メインメニューを開く

北海道縦貫自動車道(ほっかいどうじゅうかんじどうしゃどう)は、北海道を縦貫する国土開発幹線自動車道(国幹道)の路線名である。略称は北海道縦貫道(ほっかいどうじゅうかんどう)。

本項目では、国幹道としての北海道縦貫自動車道および事業名としての北海道縦貫自動車道について述べる。

概要編集

 

国土開発幹線自動車道建設法では、北海道縦貫自動車道は以下のとおりとされている。

起点 主たる経過地 終点
北海道函館市 北海道室蘭市付近
同道札幌市
同道岩見沢市
同道旭川市付近
同道名寄市
北海道稚内市

現在、以下の区間が高速自動車国道の路線とされている。

路線名 起点 重要な経過地 終点
函館名寄線 北海道函館市 北海道茅部郡森町
同道山越郡長万部町
同道寿都郡黒松内町
同道伊達市
同道室蘭市
同道登別市
同道苫小牧市
同道千歳市
同道恵庭市
同道北広島市
同道札幌市
同道江別市
同道岩見沢市
同道三笠市
同道美唄市
同道砂川市
同道滝川市
同道深川市
同道旭川市
同道士別市
北海道名寄市

北海道横断自動車道後志自動車道札樽自動車道道東自動車道)と結ばれ、北海道の縦貫軸の強化を目的としている。

このうち茅部郡森町 - 士別市が道央自動車道として供用中。また、並行する一般国道自動車専用道路として函館新道名寄美深道路幌富バイパス豊富バイパスが開通している。

沿革編集

構成する道路名・事業名編集

既開通区間の高速道路ナンバリングは全区間で「E5」となっている。

高速道路
ナンバリング
道路名・事業名 区間 現況 備考
E5 一般国道5号函館新道 函館IC/JCT - 七飯藤城IC 供用中
(北海道縦貫自動車道) 七飯藤城IC - 七飯IC 基本計画区間
(北海道縦貫自動車道) 七飯IC - 大沼公園IC/TB 事業中
道央自動車道 大沼公園IC/TB - 黒松内JCT
- 苫小牧東IC/JCT - 千歳恵庭JCT
- 札幌JCT - 深川JCT
- 比布JCT - 士別剣淵IC/TB
供用中 千歳恵庭JCT - 札幌JCT間は
北海道横断自動車道と重複
(北海道縦貫自動車道) 士別剣淵IC/TB - 名寄IC 事業中
一般国道40号名寄美深道路 名寄IC - 美深北IC 供用中
(北海道縦貫自動車道) 美深北IC - 音威子府IC 予定路線区間
一般国道40号(音威子府バイパス 音威子府IC - 中川IC 事業中
(北海道縦貫自動車道) 中川IC - 幌延IC 予定路線区間
一般国道40号(幌富バイパス 幌延IC - 豊富サロベツIC 供用中
一般国道40号(豊富バイパス 豊富サロベツIC - 豊富北IC
(北海道縦貫自動車道) 豊富北IC - 稚内IC 予定路線区間

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 開通当初の事業名は一般国道235号 苫東道路(暫定2車線)。
  2. ^ 千歳恵庭JCT - 千歳東IC間とキウスPA - 夕張IC間が2車線、千歳東IC - キウスPA間が4車線。
  3. ^ 2009年(平成21年)10月1日に北斗中央ICに名称変更[4]
  4. ^ 同区間に長大トンネルとしてオオヌマトンネル (7,093 m) の建設が計画されているため。
  5. ^ 東日本大震災発生前の時点では、同年6月から落部IC - 千歳恵庭IC間も無料化実験の対象となる予定だった[新聞 46]
  6. ^ 南から北に向かって増加。当時開通済みだった区間のうち、函館新道の函館IC/JCT - 七飯藤城IC間に「1」から「4」を、道央自動車道の大沼公園IC - 士別剣淵IC間に「6」から「48」を付番した。「5」は七飯IC(仮称)が未開業のため欠番。

出典編集

  1. ^ a b 北海道の高速道路の幕明け -札幌オリンピックに合わせて開通した道央道と札樽道-” (日本語). はいからな旅 北海道. 東日本高速道路. 2015年4月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年9月11日閲覧。
  2. ^ a b c d 一般国道40号 名寄バイパス 再評価原案準備書説明資料 (PDF)” (日本語). 国土交通省北海道開発局 (2007年度). 2013年1月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年5月23日閲覧。
  3. ^ 函館新道の一部供用開始 (PDF)” (日本語). 北の交差点 Vol.7 SPRING-SUMMER 2000. 北海道道路管理技術センター (2014年3月5日). 2015年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
  4. ^ message board メッセージボード 〜函館開発建設部からのお知らせです” (日本語). 国土交通省北海道開発局函館開発建設部. 2013年1月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
  5. ^ 函館・江差自動車道 函館茂辺地道路開通 (PDF)” (日本語). 北の交差点 Vol.13 SPRING-SUMMER 2003. 北海道道路管理技術センター. 2015年9月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年5月22日閲覧。
  6. ^ a b 一般国道40号 美深道路 再評価原案準備書説明資料 (PDF)” (日本語). 国土交通省北海道開発局 (2011年度). 2013年1月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年5月23日閲覧。
  7. ^ 1次補正を踏まえた高速道路の料金について (PDF)” (日本語). 国土交通省. 2011年6月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2019年5月17日閲覧。
  8. ^ 再評価結果(平成27年度事業継続箇所) (PDF)” (日本語). 国土交通省北海道開発局. 2017年10月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年10月21日閲覧。
  9. ^ 2018年度『Highway Walker』北海道版 11月号(No.38) 北海道エリアマップ (PDF)” (日本語). 東日本高速道路. 2019年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月10日閲覧。
  10. ^ 2018年度『Highway Walker』北海道版 12月号(No.39) 北海道エリアマップ (PDF)” (日本語). 東日本高速道路. 2018年12月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年1月10日閲覧。

報道発表資料編集

  1. ^ “道央自動車道 札幌インターチェンジ入口のETCレーンを増設します 〜 旭川方面入口のETCレーン増設でより快適に 〜” (日本語) (プレスリリース), 東日本高速道路北海道支社, (2007年11月29日), オリジナルの2007年12月23日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20071223001950/http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/hokkaido/h19/1129b/ 2019年5月17日閲覧。 
  2. ^ “道央自動車道 虻田洞爺湖ICを移設します 〜 国道230号新ルートに直結し洞爺湖へのアクセスが便利に 〜” (日本語) (プレスリリース), 東日本高速道路北海道支社, (2007年11月22日), オリジナルの2007年12月13日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20071213024034/http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/hokkaido/h19/1122b/ 2019年5月17日閲覧。 
  3. ^ “平成22年度 高速道路無料化社会実験について” (日本語) (プレスリリース), 国土交通省北海道開発局・東日本高速道路北海道支社, (2010年6月15日), オリジナルの2010年9月10日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20100910111146/http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/hokkaido/h22/0615b 2019年5月17日閲覧。 
  4. ^ “「無料化社会実験」終了及び「休日特別割引」の上限料金(1,000円)制終了に伴う取り組みについて” (日本語) (プレスリリース), 東日本高速道路北海道支社, (2011年6月13日), オリジナルの2011年6月16日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110616024130/http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/hokkaido/h23/0613b/ 2019年5月17日閲覧。 
  5. ^ “道東自動車道および道央自動車道の開通時刻のお知らせ” (日本語) (プレスリリース), 東日本高速道路北海道支社, (2011年9月28日), オリジナルの2011年10月2日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20111002201558/http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/hokkaido/h23/0928/ 2019年5月17日閲覧。 
  6. ^ “道央自動車道 森IC〜落部IC間開通に伴う「森IC」 営業開始セレモニーの実施について” (日本語) (プレスリリース), 東日本高速道路北海道支社室蘭管理事務所, (2011年11月11日), オリジナルの2011年11月11日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20111116202203/http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/hokkaido/h23/1111/ 2019年5月17日閲覧。 
  7. ^ “道央自動車道の開通について 〜もっと南へ、感動接近。〜” (日本語) (プレスリリース), 東日本高速道路本社, (2012年7月26日), オリジナルの2012年8月1日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20120801062427/http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/head_office/h24/0726/ 2019年5月17日閲覧。 
  8. ^ “一般国道40号美深道路(仮称)の道路名称とIC名称が決定 〜 美深道路(仮称)の道路名称及びIC名称の決定に併せて、「名寄バイパス」の名称も変更になります 〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 国道交通省北海道開発局旭川開発建設部, (2012年9月18日), オリジナルの2012年12月8日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20121208224331/http://www.as.hkd.mlit.go.jp/kisya/h24douro_pdf/120918_nayorobihukadouro.pdf 2019年5月23日閲覧。 [リンク切れ]
  9. ^ “一般国道40号 名寄美深道路 美深IC〜美深北ICが開通します〈通行無料〉 〜 平成25年3月30日(土) 午後4時開通 〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 国道交通省北海道開発局旭川開発建設部, (2013年2月18日), オリジナルの2013年5月3日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130503073621/http://www.as.hkd.mlit.go.jp/kisya/h24douro_pdf/130218_nayorobihuka_kaituu.pdf 2019年5月23日閲覧。 [リンク切れ]
  10. ^ “道央自動車道 新千歳空港インターチェンジ(IC)の開通について” (日本語) (プレスリリース), 東日本高速道路北海道支社, (2013年4月19日), オリジナルの2013年5月7日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20130507110715/http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/hokkaido/h25/0419/ 2019年5月17日閲覧。 
  11. ^ “函館新外環状道路「函館IC〜赤川IC」〈通行無料〉が開通します〜函館空港とのアクセス向上による物流・観光・産業への貢献〜” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 国道交通省北海道開発局函館開発建設部, (2015年1月29日), オリジナルの2015年2月15日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150215232745/http://www.hk.hkd.mlit.go.jp/press/H26/150129.pdf 2019年5月22日閲覧。 [リンク切れ]
  12. ^ “道央自動車道 砂川SAスマートICが8月8日(土)に開通! 〜 ハイウェイオアシスに砂川の新たな玄関口が誕生! 〜” (日本語) (プレスリリース), 砂川市・東日本高速道路北海道支社, (2015年6月18日), オリジナルの2015年6月18日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20150618130023/http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/hokkaido/h27/0618/ 2019年5月17日閲覧。 

新聞記事編集

  1. ^ 道縦貫自動車道 千歳-苫小牧間が完成」『北海道新聞北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1978年10月21日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-04-23時点によるアーカイブ。
  2. ^ 北広島-札幌南が開通」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1979年10月29日。2019年4月23日閲覧。, オリジナルの2019-04-23時点によるアーカイブ。
  3. ^ 華やかに開通式 道央自動車道苫小牧東-西 100台がパレード」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1980年10月29日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  4. ^ ハイウエー北海道幕開け 札幌-岩見沢31・9キロが開通 今月末には白老まで直通」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1983年11月9日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  5. ^ 札幌-白老 1時間時代に 道央自動車道 苫西-白老間が開通」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1983年11月30日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  6. ^ 道縦貫道 登別東 白老18.6キロ 期待集めて華やか開通」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1985年10月18日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  7. ^ 岩見沢-登別ノンストップ 道央自動車道 札幌南-札幌 華やかに開通式」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1985年10月25日。2019年4月23日閲覧。, オリジナルの2019-04-23時点によるアーカイブ。
  8. ^ 岩見沢-登別ノンストップ 道央自動車道 札幌南-札幌 華やかに開通式」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1985年10月25日。2019年4月23日閲覧。, オリジナルの2019-04-23時点によるアーカイブ。
  9. ^ 登別東-登別室蘭間が開通 道縦貫道 札幌-室蘭2時間に」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1986年10月9日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  10. ^ 出来秋貫き21.2キロ 岩見沢-美唄 高速道が開通」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1987年9月18日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  11. ^ お待たせ!新ルート開通-より速く、道央自動車道の美唄-滝川間」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1988年10月8日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  12. ^ お待たせ!新ルート開通-より速く、道央自動車道の美唄-滝川間」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1988年10月8日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  13. ^ お待たせ!新ルート開通-より速く、道央自動車道の美唄-滝川間」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1988年10月8日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  14. ^ 伸びる高速道、集客競争に拍車。バスは所要時間グッと短縮、JRは各種割引切符で対抗-道央道」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1989年9月29日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  15. ^ 道央自動車道深川〜旭川鷹栖、30日開通-地場企業、苦境に。「札幌集約が加速」の声も。企業進出に弾み、画期的な輸送体制可能に」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1990年10月30日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  16. ^ 高速道路、UターンOK-全国初、砂川サービスエリアで」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1991年4月26日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  17. ^ 砂川のハイウェイ・オアシスが完成-子どもの国と直結祝う」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1991年4月30日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  18. ^ 道央圏の動脈充実-道央自動車道、登別室蘭〜室蘭間が開通。9.6キロ、暫定2車線で」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1991年10月25日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  19. ^ 〈視角触角〉 本道高速道延長300キロに。「札樽」「道央」3日後にドッキング-観光、物流は歓迎。未開通地域はいらだちも」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1992年9月27日。2019年4月23日閲覧。, オリジナルの2019-04-23時点によるアーカイブ。
  20. ^ 道央道、室蘭〜伊達間が開通-暫定2車線、12・9キロ。西胆振観光地と札幌、旭川が直結」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1992年10月27日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  21. ^ 道央道、室蘭〜伊達間が開通-暫定2車線、12・9キロ。西胆振観光地と札幌、旭川が直結(未掲載)」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1992年10月27日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  22. ^ 胆振の観光 より身近に*道央道の伊達-虻田洞爺湖開通」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1994年3月30日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  23. ^ 長万部ICが開通*道央自動車道、道南へ」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1997年10月22日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  24. ^ 日高自動車道*「苫東道路」4キロ開通」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1998年3月23日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  25. ^ 深川留萌道*深川-深川西が開通*4.4キロ暫定片側1車線」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1998年4月11日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  26. ^ 道東自動車道*千歳-夕張、あす開通」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1999年10月6日。2019年4月23日閲覧。, オリジナルの2019-04-23時点によるアーカイブ。
  27. ^ 道東道 千歳恵庭-夕張間が開通*物流、観光に期待膨らむ*「企業誘致にも有効」」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、1999年10月8日。2019年4月23日閲覧。, オリジナルの2019-04-23時点によるアーカイブ。
  28. ^ 道縦貫道*旭川鷹栖-和寒が開通*29.3キロ、暫定2車線で」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2000年10月4日。2019年5月16日閲覧。, オリジナルの2019-05-16時点によるアーカイブ。
  29. ^ 道縦貫道*旭川鷹栖-和寒が開通*29.3キロ、暫定2車線で」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2000年10月4日。2019年5月16日閲覧。, オリジナルの2019-05-16時点によるアーカイブ。
  30. ^ 観光、物流…膨らむ期待*函館新道*七飯の新区間開通」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2001年3月25日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  31. ^ 道央道が全線開通*有珠噴火から15カ月ぶり*虻田」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2001年6月30日。2019年5月16日閲覧。, オリジナルの2019-05-16時点によるアーカイブ。
  32. ^ 改修中の札幌南インター*来月10日全面供用*小樽・旭川方面へ入り口」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2001年8月19日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  33. ^ 深川-音江間 4車線に拡幅*道央道で開通」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2001年10月17日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  34. ^ 長万部-国縫開通*道央道」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2001年11月19日。2019年5月16日閲覧。, オリジナルの2019-05-16時点によるアーカイブ。
  35. ^ a b 道央道*来月4日開通の和寒-士別剣淵 30日、4車線化の深川-旭川鷹栖*利用開始を前に公開」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2003年9月26日。2019年5月10日閲覧。, オリジナルの2019-05-10時点によるアーカイブ。
  36. ^ 道央自動車道*「名寄まで開通願う」*地元、祝賀ムードに沸く」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2003年10月5日。2019年5月16日閲覧。, オリジナルの2019-05-16時点によるアーカイブ。
  37. ^ 地域の発展 期待加速*旭川紋別自動車道 比布-愛別間開通*旭川市内から上川町*所要時間10分短縮」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2004年3月28日。2019年5月16日閲覧。, オリジナルの2019-05-16時点によるアーカイブ。
  38. ^ 札幌-八雲一直線*道央道でIC開通」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2006年11月19日。2019年5月16日閲覧。, オリジナルの2019-05-16時点によるアーカイブ。
  39. ^ ETC限定 輪厚にIC*北広島の道央道」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2009年6月29日。2019年5月16日閲覧。, オリジナルの2019-05-16時点によるアーカイブ。
  40. ^ 八雲-落部間 道央道開通*くす玉割り通り初め*町民*「どんどん利用したい」」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2009年10月11日。2019年5月17日閲覧。, オリジナルの2019-05-17時点によるアーカイブ。
  41. ^ 道央道*八雲-落部IC開通*札幌-函館が5分短縮」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2009年10月11日。2019年5月16日閲覧。, オリジナルの2019-05-16時点によるアーカイブ。
  42. ^ 救急搬送に利用/観光客増加見込みイベント*黒松内新道 開通に期待*7日*商店街は客流出懸念」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2009年11月5日。2019年4月22日閲覧。, オリジナルの2019-04-22時点によるアーカイブ。
  43. ^ 帰省にレジャー 利用者歓迎/国道沿い店舗 来客減を危ぐ*高速無料化 悲喜こもごも*管内」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2010年2月3日。2019年5月17日閲覧。, オリジナルの2019-05-17時点によるアーカイブ。
  44. ^ 智恵文〜美深供用で全線開通 名寄バイパス・産業活性化などに期待」『名寄新聞』名寄新聞社(地域ニュース)、2010年3月6日。2019年5月23日閲覧。, オリジナルの2014-03-01時点によるアーカイブ。
  45. ^ そろり無料高速*初日の管内 交通量やや増」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2010年6月29日。2019年5月17日閲覧。, オリジナルの2019-05-17時点によるアーカイブ。
  46. ^ 〈経済レーダー〉道央道 千歳恵庭-八雲・落部間で無料化実験*陸運業界 歓迎と慎重論*フェリー各社 青函航路の利用増期待」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2011年3月11日。2019年5月17日閲覧。, オリジナルの2019-05-17時点によるアーカイブ。
  47. ^ 道央道・落部IC-森IC間*11月開通へ行事多彩」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2011年8月5日。2019年5月17日閲覧。, オリジナルの2019-05-17時点によるアーカイブ。
  48. ^ 森開通前に徒歩見学*道央道で記念行事」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2011年10月16日。2019年5月17日閲覧。, オリジナルの2019-05-17時点によるアーカイブ。
  49. ^ 森-大沼公園が開通*道央道」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2012年11月10日。2019年5月17日閲覧。, オリジナルの2019-05-17時点によるアーカイブ。
  50. ^ 新千歳空港IC開通」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2013年8月3日。2019年5月17日閲覧。, オリジナルの2019-05-17時点によるアーカイブ。
  51. ^ 函館新道 函館―七飯本町IC4車線化へ」『函館新聞』函館新聞社(函館地域ニュース by e-HAKODATE)、2013年8月15日。2019年5月22日閲覧。, オリジナルの2014-01-03時点によるアーカイブ。
  52. ^ 〈2016年3月 北海道新幹線開業〉2次交通 着々*道央道 大沼公園―七飯着工」『北海道新聞』北海道新聞社(フォト北海道(道新写真データベース))、2015年8月3日。2019年5月17日閲覧。, オリジナルの2019-05-17時点によるアーカイブ。

関連項目編集

外部リンク編集