北海道道1159号美唄浦臼線

日本の北海道の道路

北海道道1159号美唄浦臼線(ほっかいどうどう1159ごう びばいうらうすせん)は、北海道美唄市樺戸郡浦臼町を結ぶ一般道道北海道道)である。

一般道道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
北海道道1159号標識
北海道道1159号美唄浦臼線
路線延長 2.7 km
制定年 2000年(平成12年)
起点 北海道美唄市中村町北
終点 北海道樺戸郡浦臼町晩生内
接続する
主な道路
記法
国道275号標識国道275号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

目次

概要編集

2009年平成21年)11月現在で旧北海道道815号晩生内線となる浦臼町側に美浦大橋の区間を加えたもの。2011年(平成23年)3月26日に全線が開通した。

路線データ編集

  • 起点:北海道美唄市中村町北
  • 終点:北海道樺戸郡浦臼町晩生内(=国道275号交点)
  • 路線延長:2.7km

歴史編集

区間が重複するため北海道道815号晩生内線を同日廃止。(北海道告示第2034号)

路線状況編集

道路施設編集

主な橋梁

地理編集

両市町間に流れる石狩川を渡るのは美浦大橋で、2011年(平成23年)3月25日に開通した。この区間は「美浦渡船」が渡し船営業を行っていたが、同年の9月25日限りで廃止された[1]

通過する自治体編集

交差する道路編集

美唄市
浦臼町

沿線編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集