メインメニューを開く
北海道警察学校

北海道警察学校(ほっかいどうけいさつがっこう)は、北海道警察警察官の教育、育成を図ることを目的に設置した機関である。

北海道には管区警察学校が存在しないため、新人警察官の教育の他に巡査部長警部補の教育も行われる。

目次

所在地編集

沿革編集

  • 1887年明治20年)7月 - 函館巡査教習所を創設
  • 1891年(明治24年)9月 - 札幌に巡査教習所を創設
  • 1924年大正13年)4月 - 巡査教習所を廃止し、道庁警察部の附置機関として北海道庁警察練習所を設置
  • 1947年昭和22年)12月 - 北海道庁警察練習所庁舎を受け継ぎ北海道警察学校を開校
  • 1948年(昭和23年)3月 - 札幌警察管区本部に札幌管区警察学校を設置
  • 1954年(昭和29年)9月 - 札幌管区警察学校を廃止し、北海道警察学校を設置
  • 1958年(昭和33年)12月 - 札幌市南区真駒内17番地に移転。
  • 1968年(昭和43年)11月 - 真駒内南町5丁目1-7の現在地に移転。

組織編集

  • 学校長 - 階級が警視正の警察官が着任する。2012年4月には不祥事防止の対策の一つとして、警察庁キャリアが就任したが2014年3月からは道警採用の警察官が着任した。
  • 副校長(警視
  • 庶務部 - 庶務課、会計課
  • 初任部 - 初任課程
  • 教務部 - 幹部課程
  • 指導部 - 柔道剣道逮捕術拳銃の訓練を行う。

外部リンク編集