メインメニューを開く

北海道立子ども総合医療・療育センター

札幌市手稲区にある病院

北海道立子ども総合医療・療育センター(ほっかいどうりつこどもそうごういりょう・りょういくセンター)は、札幌市手稲区にある小児専門病院都道府県立病院)。愛称はコドモックル。北海道立小児総合保健センターと北海道立札幌肢体不自由児総合療育センターの機能を一体的に整備して開設した。北海道で唯一の特定機能周産期母子医療センターに指定されている[1]北海道手稲養護学校と連絡通路で接続しており、通院・入院している児童に対応している。隣接地にはドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパンが「ドナルド・マクドナルド・ハウス」を開設している[2][3]

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 北海道立子ども総合医療・療育センター
Hokkaido Medical Center for Child Health and Rehabilitation.jpg
情報
英語名称 Hokkaido Medical Center for Child Health and Rehabilitation
標榜診療科 小児科、小児外科、循環器科、心臓血管外科、整形外科、脳神経外科、産科、眼科、形成外科、泌尿器科、耳鼻咽喉科、精神科、リハビリテーション科、麻酔科、放射線科、歯科
許可病床数 215床
開設者 北海道
病院事業管理者 鈴木信寛(センター長)
開設年月日 2007年
所在地
006-0041
札幌市手稲区金山1条1丁目240-6
位置 北緯43度07分43秒 東経141度12分40秒 / 北緯43.12861度 東経141.21111度 / 43.12861; 141.21111 (北海道立子ども総合医療・療育センター)座標: 北緯43度07分43秒 東経141度12分40秒 / 北緯43.12861度 東経141.21111度 / 43.12861; 141.21111 (北海道立子ども総合医療・療育センター)
二次医療圏 札幌
特記事項 紹介予約制(救急の場合を除く)
PJ 医療機関
テンプレートを表示

沿革編集

北海道立小児総合保健センター

北海道立札幌肢体不自由児総合療育センター

  • 1952年(昭和27年):「北海道整肢学院」設置。
  • 1961年(昭和36年):「北海道立整肢学院」と改称。母子入院施設入所開始。
  • 1962年(昭和37年):「北海道立札幌整肢学院」と改称。
  • 1964年(昭和39年):北海道札幌琴似養護学校開設。
  • 1972年(昭和47年):「札幌肢体不自由児総合療育センター」設置。新庁舎へ移転し、外来診察開始。
  • 1980年(昭和55年):外来訓練室等増築。
  • 1984年(昭和59年):重度病棟・訓練病棟増築。母子棟増築。

北海道立子ども総合医療・療育センター

  • 2007年(平成19年):開設。

診療科等編集

診療科

部門

  • 薬局
  • 検査部
  • 放射線部
  • 栄養科
  • リハビリテーション課
  • 地域連携課
  • 看護部

アクセス・駐車場編集

国道5号北5条手稲通)沿いに位置している。

関連施設編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 周産期母子医療センター一覧 (PDF)”. 北海道. 2017年1月18日閲覧。
  2. ^ 「ドナルド・マクドナルド・ハウスさっぽろ」で開所式-国内6カ所目”. 札幌経済新聞 (2008年12月18日). 2017年1月11日閲覧。 “みんなの経済新聞ネットワーク
  3. ^ a b さっぽろハウス”. ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン. 2017年1月6日閲覧。
  4. ^ 札樽自動車道 金山PAに「緊急開口部」を設置します 「道立子ども総合医療・療育センター」への救急搬送を支援

参考資料編集

外部リンク編集