EF%BE%9A%EF%BD%BD%EF%BE%98%EF%BE%98%EF%BD%B0%EF%BD%BD21007%EF%BC%8801HC%EF%BE%97%EF%BD%BD%EF%BE%84%EF%BE%8C%EF%BE%97%EF%BD%B2%EF%BE%84%EF%BC%89210819%E6%9C%80%E7%B5%82-4.pdf
  47. ^ https://www.traicy.com/posts/20210930221060/
  48. ^ https://www.info.hac-air.co.jp/wp-content/uploads/2021/11/HACPRESSRELEASE21018-3.pdf
  49. ^ https://www.traicy.com/posts/20211109224116/
  50. ^ https://www.info.hac-air.co.jp/wp-content/uploads/2021/11/HACPRESSRELEASE21018-2.pdf
  51. ^ a b https://www.aviationwire.jp/archives/241633
  52. ^ https://www.sanyonews.jp/article/1212294/
  53. ^ https://www.traicy.com/posts/20211226228594/
  54. ^ a b https://www.info.hac-air.co.jp/wp-content/uploads/2021/11/HACPRESSRELEASE21021-1.pdf
  55. ^ 日本エアコミュータ 運用中機材
  56. ^ Hokkaido Air System Fleet
  57. ^ https://www.info.hac-air.co.jp/wp-content/uploads/2019/07/HACPRESSRELEASE_19007WEB.pdf
  58. ^ a b https://www.info.hac-air.co.jp/wp-content/uploads/2021/09/%E3%80%90HAC%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%80%91-%E4%B8%96%E7%95%8C%E5%88%9D%E3%81%A8%E3%81%AA%E3%82%8B%E3%80%8C%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E3%80%8D%E5%A1%97%E8%A3%85%E3%81%AEATR%E6%A9%9F%E3%81%8C%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%81%97%E3%81%BE%E3%81%99.pdf
  59. ^ 北海道エアシステム、ATR42-600型機発注に関する覚書を締結
  60. ^ HAC、ATR42が丘珠到着 初の機材更新、4月就航
  61. ^ 持続可能な地域航空のあり方に関する研究会
  62. ^ HAC、ATR42初受領 20年3月就航
  63. ^ HAC公式Facebook記事
  64. ^ ATR42-600初号機 就航日変更のお知らせ
  65. ^ 北海道エアシステム、新機材ATR42-600型初号機が4月12日に初就航
  66. ^ 北海道エアシステム、ATR42-600型機を2020年春より就航
  67. ^ https://news.yahoo.co.jp/articles/e1b47c529e9369c9dc583edd9ad395bbc6e96ff8
  68. ^ From Toulouse to Kagoshima in 7 stops”. 2021年5月30日閲覧。
  69. ^ a b HAC機材更新、奥尻島民に思わぬ影響 週末便、函館→丘珠発着に変更 「不便」の声”. 北海道新聞 (2022年4月24日). 2022年5月17日閲覧。
  70. ^ 北海道エアシステム 機材一覧 Saab 340機材”. 2017年4月26日閲覧。
  71. ^ HAC丘珠移転 安定運航が課題 - 北海道新聞 2011年5月31日 朝刊p11経済面
  72. ^ 2015年11月4日~11月20日の運航計画変更について~日本エアコミューター保有機材の共通事業機登録に伴う変更~ 北海道エアシステム 2015年10月1日 
  73. ^ 北海道エアシステム、日本エアコミューター「JA002C」を一部路線に投入 FlyTeam 2015年11月5日付 
  74. ^ HAC公式Facebook記事写真
  75. ^ https://www.aviationwire.jp/archives/220614
  76. ^ https://news.yahoo.co.jp/articles/07cd516f9f50cf4eb57a18b1bcfaf51cd39ab10e
  77. ^ https://www.info.hac-air.co.jp/wp-content/uploads/2021/10/20211025%E3%80%80%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B%EF%BC%86%E9%87%8D%E8%A6%81%E3%81%AA%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B%E3%80%80SAAB340B-WT%E5%9E%8B%E6%A9%9F2%E5%8F%B7%E6%A9%9F%E3%81%AE%E9%81%8B%E8%88%AA%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%97%E3%81%A6.pdf
  78. ^ https://news.yahoo.co.jp/articles/fda34b6cdfb0c5c7fa48bb8718cacd2e79feb889
  79. ^ HACの新ロゴマークが決定いたしました”. 北海道エアシステム. 2011年7月4日閲覧。
  80. ^ “HAC 新ロゴマーク塗装機の就航について” (プレスリリース), 北海道エアシステム, (2011年11月24日), http://www.info.hac-air.co.jp/common/pdf/20120303230357.pdf 2015年4月2日閲覧。 
  81. ^ HAC 新ロゴマーク塗装機の就航について(変更), 北海道エアシステム, http://www.info.hac-air.co.jp/common/pdf/20111130121132.pdf 
  82. ^ HAC 鶴丸デザインの初号機が就航します (PDF)”. 北海道エアシステム (2016年4月11日). 2016年5月8日閲覧。
  83. ^ https://www.aviationwire.jp/archives/132341
  84. ^ https://www.aviationwire.jp/archives/133284
  85. ^ 路線・時刻表”. 北海道エアシステム. 2021年11月14日閲覧。
  86. ^ 北海道エアシステム、9月11日まで臨時便 丘珠発着の釧路と函館線
  87. ^ 北海道エアシステム、12月19日まで丘珠/釧路線を増便 1日5往復
  88. ^ JA8594の航空フォト
  89. ^ 女満別-丘珠便が再開 HAC8年ぶり 初日62人搭乗”. 北海道新聞 (2020年10月27日). 2021年11月14日閲覧。
  90. ^ 2020年度冬期ダイヤより札幌(丘珠)=女満別線を開設 (PDF)”. 北海道エアシステム (2020年8月18日). 2021年11月14日閲覧。
  91. ^ HAC奥尻線、季節運航開始 丘珠発着 8月15日まで”. 北海道新聞 (2021年7月18日). 2021年11月14日閲覧。
  92. ^ 札幌(丘珠)=奥尻線が7月17日に就航 (PDF)”. 北海道エアシステム (2021年6月25日). 2021年11月14日閲覧。
  93. ^ 2011年7月31日まで運航予定であったが、運航トラブルによる同年6月19日から7月31日の変更ダイヤでは欠航となったため、最終運航は同年6月18日となった。変更ダイヤ (PDF)
  94. ^ “北海道で旅客機、地上30メートルまで急降下 上昇しようと操作中”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2011年6月11日). http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819695E3E3E2E2968DE3E3E2E4E0E2E3E39191E2E2E2E2 2015年4月2日閲覧。 
  95. ^ “HAC、問われる安全管理 急降下トラブルの情報開示も遅く”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2011年6月14日). http://www.nikkei.com/news/local/article/g=96958A9C93819491E3E1E2E2948DE3E1E2E4E0E2E3E39EE6E3E2E2E2;n=9694E3E4E3E0E0E2E2EBE0E2E3E0 2015年4月2日閲覧。 
  96. ^ “JAL、春秋航空日本を6月に連結子会社化 中国の観光需要獲得へ”. ロイター通信. (2021-5月-7日). https://jp.reuters.com/article/idJPL4N2MU2AL 

関連項目編集

外部リンク編集