北海道5強

北海道5強(ほっかいどう5きょう)とは、1960年代から1990年代半ばにかけて覇を競った、北海道に本拠地を置く社会人野球の5チームを指す。

目次

概要編集

具体的には、以下の5チームを指す。

これらのチームは互いに切磋琢磨し、全国大会への進出枠(当時は2チーム)をかけて激しい争いを繰り広げ、その結果北海道の社会人野球は飛躍的な進歩を遂げた。

しかし、1990年代半ばから企業スポーツの見直しやバブル経済の破綻を受け、チームが次々と廃部又はクラブチーム化していき、現在では「北海道5強」と呼ばれたチームがそのまま残っているチームはない。

各チームの詳細編集

大昭和製紙北海道編集

1962年に創部。1993年秋に、大昭和製紙本社の意向から同年シーズン限りでの休部が決定。その後は、町民球団としてクラブチーム『ヴィガしらおい』として登録を引き継ぎ、大昭和製紙もグラウンドの供与など可能な限りの便宜を図ったが、それも限界に達し1997年限りで解散となった。現在、白老町では大昭和製紙とは全く一線を画した町民球団WEEDしらおいが活動している。

新日本製鐵室蘭編集

1939年に創部。1994年夏に、新日本製鐵のスポーツ活動支援の見直しから同年シーズン限りでの休部が決定。その後の室蘭市民の動きは速く、休部発表の10日後には市民球団としてのクラブチーム『室蘭シャークス』が設立。登録上は、新日本製鉄室蘭とは別チームとなるため、各大会の通算出場回数は加算されていない。現在においても、新日鐵住金及び関連企業の社員や室蘭市民を交え活動を続けている。

新日本製鐵室蘭
  • 都市対抗野球大会:出場17回(準優勝1回)
  • 社会人野球日本選手権大会:出場11回(4強1回)
室蘭シャークス
  • 都市対抗野球大会:出場3回
  • 社会人野球日本選手権大会:出場3回

王子製紙苫小牧編集

1950年に創部。1999年王子製紙本社のスポーツ体制見直しから、苫小牧にはアイスホッケー部(現:王子イーグルス)だけ残し、野球部は王子製紙春日井に一本化されることが発表され、翌2000年都市対抗野球1回戦敗退をもって廃部となった。5強の中では、最後まで企業チームとして活動したチームである。その後、同チームの後援会が中心となり、市民球団としてクラブチーム「オール苫小牧」が2000年に誕生し、苫小牧チームに所属していた選手も交えて活動している。

  • 都市対抗野球大会:出場11回(8強1回)
  • 社会人野球日本選手権大会:出場9回

たくぎん編集

1950年に創部。1995年末に、北海道拓殖銀行の経営悪化からスキー部とともに休部が発表され、翌1996年都市対抗野球予選敗退をもって活動を停止した。翌1997年11月に北海道拓殖銀行は経営破綻し、事業は北洋銀行などに受け継がれたことから、野球部復部の可能性は絶たれた。

  • 都市対抗野球大会:出場20回(準優勝1回)
  • 社会人野球日本選手権大会:出場10回(優勝1回)

NTT北海道編集

1956年に創部。若松勉など名選手を輩出していたが、1999年NTTが全国に散在していたチームをNTT東日本NTT西日本にまとめることとなり、北海道チームは東日本に統合された。しかし、東日本チームに入団できなかった選手を中心にクラブチーム化の動きが強まり、日本野球連盟への登録をクラブ登録に変更してチームを継続。しかし選手の高齢化などからチーム力の維持が困難となり、2006年シーズン限りで解散した。

  • 都市対抗野球大会:出場16回(8強2回)
  • 社会人野球日本選手権大会:出場7回(8強1回)

関連項目編集