メインメニューを開く
北海道旅客鉄道 > 北海道旅客鉄道釧路支社

北海道旅客鉄道釧路支社(ほっかいどうりょかくてつどうくしろししゃ)は、北海道旅客鉄道(JR北海道)の支社の一つ。旧国鉄釧路鉄道管理局に相当する。

目次

支社所在地編集

管轄路線編集

道東地区の路線を中心に管轄している。またJR北海道各支社の中では、唯一電化路線を保有していない。

路線

本社・支社の境界はいずれも閉塞区間上にあるため[1]、境界線の内側の停車場信号場など)を記載している。

路線名 区間 営業キロ 備考
根室本線 上落合信号場[2] - 根室駅 329.1km 釧路駅 - 根室駅間は愛称「花咲線」
石勝線 上落合信号場[3] - 新得駅 27.35km  
釧網本線 鱒浦駅[4] - 東釧路駅 163.6km  

かつては池北線(北海道ちほく高原鉄道ふるさと銀河線への転換を経て2006年廃線)の一部区間と標津線も管轄していた。

なお、国鉄釧路鉄道管理局との相違点は次のとおり。

車両基地編集

乗務員配置区所編集

運輸車両所編集

  • 釧路運輸車両所

運転所編集

施設関係区所編集

保線所編集

  • 釧路保線所
    • 白糠保線管理室
    • 釧路保線管理室
    • 標茶保線管理室
    • 斜里保線管理室
    • 厚岸保線管理室
    • 根室保線管理室
  • 帯広保線所
    • 新得保線管理室
    • 帯広保線管理室
    • 池田保線管理室

設備所編集

  • 釧路設備所

構造物検査センター編集

  • 釧路構造物検査センター

運輸営業所編集

その他営業所編集

関連会社編集

釧路支社管轄の駅業務の受託や添乗業務などを行う。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 連続して北海道に上陸した台風による被害状況について (PDF)”. 北海道旅客鉄道. 2016年8月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年8月26日閲覧。 (PDF) ※当該資料の別紙1の地図に支社境の位置が明記されている。
  2. ^ 落合駅との間にある新狩勝トンネルの滝川方入口付近に本社鉄道事業本部との境界がある。
  3. ^ 串内信号場との間にある第一串内トンネルの新夕張方出入口付近(南千歳起点105.05km地点)に本社鉄道事業本部との境界がある。
  4. ^ 桂台駅との間にある網走トンネルの釧路方出入口付近(東釧路起点163.6km地点)に旭川支社との境界がある。

外部リンク編集

関連項目編集