メインメニューを開く

北海道知事公館(ほっかいどうちじこうかん)は、北海道札幌市中央区北1条西16丁目に所在する北海道知事の宿舎。建物は国の登録有形文化財として登録されている[2]

北海道知事公館
北海道知事公館
北海道知事公館の位置(札幌市内)
北海道知事公館
情報
旧名称 三井別邸新館
用途 会議、行事、公開見学
旧用途 三井合名会社の来賓応接
管理運営 北海道
構造形式 鉄筋コンクリート、木造2階建て、屋根銅板ぶき
敷地面積 51,623.25 m² [1]
建築面積 391.76 m² [1]建蔽率1%)
延床面積 734.0299 m² [1]容積率1%)
階数 2
竣工 1936年昭和11年)12月
開館開所 1953年(昭和28年)知事公館として使用開始
所在地 060-001
北海道札幌市中央区北1条西16丁目
座標 北緯43度03分36.4秒 東経141度19分55.9秒 / 北緯43.060111度 東経141.332194度 / 43.060111; 141.332194座標: 北緯43度03分36.4秒 東経141度19分55.9秒 / 北緯43.060111度 東経141.332194度 / 43.060111; 141.332194
文化財 国の登録有形文化財
指定・登録等日 1999年(平成11年)10月
テンプレートを表示

目次

概要編集

一般に公開されている庭園内は緩やかな起伏に富み、水路が走っている。これはおそらく、札幌扇状地の原地形面がほぼそのままの形で保存されたものだと思われる。古地図によれば、かつて敷地内には2つほどのメム(湧き水)があり、その水は小川となって北に流れ出していた。都市開発の影響でメムは枯渇したが、庭園では人工的に水を流すことで往時の流路が再現されている[3]

歴史編集

ギャラリー編集

脚注編集

参考文献編集

  • 前田寿嗣『歩こう!札幌の地形と地質』北海道新聞社、2007年5月10日。ISBN 978-4-89453-410-0

外部リンク編集