北海道道5号江差木古内線

日本の北海道の道路

北海道道5号江差木古内線(ほっかいどうどう5ごう えさしきこないせん)は、北海道檜山振興局管内の檜山郡江差町渡島総合振興局管内の上磯郡木古内町を結ぶ道道主要地方道)である。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 5.svg
北海道道5号標識
北海道道5号 江差木古内線
主要地方道 江差木古内線
総延長 48.395 km
実延長 40.544 km
制定年 1954年
起点 北海道檜山郡江差町字中歌町【地図
終点 北海道上磯郡木古内町字本町【地図
接続する
主な道路
記法
国道227号標識 国道227号
国道228号標識 国道228号
Japanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
都道府県道812号標識
北海道道812号館町福島線
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
都道府県道383号標識
北海道道383号木古内停車場線
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
北海道道5号江差木古内線・起点(国道227号及び国道228号・終点と同一、国道227号側から見る)

目次

概要編集

2014年5月12日までほぼJR北海道江差線に沿っていた。北海道新幹線開通後は檜山南部から木古内駅へのアクセス道路となることから、改良工事が進められている[1][2]

路線データ編集

歴史編集

  • 1954年(昭和29年)3月30日 - 9号として路線認定[3]
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、道道江差木古内線が江差木古内線として主要地方道に指定される[4]
  • 1994年(平成6年)10月1日 - 路線番号を5号に変更[5]
  • 1995年(平成7年)4月11日 - 起点を国道227号交点に変更。江差町の中心部を通り同町津花町で国道228号に合流する約1.1kmの区間は「いにしえ街道」と呼ばれ、歴史的町並みが整備された[6]
  • 2006年(平成18年)4月1日 - いにしえ街道の区間を町道に指定替え[7]
  • 2009年(平成21年)11月30日 - 天の川きららトンネルが開通、供用開始[8]
  • 2016年(平成28年)11月30日 - 新吉堀トンネルが開通、供用開始[9]

路線状況編集

重複区間編集

道路施設編集

トンネル編集

  • 天の川きららトンネル(511 m)=上ノ国町字早瀬 - 上ノ国町字湯ノ岱
  • 新吉堀トンネル(1,506 m)=上ノ国町字湯ノ岱 - 木古内町字大川

主な橋梁編集

  • 桂岡橋(48 m、苫符川、上ノ国町)
  • 開運橋(97 m、木古内川、木古内町)
  • 木古内橋(89 m、木古内川、木古内町)

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

 
北海道道5号江差木古内線・旧起点(檜山郡江差町字中歌町)先の丁字路右折後の道路(現・いにしえ街道)がかつての「江差木古内線」だった
 
国道228号との三叉路、上ノ国町

江差町編集

上ノ国町編集

木古内町編集

沿線にある施設など編集

  • 江差線跡=木古内 - 江差駅間(2014年5月12日廃止)
  • 湯ノ岱温泉=檜山郡上ノ国町字湯ノ岱
  • 上ノ国町湯ノ岱出張所=檜山郡上ノ国町字湯ノ岱
  • 木古内町役場=上磯郡木古内町字本町218番地
  • 木古内町郷土資料館「いかりん館」=上磯郡木古内町字鶴岡74番地

主な峠編集

  • 稲穂峠

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 函館建設管理部
  2. ^ 函館新聞 2010年6月16日
  3. ^ 1954年北海道告示第503号
  4. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十1日建設省告示第千二百七十号、建設省
  5. ^ 1994年北海道告示第1468号
  6. ^ 1995年北海道告示第548号
  7. ^ 2006年北海道告示第10323号
  8. ^ 函館新聞2009年11月17日版
  9. ^ 函館新聞2016年12月1日版

関連項目編集