メインメニューを開く

北海道道889号上猿払清浜線

日本の北海道の道路

北海道道889号上猿払清浜線(ほっかいどうどう889ごう かみさるふつきよはません)は、北海道宗谷郡猿払村上猿払と稚内市宗谷村清浜を結ぶ一般道道北海道道)である。冬期通行止め区間がある。

一般道道
Japanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 9.svg
北海道道889号標識
北海道道889号上猿払清浜線
総延長 36.976 km
実延長 36.952 km
制定年 1976年
起点 北海道宗谷郡猿払村上猿払
終点 北海道稚内市大字宗谷村清浜
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0238.svg国道238号
Japanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 4.svg
都道府県道84号標識
北海道道84号豊富浜頓別線
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
都道府県道138号標識
北海道道138号豊富猿払線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

目次

概要編集

当初は総延長64.1 kmとして計画されたが、再評価の結果、建設中止となり、3つの区間に分断された形で供用されている。未開通区間は2003年(平成15年)度に事業中止が決まった為[1]、全線開通する可能性は無くなった。冬期間は全面通行止めとなる。

路線データ編集

道路管理者編集

歴史編集

路線状況編集

通称編集

  • 宗谷丘陵道路
    宗谷岬から西へ約10 kmに位置する稚内市清浜から猿払方面へ内陸の宗谷岬牧場へ入る道路区間で、牧場から宗谷岬へ抜ける市道も含む道路の通称[3]。宗谷丘陵の丘の上を走る。冬季閉鎖は11月中旬から5月中旬まで[3]

未開通区間編集

  • 猿払村小石 - 稚内市上苗太路
    • この区間は、2003年(平成15年)度に事業中止が決まった[1]

道路施設編集

主な橋梁編集

  • シトシュベツ橋(103 m、猿骨川、猿払村上猿払)
  • 上苗橋(81 m、笹の沢川、稚内市大字宗谷村)
  • 上時前橋(80 m、時前川、稚内市大字宗谷村)
  • 三の沢橋(70 m、三の沢川、稚内市大字宗谷村)
  • 上目梨橋(147 m、目梨川、稚内市大字宗谷村)
  • オビラシュナイ橋(126 m、オビラシュナイ川、稚内市大字宗谷村)

常設型ゲート編集

  • ゲート(猿払村小石、北海道道138号豊富猿払線交点)
  • ゲート(稚内市上苗太路、北海道道1077号稚内猿払線交点)
  • ゲート(稚内市大字宗谷村、宗谷丘陵分岐付近)
  • ゲート(稚内市大字宗谷村、終点付近)

地理編集

宗谷丘陵の丘の上を走る道路で、宗谷岬に近い所では宗谷岬牧場の草原地と、宗谷海峡の海原が広がる。周辺には宗谷岬ウインドファームの57基ある風力発電風車が建つ[3]

通過する自治体編集

交差する道路編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 一般道道 上猿払清浜線 (PDF)”. 北海道開発局. 2017年3月14日閲覧。
  2. ^ 1976年北海道告示第1850号
  3. ^ a b c 佐々木・石野・伊藤 2015, p. 34.

参考文献編集

  • 佐々木節、石野哲也、伊藤もずく『絶景ドライブ100選[新装版]』松井謙介編、学研パブリッシング〈GAKKEN MOOK〉、2015年9月30日。ISBN 978-4-05-610907-8

関連項目編集