メインメニューを開く

北海道スプリントカップ(ほっかいどうスプリントカップ)は、ホッカイドウ競馬で施行される地方競馬重賞競走ダートグレード競走)である。格付けは、JpnIII農林水産大臣賞および日刊スポーツ賞が提供されており、農林水産大臣賞典 日刊スポーツ賞 北海道スプリントカップと表記される。

北海道スプリントカップ
開催国 日本の旗 日本
主催者 北海道
競馬場 門別競馬場
創設 1997年6月12日
2019年の情報
距離 ダート1200m
格付け JpnIII
賞金 1着賞金2200万
出走条件 サラブレッド系3歳以上(指定交流)
負担重量 別定(本文に記載
出典 [1]
テンプレートを表示

副賞は農林水産大臣賞、株式会社日刊スポーツ新聞社賞、日本中央競馬会理事長賞、日本馬主協会連合会長奨励賞、(一社)日本地方競馬馬主振興協会会長賞、地方競馬全国協会理事長賞、北海道議会議長賞、北海道知事賞(2019年)[2]

目次

概要編集

前身は1959年から1996年まで施行されていたホッカイドウ競馬の古馬による短距離重賞競走「金杯」。交流重賞に格上げし、発展解消の形で1997年に創設された。

全国各地から短距離を得意とする馬が集まり、初夏のダート短距離チャンピオン決定戦として定着している。

2008年までは札幌か旭川のいずれかで施行。2009年より門別競馬場に変更された。2009年までの施行距離はダートグレード競走として最短となる1000mだったが、2010年からはダート1200mに変更された。施行条件がダート1000mだった2009年まで、優勝タイムが1分を切らなかったのは2007年のみ。

2015年までに、地方競馬所属馬の優勝は2回ある(所属の内訳は北海道大井)。

2014年の時点では「日刊スポーツ賞 北海道スプリントカップ」と表記されており[3]、2015年には農林水産大臣賞も提供され、「農林水産大臣賞典 日刊スポーツ賞 北海道スプリントカップ」[4]と呼称されるようになった。

2019年のトライアル競走は「キンシャサノキセキ・プレミアム」(上位3着馬までに本競走の優先出走権を付与)。

条件・賞金(2019年)編集

出走条件
サラブレッド系3歳以上。
出走枠は中央競馬所属馬4頭、地方他地区所属馬4頭、ホッカイドウ競馬所属馬8頭と定められている。
負担重量
別定。3歳53kg、4歳以上56kg、牝馬2kg減を基本に、本年6月1日以前のGI・JpnI1着馬は3kg、GII・JpnII1着馬は2kg、GIII・JpnIII1着馬は1kgの負担増となる(2歳時の成績は対象外)[1]
賞金額
1着2200万円、2着440万円、3着330万円、4着220万円、5着110万円[2]

過去の副賞編集

スタリオンシリーズ競走として、以下のサブタイトルで施行したが、2011年以降はスタリオンシリーズ競走の指定から外されている。

歴史編集

  • 1997年 - 4歳(現3歳)以上の競走馬による中央・地方全国交流競走として第1回北海道スプリントカップ札幌競馬場のダート1000mで施行された。あわせてダートグレード競走にも指定され、GIIIに格付けされた。
  • 1998年 - 負担重量を定量からグレード別定に変更。
  • 1999年 - 施行場を旭川競馬場に変更。
  • 2000年
    • 施行場を札幌競馬場に戻す。
    • オースミダイナーが13歳(現12歳)で優勝し、グレード付き競走の最高齢勝利を記録した[5][注 1]
  • 2001年 - 馬齢表示を国際基準へ変更したことに伴い、出走条件を「4歳以上」から「3歳以上」に変更。
  • 2007年
    • ICSCの勧告により、格付表記をJpnIIIに変更。
    • 施行場を旭川競馬場に変更。
  • 2009年
  • 2010年
    • 施行距離をダート1200mに変更。
    • ミリオンディスクが門別競馬場・ダート1200mのコースレコード1分9秒6で優勝。
  • 2017年 - ニシケンモノノフが門別競馬場ダート1200mのコースレコード1分9秒4で優勝。

歴代優勝馬編集

優勝馬の馬齢は2000年まで旧表記、2001年以降は現表記。

Rはコースレコード。

回数 施行日 開催地 距離 頭数 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師
第1回 1997年6月12日 札幌 1000m 11頭 メイショウモトナリ 牡4 JRA 0:59.1 安田康彦 安田伊佐夫
第2回 1998年6月11日 札幌 1000m 12頭 カガヤキローマン 牡6 大井 0:58.6 石崎隆之 高柳恒男
第3回 1999年6月10日 旭川 1000m 14頭 ビーマイナカヤマ 牡6 JRA 0:59.6 鹿戸雄一 高市圭二
第4回 2000年6月15日 札幌 1000m 12頭 オースミダイナー 牡13 北海道 0:58.7 藤倉寛幸 若松平
第5回 2001年6月14日 札幌 1000m 12頭 ノボジャック 牡4 JRA 0:57.7 K.デザーモ 森秀行
第6回 2002年6月13日 札幌 1000m 12頭 サウスヴィグラス 牡6 JRA R0:56.8[注 2] 柴田善臣 高橋祥泰
第7回 2003年6月12日 札幌 1000m 11頭 サウスヴィグラス 牡7 JRA 0:58.7 柴田善臣 高橋祥泰
第8回 2004年6月17日 札幌 1000m 10頭 ディバインシルバー 牡6 JRA 0:58.8 安藤勝己 和田正道
第9回 2005年6月16日 札幌 1000m 11頭 ハリーズコメット 牡4 JRA 0:59.5 藤田伸二 萩原清
第10回 2006年6月15日 札幌 1000m 12頭 アグネスジェダイ 牡4 JRA 0:59.4 武豊 森秀行
第11回 2007年6月12日 旭川 1000m 14頭 アグネスジェダイ 牡5 JRA 1:00.0 武豊 森秀行
第12回 2008年6月19日 旭川 1000m 13頭 ジョイフルハート 牡7 JRA 0:59.4 武豊 小野幸治
第13回 2009年6月18日 門別 1000m 12頭 ヴァンクルタテヤマ 牡7 JRA R0:58.7 藤田伸二 武田博
第14回 2010年6月17日 門別 1200m 14頭 ミリオンディスク 牡6 JRA 1:09.6 蛯名正義 荒川義之
第15回 2011年6月16日 門別 1200m 13頭 マルカフリート 牡5 JRA 1:11.5 福永祐一 増本豊
第16回 2012年6月14日 門別 1200m 13頭 セレスハント 牡7 JRA 1:11.6 岩田康誠 松永幹夫
第17回 2013年6月13日 門別 1200m 14頭 セレスハント 牡8 JRA 1:12.2 福永祐一 松永幹夫
第18回 2014年6月12日 門別 1200m 14頭 アドマイヤサガス 牡6 JRA 1:11.0 川田将雅 橋田満
第19回 2015年6月11日 門別 1200m 14頭 シゲルカガ 牡4 JRA 1:12.5 勝浦正樹 谷潔
第20回 2016年6月9日 門別 1200m 13頭 ダノンレジェンド 牡6 JRA 1:09.9 M.デムーロ 村山明
第21回 2017年6月8日 門別 1200m 16頭 ニシケンモノノフ 牡6 JRA R1:09.4 横山典弘 庄野靖志
第22回 2018年6月7日 門別 1200m 16頭 テーオーヘリオス 牡6 JRA 1:12.9 濱中俊 梅田智之
第23回 2019年6月6日 門別 1200m 16頭 ヤマニンアンプリメ 牝5 JRA 1:11.5 岩田康誠 長谷川浩大

脚注編集

  1. ^ 他に日本国内でグレード付き競走を12歳で勝利した例としては、のちにカラジオーストラリア所属馬)が2007年の中山グランドジャンプを勝利している。
  2. ^ 札幌競馬場のコースレコードはホッカイドウ競馬とJRAで別途記録されており、これはホッカイドウ競馬としてのもの(JRA開催におけるコースレコードは57秒5)。

出典編集

  1. ^ a b 北海道スプリントカップ”. 地方競馬全国協会. 2019年6月4日閲覧。
  2. ^ a b 門別競馬出走馬一覧表令和1年度第4回門別競馬第4日6月6日(木) (PDF)”. 名古屋けいばオフィシャルサイト. 2019年6月4日閲覧。
  3. ^ 平成26年度 第4回 門別競馬成績表 平成27年 6月12日(木)”. ホッカイドウ競馬. 2015年11月18日閲覧。
  4. ^ 平成27年度 第4回 門別競馬成績表 平成27年 6月11日(木)”. ホッカイドウ競馬. 2015年11月18日閲覧。
  5. ^ 最高齢重賞勝ち馬、オースミダイナーが死亡”. 競馬ブックweb. 競馬ブック (2010年6月3日). 2015年12月13日閲覧。

各回競走結果の出典編集

関連項目編集