北海道道1091号泉沢新千歳空港線

日本の北海道の道路

北海道道1091号泉沢新千歳空港線(ほっかいどうどう1091ごう いずみさわしんちとせくうこうせん)は、北海道千歳市から苫小牧市を結ぶ一般道道北海道道)である。別名「空港泉沢大通」と呼ばれる。

一般道道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 9.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
北海道道1091号標識
北海道道1091号泉沢新千歳空港線
総延長 8.9 km
制定年 1990年
起点 北海道千歳市福住4丁目
終点 北海道苫小牧市美沢
接続する
主な道路
記法
北海道道130号新千歳空港線
北海道道1175号新千歳空港インター線
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

目次

概要編集

千歳市の泉沢地区・向陽台団地や千歳臨空工業団地新千歳空港を直結する目的で建設された。2013年平成25年)8月の道央自動車道新千歳空港IC開業により、道央自動車道と空港との主要な連絡道路に位置づけられる。

道道支笏湖公園線交点まで起点を延長する構想がある(工事は未着工)。

路線データ編集

  • 起点 : 北海道千歳市福住4丁目
  • 終点 : 北海道苫小牧市字美沢(=国道36号交点)
  • 路線延長 : 8.9 km(総延長)
  • 車線[要出典]

歴史編集

道路状況編集

重複区間編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

千歳市
苫小牧市

沿線編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 1990年北海道告示第1555号

関連項目編集