メインメニューを開く
北海道青年師範学校
(北海道青師)
創立 1944年
所在地 北海道岩見沢市
初代校長
廃止 1951年
後身校 北海道学芸大学
現・北海道教育大学
同窓会 青陵会

北海道青年師範学校 (ほっかいどうせいねんしはんがっこう) は、1944年昭和19年) に、北海道岩見沢市に設立された官立(国立)の青年師範学校である。

目次

概要編集

沿革編集

前史(1923年 - 1944年)編集

  • 1923年(大正12年)4月1日 - 北海道庁立空知農業学校の校舎一部を借用し、「北海道庁立実業補習学校教員養成所」が創立。
  • 1935年(昭和10年)4月1日 - 青年学校令の施行により、「北海道庁立青年学校教員養成所」と改称。岩見沢町立青年学校を併設。
  • 1940年(昭和15年)- 独立校舎が完成。

正史(1944年 - 1951年)編集

  • 1944年(昭和19年)4月1日 - 師範教育令の一部改正により、北海道庁立青年学校教員養成所が官立(国立)移管の上、「北海道青年師範学校」に改称。
  • 1949年(昭和24年)5月31日 - 国立学校設置法の公布により、新制・北海道学芸大学 学芸学部が発足。
    • 青年師範学校は新制大学に包括され、「北海道学芸大学 北海道青年師範学校」となる。
    • 青年師範学校としての生徒募集は停止され、この時の入学生は北海道学芸大学 学芸学部の所属となる。
    • 在校生が卒業するまで、青年師範学校は存続される。
    • 北海道学芸大学札幌分校岩見沢分教場が設置される。
  • 1951年(昭和26年)3月31日 - 最後の卒業生を送り出し、青年師範学校が廃止される。

同窓会編集

「青陵会」と称しており、北海道庁立実業補習学校教員養成所、北海道庁立青年学校教員養成所、北海道青年師範学校、北海道学芸大学札幌分校岩見沢分教場、北海道教育大学岩見沢分校、同大学岩見沢校、同大学大学院(岩見沢)出身者を会員としている。

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集