メインメニューを開く

北海道道305号紋別丸瀬布線

日本の北海道の道路

北海道道305号紋別丸瀬布線(ほっかいどうどう305ごう もんべつまるせっぷせん)は、北海道紋別市紋別郡遠軽町を結ぶ一般道道北海道道)である。

一般道道
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 0.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
北海道道305号標識
北海道道305号紋別丸瀬布線
総延長 52.2 km
制定年 1957年昭和32年)
起点 北海道紋別市渚滑町5丁目
終点 北海道紋別郡遠軽町丸瀬布金山
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0238.svg国道238号
Japanese National Route Sign 0273.svg国道273号
Japanese National Route Sign 0333.svg国道333号
北海道道137号遠軽雄武線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
紋別市鴻之舞。閉鎖精錬所の煙突が見える
金八トンネル紋別方

概要編集

  • 紋別市から旭川紋別自動車道丸瀬布ICへのアクセス路線や、国道273号の上川 - 紋別間が不通になった際の迂回路としての役割も果たしている。
  • 紋別市の中心部を通る区間は旧国道238号である。国道のバイパス開通に伴い、1995年(平成7年)に同市元紋別(国道交点)から起点を変更した。

路線データ編集

  • 起点:北海道紋別市渚滑町5丁目(国道238号交点)
  • 終点:北海道紋別郡遠軽町丸瀬布金山(国道333号交点)
  • 路線延長:52.2km(総延長)

歴史編集

路線状況編集

重複区間編集

道路施設編集

主なトンネル
  • 金八トンネル=紋別市上鴻之舞 - 遠軽町

地理編集

  • 紋別市と遠軽町(旧丸瀬布町)境界の金八峠(旧道)は、国鉄石北本線鴻之舞鉱山1973年閉山)を連絡する鴻之舞・丸瀬布間道路として内務省北海道庁1931年に開通させた区間である。1927年に遠軽と丸瀬布の2か所を候補地に同庁がルート選定調査を行った際、丸瀬布側への誘致に貢献した丸瀬布東町の料亭「美濃家」の芸妓・金八にちなみ、開通時に命名されたものである[3]。この区間は今世紀に入っても、急勾配・急カーブがある幅の狭い未舗装道路のままで、大型車両は通行できず、冬季間は通行止めになっていた。
    • 2001年(平成13年)から新ルートへの切り替え工事が進められ、金八峠地下を通過する金八トンネル(延長1752m)が2007年(平成19年)に貫通。2009年(平成21年)7月27日に新ルートが全面開通して旧道は閉鎖された。

通過する自治体編集

交差する道路編集

紋別市
遠軽町

沿線にある施設など編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 1957年北海道告示第1487号
  2. ^ 1994年北海道告示第1468号
  3. ^ えんがるストーリー | 金八峠 「えんがる歴史物語」、遠軽町経済部商工観光課

関連項目編集