北海道旗(ほっかいどうき)は、日本都道府県の一つ、北海道。本項では、旗に図示されている北海道章(ほっかいどうしょう)についても併せて解説する。

北海道旗
北海道の旗
用途及び属性 市民・政府陸上?
縦横比 2:3
制定日 1967年5月1日
使用色
根拠法令 昭和42年5月1日告示775号
テンプレートを表示

目次

制定経緯編集

道旗・道章とも1967年に制定された。いずれも開拓使の旗印である北辰旗(ほくしんき)を由来とするので、この北辰旗についても前史として本節で解説する。

開拓使旗(北辰旗)編集

北海道開拓使は地にの五稜星を描いた旗を用いており、この旗は北辰旗と呼ばれ、道民に親しまれて来た。このデザインは当初、開拓使の公用船で船長を務めていた蛯子末次郎が公用船の旗章として使い始めたものが開拓使全体の旗印として定着し、1872年2月に正式な開拓使の旗となった[1]

同年9月、開拓使次官・黒田清隆は北辰旗のデザインを変更し、赤い五稜星を七稜星にすることを政府に要請したが政府はこれを拒み黒田のデザイン変更案は幻となった。その後、1878年に開拓使は北辰旗の掲揚を取りやめ、1882年に廃止。根室県・札幌県・函館県の三県一局時代も3県を再統合した旧北海道庁の時代も特定の旗や徽章を作成することは無かった[2]

道旗・道章の制定編集

1960年代に入り、他の都府県で相次いで都府県旗が制定されたことから北海道でも1969年開道100周年を目前に道旗を制定する気運が高まり、道内で活動する複数の美術団体にデザインを依頼。寄せられた7500点以上のデザイン案を北海道旗・北海道章制定委員会で選考し、1967年3月31日栗谷川健一の案を採用することを決定。5月1日の道告示第775号「北海道章および北海道旗」により制定された[3]

デザインの意味編集

道章は北辰旗の五稜星を現代的イメージで七光星として表現し、先人の開拓者精神と雄々しく伸びる北海道の未来を表している。なお、道章に関しては道旗と異なり配色の指定は特に定められていない。

道旗の配色はかつての黒田案をベースに北の海や空を表すを地色とし、中央に配置された道章の配色は道民の不屈のエネルギーを表す赤い七稜星を、光輝と風雪を表す白い光で囲んでいる。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集